FXで収入源を作って自由になりたい人の情報サイト

Liberty&Trade

テクニック

FXデイトレードの資金はいくら必要?リスク管理の方法とは

投稿日:2019年1月2日 更新日:

この記事の監修

株式会社インベストメントカレッジ 
吉田健吾

累計12万5000人以上の個人投資家が学ぶ投資スクール「Daily Wealth」の運営責任者。講師には、カリスマFXトレーダーの維新の介を始め、毎年億を稼ぐプロトレーダー、不動産投資歴19年の元祖サラリーマン大家、FX・株・先物・不動産投資、ベンチャーキャピタルなど幅広く精通する大分の投資家など、一流のトレーダー・投資家がいる。

FXデイトレードの魅力は、レバレッジをきかせることで自己資金が少なくても資金以上の取引を行えることです。

しかし、FXデイトレードを行っている人の中には、レバレッジをきかせすぎてアッという間に資金が尽きて失敗した人も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、FXデイトレードを行うにあたって、いくら資金を準備しておけばいいのか、またうまくリスクをコントロールする方法をお伝えします。

まずは投資目的を確認する

まずは投資目的を確認する

FXデイトレードを行う目的は何でしょうか?

定年や年金の繰り上げなどによって、老後の資金を貯める必要があるためという人もいれば、子供の教育資金の足しにするためという人もいます。

また、特に目的はなく、ただ給与が少ないので、生活資金の足しに少しでもなればと思ってFXを行っている人もいます。

投資目的によっては、その目的を達成するための期間も利益目標も違ってくるため、まずは投資目的が何なのかをしっかり明確にすることが重要と言えるでしょう。

日における利益目標を立てる

投資目的が何なのかをしっかり明確にした後は、その目的を達成するまでもどのくらいの期間があるのか、利益目標がいくらなのかも明確にします。

そうすることによって、1日の利益目標も明確になるため、その利益目標を達成するために必要な資金がいくらなのかもある程度は決まってくるでしょう

例えば、1年に100万円を貯める利益目標があるとします。

FXは土日が休みであることに加え、取引できない日やあまり値動きがない日なども考慮して200日取引できたとすると、1日当たりの利益は5,000円です。

もし、資金が10万円で1日1,000円、100万円で1日1万円の利益がFXで出たとすると、自己資金10万円で20万円、100万円で200万円の利益が得られます。

そうなると、資金は最低でも50万円が必要になってくると言えるでしょう。

自己資金は少なくても問題ない

自己資金は少なくても問題ない

資産運用には様々な種類があります。

例えば、代表的な資産運用の手段の1つに株式投資がありますが、株式投資は現金で行う現物取引と、自己資金の3倍の取引が可能な信用取引の2種類あります。

もし、100株300万円の将来が有望な株があっても、自己資金が300万円ないと買うことができませんが、信用取引を行う際は資金が3分の1でいいため100万円で購入可能です。

FXにもこのような取引が可能なのでしょうか?

レバレッジをきかせることができる

FXには、レバレッジ取引という取引があります。

レバレッジとは、自己資金の何倍までの取引を行うことができるかという倍率のことです。

例えば、レバレッジ10倍という場合は、自己資金の10倍までの取引が可能になります。

このレバレッジ何倍という上限は、各FXを取り扱っている業者によって異なっています。

海外などでは1,000倍という業者もあるようですが、2018年11月現在、最も高いところでレバレッジ25倍です。

このレバレッジの上限は、利用者保護の観点から強化されることが予定されており、2019年には10倍に引き下げられることが予定されています

ポイント

現在のレバレッジの上限は25倍であるため、1,000通貨しか購入できなかったのが25倍の25,000通貨も購入できるので、自己資金が少なくても十分に利益を得ることが期待できるでしょう。

自己資金が少ないと取引できない業者も

自己資金が少なくてもレバレッジをきかせることで大きな取引ができるため、自己資金は少なくても問題ないという話でしたが、自己資金が少ないことで不便に感じられる場合があります。

各FXを取り扱っている業者によっては、最低取引通貨量を高く設定しています

そのため、自己資金が少ない場合には、選択できる取引業者の数が少なくなることもあるので注意が必要です。

「レバレッジ25倍で取引したい」「○○国の通貨を取引したい」と思っていても、それらを取り扱っている取引業者を選択できなくなる可能性もあります。

ポイント

どの業者を選択するかで資金が決まることもあるので、「どの通貨の取引を行いたいか」「どのくらいのレバレッジで取引したいか」を先に考えておくようにしましょう。

自己資金が多いと取引の幅が広がる

自己資金が多いと取引の幅が広がる

FXデイトレードは、レバレッジのおかげで少ない資金でも取引に参加できますが、資金が多いほど取引の額を大きくできます。

例えば、レバレッジ25倍であれば、10万円の資金があれば250万円の取引が、100万円の資金があれば2,500万円の取引が可能です。

しかし、自己資金が多いことで、上記のように取引の規模を大きくできるというメリットもありますが、何よりも取引の幅を広げることができるのが大きなメリットです。

具体的には以下のようなメリットがあります。

  • 複数の通貨を同時に取引できる
  • リスクをうまくコントロールできる

それぞれのメリットについて詳しく見ていきましょう。

複数の通貨を同時に取引できる

自己資金が少ないと、最低取引通貨量の関係などから、複数の通貨の取引を行いたいという場合でも1種類の通貨しか取引できない場合があります。

気になる値動きをしている通貨が2つあった場合でも、どちらか一方しか選択できないとなると、判断を誤った場合にはチャンスを失ってしまうことになります。

また、FXデイトレードは数十分から数時間に1回取引を行うことによって利益を得ますが、スワップポイントという金利のいい通貨の長期トレードも並行して行うことが可能です。

取引の幅を広げたり、機会損失を減らしたりできることを考慮すると、自己資金の多い方が有利な取引を行いやすいと言えるでしょう。

リスクをうまくコントロールできる

自己資金が多いことによって、1回の取引量を増やす、数種類の通貨を取引できるといったメリットがありました。

自己資金が少ないことが原因で、取引できる通貨の種類が限られてしまうと、大きく変動した場合のリスクが大きくなります

また、「上がる」と思ってFXデイトレードに臨んだものの、急に弱気相場になって下がってしまった場合でも、資金に余裕があることによってロスカットを防ぐことができます。

また、底値付近で買い増すことで取得単価を下げるなど、うまくリスクをコントロールできるでしょう。

常に余裕のある取引を心がける

常に余裕のある取引を心がける

FXデイトレードで最も怖いのは、レバレッジ取引を行っていて大きな値動きが発生して、強制ロスカットになることです。

ロスカットは、損害を最小限に抑えられる仕組みですが、ロスカット直後に反発したという苦い思いをした人も多いのではないでしょうか?

例えば、手元に投資に回すことができる自己資金が30万円あっても、30万円全額を投資に回してしまうのではなく、10万円を運用資金、残りの20万円を万が一に備えた資金として手元に残しておきます。

そうすることによって、ロスカットが発生しかけても、耐えきることができるだけでなく、勝負所での追加資金とすることでチャンスを最大限に活かすことができます。

常に余裕のある取引を行うようにしましょう。

まとめ

まとめ

FXデイトレードの資金は、どのくらいの利益を得たいかという利益目標によって異なってきます。

FXは、レバレッジをきかすことができるのが大きな特徴であるため、自己資金が少ない場合でも利益を積み重ねることによって自己資金を増やしていくことも可能です。

しかし、幅広い取引を行う、機会損失をなくすという面では、ある程度の自己資金が必要になる可能性もあります

FXデイトレードを行う目的は何なのか、どのくらいの利益目標を立てているのかを明確にしてから、必要資金がいくらなのか決めるようにしましょう。

-テクニック
-, ,

Copyright© Liberty&Trade , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.