FXで収入源を作って自由になりたい人の情報サイト

Liberty&Trade

テクニック

積立FXとはどんなもの?積立FXのメリット・デメリット

投稿日:2020年1月26日 更新日:

この記事の監修

株式会社インベストメントカレッジ 
吉田健吾

累計12万5000人以上の個人投資家が学ぶ投資スクール「Daily Wealth」の運営責任者。講師には、カリスマFXトレーダーの維新の介を始め、毎年億を稼ぐプロトレーダー、不動産投資歴19年の元祖サラリーマン大家、FX・株・先物・不動産投資、ベンチャーキャピタルなど幅広く精通する大分の投資家など、一流のトレーダー・投資家がいる。

FXに興味があって色々調べている人の中には、「積立FX」という言葉を見つけてどのような運用方法なのか気になっている人も多いと思います。

基本的にFXは、自分で外貨を取引して差益を得ていくのが一般的であるため、「積立FXは外貨預金の積立と勘違いしているのでは?」と思った人もいるのではないでしょうか?

そこで今回は、積立FXとはどんなものなのか、積立FXについて分かりやすく解説します

積立FXとはどんなもの?

積立FXとはどんなもの?

FXについて色々調べていて「積立FX」という言葉を目にした人もいると思います。

しかし、FXはスキャルピングやデイトレードのように頻繁に取引を繰り返しながら利益を得るのが一般的です。

そのため、「積立FXとは積立外貨預金の間違いなのでは?」と思った人も多いと思います。

ところが、積立FXは実在しています。

積立FXはスキャルピングやデイトレードのような短期の取引を目的としているのではなく、長期の運用を目的としており、複数回に分けてポジションを取得する運用方法です

自分で複数回に分けながらポジションを取得する積立方法もありますが、SBIFXトレードは積立FXを商品として提供しています

では、具体的に通常のFXと違ってどのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか?

メリットとデメリットについて詳しく見ていきましょう。

積立FXのメリット

積立FXのメリット

積立FXとは、長期の運用を目的とした複数回に分けてポジションを取得する運用方法です。

このような運用方法に何かメリットはあるのでしょうか?

積立FXのメリットとして以下の5つが挙げられます。

  • わずかな資金から始めることができる
  • 値動きをあまり気にせずに済む
  • 自動購入できるので取引の手間を省ける
  • スワップポイントを毎日受け取れる
  • リスクを分散できる

それぞれのメリットについて詳しく解説します。

わずかな資金から始めることができる

SBIFXトレードを利用して積立FXを行う場合、1通貨から積み立てできるため、わずかな資金から資産運用を始めることが可能です。

ほとんどのFX業者は最小取引単位を1万通貨に設定しているため、積立FXを行いたいと思っていても、実現するにはかなり多くの資金を必要とします

しかし、1通貨から積み立てできるということは、仮に1通貨100円の通貨がある場合には100円から積み立てることが可能です。

1回の積立額が大きいと継続が困難ですが、SBIFXトレードの積立FXでは100円程度から積み立てることができるため、資金が少ない人も始めやすい運用方法と言えるでしょう。

値動きをあまり気にせずに済む

一般的なスキャルピングやデイトレードの場合は、為替変動をチェックしてタイミングが訪れた時にエントリーして利益を得ます。

そのため、常に為替変動を気にしておかなくてはなりません。

しかし、積立FXはスキャルピングやデイトレードのように短期的な運用を目的とした運用方法ではなく長期的な運用を目的とした運用方法です。

そのため、値動きをあまり気にする必要はありません。

定期的に保有しているポジションがどうなっているのか確認するだけで良いため、取引を行う際にかかる手間や時間を大幅に軽減できます。

そのため、余った時間を使って有意義に過ごすことができるでしょう。

自動購入できるので取引の手間を省ける

自分でFXの積立を行う場合は、毎回エントリーを自分で行う必要があります。

そのため、エントリーのたびに時間と手間がかかります。

しかし、SBIトレードの積立FXの場合は、毎日・毎月・毎年などの期間と購入する通貨・数量を事前に設定した後は自動購入してくれるため、取引の手間を省くことが可能です。

購入漏れや購入単位の入力ミスなどを防ぐこともできるため、より安心してFXの長期的な運用を行うことができるでしょう。

スワップポイントを毎日受け取れる

株式投資では、配当金を提供している株式の場合には、取得しているだけで年数回配当金を受け取ることが可能です。

FXでは、スワップポイントと呼ばれる配当金に似た通貨間の金利差を年数回ではなく毎日受け取ることが可能です。

積立FXが気になっている人の中には「積立FXは特殊なのでスワップポイントを受け取ることができないのでは?」と不安に感じている人もいると思います。

しかし、積立FXもスワップポイントを毎日受け取ることが可能です。

そのため、積立FXでコツコツ積み立てていけば、得られるスワップポイントも大きくなるため、効率良く資産を増やすことができるでしょう。

リスクを分散できる

積立FXの最大のメリットはリスクを分散できることです。

FXは、為替変動のリスクと隣り合わせです。

1回に多くのポジションを保有すると、為替変動のリスクを1点に受けることになるため、反対に為替変動が生じた場合の損失が大きくなります。

しかし、積立FXのように購入するタイミングを分散していれば、為替が高い時、低い時にバランス良く購入できるため、取得単価を平均化することが可能です。

資産運用には「卵を1つの皿に盛るな」という格言があります。

1つの皿に盛っていると、皿を落とすと全ての卵が割れてしまうためです。

つまり、「皿を分ける=タイミングを分ける」ことでリスクをある程度は分散できるため、積立FXはリスクを抑えたい人に適している運用方法と言えるでしょう。

積立FXのデメリット

積立FXのデメリット

積立FXにはわずかな資金から始めることができる・値動きをあまり気にせずに済むなどのメリットがありましたが、何かデメリットはあるのでしょうか?

積立FXのデメリットには以下の2つが挙げられます。

  • レバレッジが低い
  • 大きな利益はあまり期待できない

それぞれのデメリットについて詳しく見ていきましょう。

レバレッジが低い

FXの魅力の1つにレバレッジがあります。

レバレッジとは、日本のFX業者の場合は、最大25倍まで自己資金を増やすことができる仕組みのことです。

例えば、1万円の資金では1万円分の外貨しか取得できませんが、レバレッジ25倍にすることで25倍の25万円分の外貨を取得することが可能です。

自身でタイミングを見て積み立てる場合、レバレッジを高く設定することも可能ですが、SBIFXトレードの積立FXを利用する場合、レバレッジは1~3倍までしか設定できません

レバレッジが低いということは資金効率が低いことを意味するので注意が必要です。

大きな利益はあまり期待できない

積立FXは、まとまったお金を始めから運用するのではなく、少しずつ積み立てていく中でポジションを増やしていきます。

そのため、最初は所有しているポジションが少なく、得られる売却益やスワップポイントも少なくなります

また、基本的に取得単価を平均化してリスクを最小限に抑えることを目的としているため、1回にまとまったお金を運用する方法よりも利益が少なくなることに。

積立FXはメリットの多い運用方法ですが、利益を優先したい場合はあまりおすすめできない運用方法と言えるでしょう。

まとめ

まとめ

積立FXといったスキャルピングやデイトレードのような短期的な取引ではなく、長期的な取引を目的とした運用方法もあります。

自分自身で購入するタイミングを分散して積立FXを行うことも可能ですが、手間と時間がかかるため、SBIFXトレードの積立FXを利用するのがおすすめです

積立FXにはわずかな資金から始めることができる・値動きをあまり気にせずに済むなどのメリットがあります。

一方で、レバレッジが低い・大きな利益はあまり期待できないなどのデメリットもあります。

そのため、積立FXを始める際には、積立FXのメリットだけでなく、デメリットをよく理解してから始めましょう。

-テクニック
-, , , ,

Copyright© Liberty&Trade , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.