FXで収入源を作って自由になりたい人の情報サイト

Liberty&Trade

FX初心者

FXと外貨預金の違いは何?確認すべき6つのポイント

投稿日:2020年2月3日 更新日:

この記事の監修

株式会社インベストメントカレッジ 
吉田健吾

累計12万5000人以上の個人投資家が学ぶ投資スクール「Daily Wealth」の運営責任者。講師には、カリスマFXトレーダーの維新の介を始め、毎年億を稼ぐプロトレーダー、不動産投資歴19年の元祖サラリーマン大家、FX・株・先物・不動産投資、ベンチャーキャピタルなど幅広く精通する大分の投資家など、一流のトレーダー・投資家がいる。

資産運用には様々なリスクが存在しています。

その中で、インフレリスクを考慮して外貨に関連する資産運用を検討している人も多いと思います。

外貨に関連する資産運用という点では、FXと外貨預金は同じ分類になりますが、FXと外貨預金には何か違いがあるのでしょうか?

そこで今回は、FXと外貨預金の違いが何なのか、違いについて分かりやすく解説します

FXと外貨預金に違いはある?

FXと外貨預金に違いはある?

資産運用には、価格変動のリスクや地政学的リスク、インフレリスクなどの様々なリスクを伴います。

インフレリスクとは、円の価値が下がり、物価が高くなるリスクのことです。

インフレの状況になって円の価値が下がった場合、現金のまま所有していても資産価値が下がることに。

円の価値が下がるということは、外貨の価値が上がることを意味するため、外貨に関連する資産運用はインフレリスクに強いと言えます

そのため、インフレリスクを考慮して外貨に関連するFXや外貨預金を検討している人も多くいます。

外貨に関連する資産運用という点では、FXと外貨預金は同じですが、何か違いはあるのでしょうか?

FXと外貨預金の違いについて見ていきましょう。

FXと外貨預金の違い

FXと外貨預金の違い

FXと外貨預金の違いとして、以下の6つのポイントが挙げられます。

  • 取引の始め方
  • 保有するポジション
  • 取引コスト
  • 利息の受け取り方
  • 決済方法
  • レバレッジ

それぞれの違いについて詳しく解説します。

取引の始め方

外貨預金を始める場合には、三井住友銀行やみずほ銀行などの金融機関で口座を開設する必要があります。

一方で、FXを始める場合には、DMMFXやSBIFXトレードなどのFX会社で口座を開設する必要があります。

外貨を扱う点ではどちらも同じですが、このように取引を始める際の始め方が異なるのが特徴です。

また、外貨預金の場合は実際に取得した外貨を引き出すことができる一方、FXの場合は実際に外貨を取得しているわけではないので引き出すことができません

「海外旅行時に外貨を引き出すつもりでFXを始めたのに引き出せなかった」という失敗を未然に防ぐためにも、違いをしっかり理解しておくことが重要です。

保有するポジション

外貨預金の場合には実際に外貨を取得してそれを運用するため、買いからしか資産運用を始めることができません。

しかし、FXの場合には実際に外貨を取得するのではなく、証拠金と呼ばれるお金の範囲で為替変動に合わせて取引するだけなので、買いからだけでなく売りから資産運用を始めることもできます

外貨預金は買いからしかエントリーできないため、上昇トレンドが生じている状況でしか利益を得ることができません。

しかし、FXは売りと買いの両方でエントリーできるため、どのような相場でも利益を得ることが可能です。

これらの違いを考えると、資産運用によって利益をより増やしたい場合は、外貨預金よりもFXの方が良いと言えるでしょう。

取引コスト

外貨預金は、外貨を金融機関が手配する必要があるため、手間と時間がかかります。

手間と時間が取引コストに上乗せされており、1通貨あたり25銭程度の取引コストがかかるのが一般的です。

FXは、外貨を手配する必要がないため、手間と時間はかかりません。

システムを使用する取引コストのみであるため、1通貨あたり2銭程度の取引コストがかかるのが一般的です。

それぞれ主要な通貨かどうかによって取引コストに差が生じますが、基本的にはFXの方が外貨預金よりも取引コストが低いという違いがあります。

頻繁に為替変動に合わせて売買をする場合には、取引コストの違いは大きく影響するため、頻繁に売買をしたい人にはFXの方がおすすめと言えるでしょう。

利息の受け取り方

外貨には金利差があるため、外貨預金の場合もFXもどちらもその金利差を利息として受け取ることが可能です。

しかし、両者には利息の受け取り方に大きな違いがあります。

外貨預金の場合は、通常は満期時に利息を受け取ります。

途中で解約しても利息を受け取ることができないというわけではありませんが、ペナルティ分の金利を引かれるのが一般的です。

FXの場合は、満期という発想がないため、ポジションを保有している間は毎日利息を受け取ることが可能です。

そのため、毎日利息を受け取りながらコツコツ資産を増やしていきたいという人は、FXをおすすめします

決済方法

外貨預金の場合には、いくらになったら購入する、いくらになったら売却するといった予約注文はできません。

仲値と呼ばれる外貨をいくらで取引するのかを決めた価格に基づいて取引が行われます。

そのため、仲値が決まった後は、同じ日であればいつ取引しても価格に違いはありません。

FXの場合には、いくらになったら購入する、いくらになったら売却するという予約注文が可能です。

また、リアルタイムの為替変動に合わせて取引するため、タイミングによっては価格に違いが生じます。

仲値がその日の安値の場合は外貨預金の方が得ですが、仲値がその日の高値の場合はFXが得です。

しかし、予約注文ができるといったように注文方法が多彩であることを考えると、FXの方がおすすめの運用方法と言えるでしょう。

レバレッジ

外貨預金の場合には、所有している円と外貨を交換するため、等価分の取引しかできません。

つまり、1万円しかない場合には、1万円の外貨を取得することになります。

FXの場合には、レバレッジと呼ばれる仕組みを利用できるため、日本のFX会社であれば、最大25倍まで自己資金以上に取引することが可能です。

つまり、1万円しかない場合でも25倍の25万円分の外貨を取引できるということです。

また、日本のFX会社にはレバレッジの上限が最大25倍までという制限が金融庁によって加えられていますが、海外のFX会社にはそのような制限がありません。

そのため、レバレッジを100倍以上に設定しているFX会社が海外には多数存在しています。

レバレッジが高いということはそれだけ資金効率が良いことを意味しています。

少額の運用資金を効率良く増やしたいと考えている人には外貨預金よりもFXがおすすめと言えるでしょう。

おすすめはFX

おすすめはFX

外貨預金とFXの違いを比べてみると、買いからだけでなく売りからも取引できる、利息を毎日受け取ることができる、注文方法が豊富、レバレッジを利用できるといった理由から、外貨預金よりもFXの方が資産運用に適していると言えます。

しかし、資産運用という点ではFXがおすすめですが、レバレッジを高く設定した取引では資産がゼロになるリスクと隣り合わせです。

外貨預金では、金融機関が破綻した場合には資産がゼロになるというリスクを伴いますが、そのような事態が生じない限りは資産がゼロになることはありません

そのため、リスクを少しでも抑えたいのか、資産を少しでも増やしたいのかよく考えてから外貨預金かFXかを決めるようにしましょう。

まとめ

まとめ

外貨預金とFXは、どちらも外貨を扱う資産運用という点は同じです。

しかし、外貨預金とFXには、取引の始め方・保有するポジション・取引コストなどに大きな違いがあります。

これらの違いは、資産運用の結果に大きな違いを与えるため、資産運用を外貨預金かFXかどちらを選ぶべきか悩んでいる場合は、事前にその違いをしっかりと把握しておくことが重要です。

資産運用だけを考える場合は、FXがおすすめです。

しかし、リスクを少しでも抑えたい、外貨を引き出して使いたいという場合は、FXよりも外貨預金を選んだ方が良いと言えるでしょう。

-FX初心者
-, , , , ,

Copyright© Liberty&Trade , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.