FXで収入源を作って自由になりたい人の情報サイト

Liberty&Trade

テクニック

FXは窓埋めを狙うべき!?窓埋めと窓開きについて理解しよう

投稿日:2020年2月5日 更新日:

この記事の監修

株式会社インベストメントカレッジ 
吉田健吾

累計12万5000人以上の個人投資家が学ぶ投資スクール「Daily Wealth」の運営責任者。講師には、カリスマFXトレーダーの維新の介を始め、毎年億を稼ぐプロトレーダー、不動産投資歴19年の元祖サラリーマン大家、FX・株・先物・不動産投資、ベンチャーキャピタルなど幅広く精通する大分の投資家など、一流のトレーダー・投資家がいる。

FXでは、為替変動を先読みして取引することによって差益を得ます。

そのため、安定した利益を得るには、為替変動の予想精度を上げる取引手法を身につけることが重要です。

FXの取引手法について色々調べていると窓埋めを狙った戦略が出てきて、窓埋めとは一体何なのか気になった人もいると思います。

そこで今回は、FXの窓埋めとは何のことなのか、窓埋めを狙った取引方法を解説します

FXの窓埋めとは何のこと?

FXの窓埋めとは何のこと?

為替変動は、トレーダーの売買や市況の要因、企業の実需といった様々な要因によって日々生じています。

次にどんな為替変動が生じるか予想しながら売買して利益を得るのがFXです。

為替変動は様々な要因によって生じているため、予想するのは容易ではありません。

そのため、少しでも予想精度を高めるために、良い取引手法はないか探している人も多いと思います。

FXにはテクニカル分析やファンダメンタルズ分析などの取引手法がありますが、窓埋めを狙った取引手法もあります。

窓とは、金曜日の終値と月曜日の始値のローソク足が開いている、急に為替変動が発生してローソク足が開いている状況のことです。

窓が発生すると高確率で窓が埋まると言われており、窓を埋める方向にエントリーすれば高確率で利益を得ることが期待できます。

難しい知識を必要としないため、FX初心者でも使いやすい手法と言えるでしょう。

窓開きが生じる理由

窓開きが生じる理由

窓が発生した場合には高確率で窓が埋まると言いましたが、そもそもどのような理由から窓が開くのでしょうか?

窓開きが生じる主な理由として、以下の2つが挙げられます。

  • 土日を挟んだ
  • 為替変動に影響を与える要因が生じた

それぞれの理由について詳しく解説します。

土日を挟んだ

FXは世界中の市場が開場と閉場を繰り返しながら取引しているため、24時間取引することが可能です。

しかし、土日は一部の市場を除いて閉まっているため、基本的には取引できません。

そのため、土日の間に何らかの変動に影響を与えるような要因が生じた場合には、金曜日の終値から月曜日の始値に大きな差が開きます

これが窓のできる理由の1つです。

例えば、土日に経済指標が発表されることはありませんが、土日に要人発言がある、テロや戦争などの地政学的リスクが高まるということはあります。

土日にこれらの事態が生じると、その事態の影響を受けて月曜日の相場が始めるため、窓が開いた状態になると言えるでしょう。

為替変動に影響を与える要因が生じた

通常の平日の相場でも経済指標の発表や要人発言、テロや戦争などの地政学的リスクが高まった場合には、大きな為替変動が生じます。

そのような場合は、一気にその事態の影響を受ける方向に注文が殺到するため、選んでいる時間足によっては窓が生じる可能性があります

では、なぜこのように窓が開いた場合、窓が開き続けることなく窓が埋まるのでしょうか?

続いて窓が埋まる理由について詳しく解説します。

窓埋めが生じる理由

窓埋めが生じる理由

窓埋めが生じる主な理由として、以下の2つが挙げられます。

  • 決済が生じた
  • 反対方向へのエントリーが生じた

それぞれの理由について詳しく見ていきましょう。

決済が生じた

窓が開いたということは、決済するには十分な為替変動が生じていることを意味します。

例えば、売りポジションを保有している人がいて、土日に為替相場にあまり良くない要因が生じて、月曜日の相場が窓を開いて下がって始まったとします。

このポジションを保有している人にとっては、どこまで下がり続けるのか分からないため、決済するチャンスの到来です。

売りポジションを保有している人が決済する場合には、反対である買い注文を行うことになるので窓が埋まっていきます。

窓が開くほど、決済が生じやすくなるため、より窓埋めも生じやすくなると言えるでしょう。

反対方向へのエントリーが生じた

窓が開いたことで、これまでエントリーのタイミングを探っていた人たちがエントリーしてきます。

例えば、○円になるタイミングで買いエントリーしようと考えている人がいて、土日に為替変動にあまり良くない要因が生じて、月曜日の相場が窓を開いて安値で始まったとします。

このような状況は、買いでエントリーを検討していた人たちにとっては絶好のエントリータイミングの到来です。

決済のケースと同様で、窓が開くほどそのタイミングを狙っていた人たちのエントリーが増えるため、より窓埋めも生じやすくなると言えるでしょう。

必ず窓埋めが生じるとは限らない

必ず窓埋めが生じるとは限らない

窓開きが生じた場合には、窓埋めが生じる可能性が高いということは分かりました。

しかし、窓開きが生じても、必ず窓埋めが生じるとは限りません。

その理由は、決済や反対方向へのエントリーがなければ窓を埋めないためです。

窓埋めは、ポジションを保有している人の決済やエントリータイミングを探っていた人のエントリーがあって初めて生じます。

そのため、それらがない状況では、窓を埋めることはありません。

例えば、土日に為替変動に影響を与える要因が生じたものの、要因が一時的なものではなく継続的に相場に影響を与える要因だったとします。

そのような場合は、さらにその要因が影響する方向に為替変動が生じる可能性が高いため、決済や反対方向へのエントリーが生じる可能性は低いと言えます。

また、そのような場合には、損切りや要因が影響する方向へのエントリーがさらに増えて、窓がどんどん開いていく可能性もあるので注意が必要です。

他の取引手法を活用することも重要

窓が開いた場合には窓を埋める可能性が高いため、FXで窓埋めを使って取引をすることは間違いではありません。

また、窓埋めは特に難しい知識を必要とせず、見た目だけで分かるのでFXの知識や経験の少ない初心者におすすめの取引方法であることにも変わりはありません。

しかし、窓が開いたという理由だけで窓埋めに向かってエントリーするのは、エントリーの根拠としては弱いと言えます。

窓埋めの手法を精度の高いものにするには、テクニカル分析やファンダメンタルズ分析を駆使することも重要です。

例えば、ファンダメンタルズ分析を駆使することで土日に生じた要因が為替変動に与える影響の大きさが分かります。

それだけでも、窓を埋めるかどうかの判断材料になるため、エントリーミスを減らすことにつながるでしょう。

まとめ

まとめ

FXは、世界中の市場が開場と閉場を繰り返しているため、24時間取引できます。

しかし、24時間取引できると言っても、土日は基本的に市場が閉まっているので取引できません。

そのため、土日に為替変動に影響を与える要人発言やテロや戦争などの地政学的リスクが高くなる要因が生じた場合には、金曜の終値と月曜の始値の間に窓が開きます。

この窓が開いた場合は、ポジションを持ち越していた人の決済やエントリータイミングを探っていた人の反対方向へのエントリーによって窓埋めが生じる可能性が高いと言われています。

ところが、要因の影響が大きすぎた場合は、窓を埋めることなく損切りや為替相場の流れに沿ったエントリーで窓が開く可能性もあるので注意が必要です。

窓埋めのエントリーは難しい知識を必要としないので簡単ですが、勝率を高めるためにも他の取引方法と組み合わせた方が良いと言えるでしょう。

-テクニック
-, , , ,

Copyright© Liberty&Trade , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.