FXで収入源を作って自由になりたい人の情報サイト

Liberty&Trade

テクニック

FXの機械学習を知ろう!機械学習のメリットとデメリットとは

投稿日:

この記事の監修

株式会社インベストメントカレッジ 
吉田健吾

累計12万5000人以上の個人投資家が学ぶ投資スクール「Daily Wealth」の運営責任者。講師には、カリスマFXトレーダーの維新の介を始め、毎年億を稼ぐプロトレーダー、不動産投資歴19年の元祖サラリーマン大家、FX・株・先物・不動産投資、ベンチャーキャピタルなど幅広く精通する大分の投資家など、一流のトレーダー・投資家がいる。

FXを始めるにあたって、まとまった取引時間を確保できない人や知識や経験が少ない人の中には、自動売買に興味を持っている人も多いのではないでしょうか?

自動売買について色々調べていると、機械学習という言葉が目にとまり、機械学習とはどんなものなのか気になった人もいるでしょう。

そこで今回は、FXの機械学習とはどんなものなのか、FXの機械学習について分かりやすく解説します

FXの機械学習とは

FXの機械学習とは

FXは土日を除いて24時間取引できるため、日中働いているサラリーマンは平日9~15時に取引時間が制限されている株式投資よりもFXを選ぶ人が多いと言えます。

しかし、いくら土日を除いて24時間取引できると言っても、FXを始めるにあたってまとまった時間を確保できない人もいます。

また、FXの知識や経験が少ない初心者は知識や経験を積む時間を必要とするため、始めてすぐに利益を得ることは困難です。

まとまった時間のない人や初心者がFXを始めることは困難なのでしょうか?

そこで登場するのが自動売買です。

自動売買は自ら取引するのではなく、機械が自動で売買してくれるのが特徴です。

初心者や時間がない人にとっては魅力的な自動売買ですが、自動売買は大きく設定した取引だけを行うソフトと機械学習できるソフトの2つに分かれます。

設定した取引だけを行うソフトの場合には、設定した売買を自動的に繰り返すだけなので便利で使いやすいというメリットがあります。

しかし、経済情勢の影響によって為替変動が大きいなど不安定な場合には、自分で設定し直す必要があることが大きなデメリットです。

一方で、機械学習できるソフトであれば、これらを学習して自分で取引方法などを修正してくれます。

過去の膨大な取引データに加えて、機械学習で得た知識や経験が相場変動に最も適した取引方法を選んでくれるでしょう。

機械学習できるソフトの3つのメリット

機械学習できるソフトの3つのメリット

FXの機械学習とは、ただ単に設定した通りに自動売買をするのではなく、機械が学習して自動売買をするというものでした。

では、機械学習できるソフトにはどんなメリットがあるのでしょうか?

機械学習できるソフトの主なメリットは以下の3つです。

  • 取引にかかる手間を省ける
  • ソフトが自動的に学習してくれる
  • 感情に左右されない

それぞれの機械学習のメリットについて詳しく見ていきましょう。

取引にかかる手間を省ける

機械学習できるソフトに限った話ではありませんが、自動売買できるソフトは自分自身で取引する必要はないため、取引にかかる手間を省けます

FXを自分で始める時は、仕事が終わってからになるため、21時や22時頃から取引を始めることになります。

そうなると、睡眠時間が短くなって日常生活や取引に影響が出る可能性があるので注意が必要です。

しかし、自動売買ではそのような心配がないため、寝ている間も機械が取引してくれます。

あらかじめ設定した通りにしか取引できない自動売買の場合は、相場環境が変わった時に新しい設定に変更しなければなりません。

一方、機械学習できるソフトはそれらも自動で判断してその時にあった設定に切り替えてくれるため、設定に必要な手間も省けるでしょう。

ソフトが自動的に学習してくれる

あらかじめ設定した通りにしか取引できない自動売買の時は、ファンダメンタルズ分析やテクニカル分析を自分である程度学んでからそれを自動売買に反映させる必要があります。

しかし、機械学習できるソフトであれば、取引経験や取引によって得た知識などから最適な取引方法を自動で選択してくれます

そのため、多少のFXに関する知識は必要ですが、自分で取引する際に必要な知識や経験は不要です。

空いた時間を自分の自由に使えるため、効率の良い運用方法と言えるでしょう。

感情に左右されない

自分で取引する際は感情に左右されてしまうことで利益が得られない可能性がありますが、自動売買はルールに従った取引で感情を含んでいないため、安定した利益が期待できます。

例えば、「もう少し上がるかもしれない」などの感情が加わってしまうと、安定した取引ができなくなってしまいますが、自動売買はこのような感情がありません。

機械的に決められたルールの中で取引を行うため、確実に利確・損切りを行ってくれます

トレーダーにとってなかなか踏み切りにくい損切りも確実に行ってくれるため、リスクを抑えながら運用できるでしょう。

機械学習できるソフトの3つのデメリット

機械学習できるソフトの3つのデメリット

機械学習できるソフトは、一般的な自動売買にはない「ソフトが自動的に学習してくれる」という機能が付いているため、自分でFXする際の手間を省けるだけでなく、より効率良く利益を得られることがメリットでした。

では、機械学習できるソフトにデメリットはないのでしょうか?

機械学習できるソフトの主なデメリットは以下の3つです。

  • 初期費用が高額になりやすい
  • 詐欺業者を見抜きにくい
  • 急な変動には対応できない可能性がある

それぞれの機械学習のデメリットについて詳しく見ていきましょう。

初期費用が高額になりやすい

自分で設定するタイプの自動売買のソフトは、FX業者から無料で配布されているもしくはインターネットに無料で配布されているものもあります。

しかし、機械学習できるソフトとなると一般的に普及しておらず、開発にも費用がかかっていることなどから導入する際の初期費用が高額になりやすいことがデメリットです。

導入した場合のメリットは数多くあると言えますが、絶対に勝てるという保障はありません

導入したものの、安定して利益を得られなかった時は、初期費用を回収できないだけでなく大きな損失を抱えることになるので注意しましょう。

詐欺業者を見抜きにくい

信頼できるFX業者や個人が提供している機械学習ができる自動売買ソフトの場合には問題ありませんが、ネット上に無料で提供されているような自動売買ソフトの場合には注意が必要です。

MT4と同様に、このような機械学習できる自動売買ソフトの開発は国内よりも海外で活発に行われており、日本語に対応していないサイトで提供されているケースが多いと言えます。

登録したことで個人情報を抜かれる、カードを不正利用される可能性もあります。

簡単には見抜けませんが、詐欺業者がいるといるということは忘れないようにしましょう。

急な変動には対応できない可能性がある

機械学習できるソフトは、急な変動には対応できない可能性があることがデメリットとして挙げられます。

機械学習できるソフトは、取引経験や知識を活かしながら取引方法を学んでいくため、成功体験だけでなく失敗体験を必要とします。

損切りの設定をしているのが一般的なので、あまり大きな損失にはならないと言えますが、急な変動が生じてそれをまともに受ける可能性があることを忘れてはなりません

最悪の場合は損切りが遅れる可能性もあるため、完全放置ではなくある程度チェックすることも大切と言えるでしょう。

まとめ

まとめ

FXにおける従来の自動売買は、決められたルールに従ってただ機械的に売買を繰り返していました。

そのため、寝ている間も勝手に取引してくれるので、FXの手間を省けるというメリットはあるものの、相場環境が変わった場合はルールを設定し直す必要がありました。

しかし、機械学習できる自動売買ソフトは、自動で相場環境の変化に対応してくれるため、取引の手間をさらに省けるというメリットがあります。

また、取引経験や知識などを手法に反映させることで予想精度が高くなることから、より効率良く利益を得られることが期待できます

ただし、機械学習も完璧とは言えません。

急な変動には対応できないことで、大きな損失を抱える可能性があるため、リスク管理を徹底することを忘れないようにしましょう。

-テクニック
-, , , , ,

Copyright© Liberty&Trade , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.