FXで収入源を作って自由になりたい人の情報サイト

Liberty&Trade

テクニック

FXで退場する人には原因がある?退場の原因と防ぐ方法!

投稿日:

この記事の監修

株式会社インベストメントカレッジ 
吉田健吾

累計12万5000人以上の個人投資家が学ぶ投資スクール「Daily Wealth」の運営責任者。講師には、カリスマFXトレーダーの維新の介を始め、毎年億を稼ぐプロトレーダー、不動産投資歴19年の元祖サラリーマン大家、FX・株・先物・不動産投資、ベンチャーキャピタルなど幅広く精通する大分の投資家など、一流のトレーダー・投資家がいる。

FXで安定した利益を得る方法がないのか色々と調べていると、「FXで大損して退場」というトレーダーたちを見かけることがあります。

なぜこのような人たちはFXから退場するほどの損失を抱えたのでしょうか、またFXから退場しないためにはどうすればいいのでしょうか?

そこで今回は、FXからの退場を防ぐ方法について分かりやすく解説します

FXで退場する人には原因がある?

FXで退場する人には原因がある?

株式投資では、投資した金額以上に損失が生じるということは原則ありません。

そのため、余裕資金で株式投資を行っている場合には、株式投資から退場する可能性はかなり低いと言えます。

FXもロスカットという証拠金以上に損失が膨らむことがないように投資家を守る仕組みが採用されているため、投資した金額以上に損失が生じることは原則ありません。

では、なぜFXは大損して退場する人が多いのでしょうか?

FXで退場する人が多い理由とFXから退場を防ぐ方法について見ていきましょう。

FXで退場する5つの原因

FXで退場する5つの原因

FXで退場する主な原因として、以下の5つが挙げられます。

  • 損切りできない
  • 資金管理ができない
  • レバレッジが高い
  • エントリーに根拠がない
  • ポジションを持ち越す

それぞれの原因について解説します。

損切りできない

FXでは、うまく為替変動を予想できれば安定した利益が期待できますが、必ずしも予想が的中するとは限りません。

予想が的中しないと含み損を抱えますが、含み損はマイナスが確定したわけではないので、そのまま放置しておこうとする人もいます。

しかし、含み損はマイナスが確定していないだけで、実際にマイナスが生じていることには変わりありません

適切なタイミングで損切りしないと、損がどんどん大きくなって最終的にはロスカットで想定以上の損失が生じる可能性があるので注意が必要です。

資金管理ができない

FXで退場する人に多いのが、資金管理ができないという特徴です。

最初から多くの資金で取引を始めてしまい、失敗して退場になるケースもあれば、損失を補うために必要資金にも手を付けて失敗して退場になるケースもあります

資金管理ができていない人は、損失を補うためにさらに損失を重ねる傾向があるので十分注意が必要です。

レバレッジが高い

FXには、ロスカットという証拠金以上の損失が生じないように一定の損失が生じた場合に強制決済する仕組みがあります。

しかし、ロスカットは必ず作動するとは限りません。

証拠金以上の損失が生じた場合には、FX会社から補填を要求されますが、補填するために借金をしてFXから退場となる人も。

レバレッジを高く設定していると、ロスカットが正常に作動しなかった場合の損失がより大きくなるので注意が必要です。

エントリーに根拠がない

FXは、為替が上がるか下がるか予想するだけなので当たる確率は50%と言えます。

しかし、根拠のないエントリーを続けていると、反対のエントリーを繰り返すことによって損失が膨らんで退場となる人もいます。

エントリーに成功しても、決済時にも根拠が必要です。

決済のタイミングを誤っても損失を抱える可能性もあるので注意が必要です。

ポジションを持ち越す

FXは、土日を除いて24時間取引できますが、24時間取引が活発に行われているわけではありません。

例えば、日本の早朝であるオセアニア市場は、東京市場の始まる前、盛んな取引が行われるヨーロッパ市場とアメリカ市場が終わった後であるため、市場が閑散としています。

そのような時間帯は、取引参加者が少なく仕掛け売りによる為替変動によって、大きな損を抱える人も。

ポジションを持ち越していると、このような仕掛け売りに巻き込まれることによって一発退場になる可能性もあるので十分注意が必要です。

FXからの退場を防ぐ5つの方法

FXからの退場を防ぐ5つの方法

FXで退場する原因として、損切りできない・資金管理ができないなどが挙げられましたが、これらを防ぐことはできないのでしょうか?

FXからの退場を防ぐ主な方法として、以下の5つが挙げられます。

  • 損切りをきっちり行う
  • 資金管理を徹底する
  • レバレッジを低く設定する
  • ポジションを持ち越さない
  • ゼロカットシステムを利用する

それぞれの方法について解説します。

損切りをきっちり行う

FXから退場する原因として損切りを行わないことが挙げられましたが、損切りをきちんと行っていれば、損失が拡大することを防ぐことが可能です。

次にどのような為替変動が生じるのかをしっかり予想しているにもかかわらず、含み損を抱えている場合には、その予想が外れていることを意味します。

そのままポジションを保有していても損失が膨らむだけなので、早めに損切りする習慣を身につけた方が良いと言えるでしょう。

資金管理を徹底する

FXを始める際には、いくらまでの資金を証拠金として入金して、そのうちのどのくらいの割合で運用するかを事前に決めておくことが重要です。

そうすれば、仮に大きな為替変動が生じても、証拠金維持率の割合を高く維持できるため、追加入金を防ぐことにつながります。

常に資金管理を徹底して余裕資金でFXを行うよう心掛ければ、損失が生じたという理由でFXから退場することを防ぐことができるでしょう。

レバレッジを低く設定する

レバレッジを高く設定していれば、それだけ為替変動が生じた場合における損失も大きくなります。

しかし、レバレッジを低く設定していれば、為替変動が生じた場合の損失が小さくなるため、退場に至る可能性を大きく下げることが可能です。

レバレッジを低く設定するということは、取引を始める際の必要資金が増えることを意味します。

FXを始めるハードルが高くなりますが、そのくらい資金的に余裕がない場合にはそもそも始めない方が良いとも言えるでしょう。

ポジションを持ち越さない

市場が閑散としている時間帯は急な為替変動が生じやすいと言いました。

2019年の年始に発生したフラッシュクラッシュも、閑散としているオーストラリア市場の時間帯でした。

つまり、ポジションを持ち越しているからこそ発生した損失で、言い換えればポジションを持っていなければ損失が生じることはありませんでした

チャートを見ることができていれば、急な為替変動が生じてもしっかりと対応できますが、寝ている間は対応できません。

FXからの退場を防ぐためにも、ポジションを持ち越さないことをおすすめします。

ゼロカットシステムを利用する

ロスカットは、トレーダーが証拠金以上の損失を抱えないようにトレーダー保護の目的で採用されていますが、正常に作動しない可能性があると言いました。

そこでおすすめするのがゼロカットシステムを利用することです。

ゼロカットシステムと言っても日本のFX会社は採用していません。

ゼロカットシステムを利用するには、海外のFX会社の口座を開設する必要があります

ゼロカットシステムであれば、証拠金以上の損失が生じた場合でもマイナス分を請求することはありません。

証拠金はゼロになりますが、マイナス分を無視してくれるため、退場の不安を感じることなく、安心して取引できるでしょう。

まとめ

まとめ

FXで退場する人には、損切りできない・資金管理ができない・レバレッジが高いといった原因がありました。

しかし、これらの原因は対策を練っておけば、退場を未然に防ぐことが可能です。

例えば、損切りをきっちり行う・資金管理を徹底する・レバレッジを低く設定するなどです。

なぜ、FXのトレードで退場するのかという原因を理解し、しっかりと対策を練っていれば退場の不安を感じることなく、安心してトレードに取り組むことができるでしょう。

-テクニック
-, , , ,

Copyright© Liberty&Trade , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.