FXで収入源を作って自由になりたい人の情報サイト

Liberty&Trade

テクニック

FXの初心者と中級者の違いは何?それぞれ抑えるべきポイント

投稿日:2020年3月2日 更新日:

この記事の監修

株式会社インベストメントカレッジ 
吉田健吾

累計12万5000人以上の個人投資家が学ぶ投資スクール「Daily Wealth」の運営責任者。講師には、カリスマFXトレーダーの維新の介を始め、毎年億を稼ぐプロトレーダー、不動産投資歴19年の元祖サラリーマン大家、FX・株・先物・不動産投資、ベンチャーキャピタルなど幅広く精通する大分の投資家など、一流のトレーダー・投資家がいる。

FXは専門用語も多く、レバレッジやロスカットなどの仕組みがよく分からない人も多いと思います。

FXのトレードを始めるにあたって、それらの知識を身に付けていくのがFX初心者ですが、FX中級者は次にどのようなステップに進めばいいのでしょうか?

そこで今回は、FXの初心者と中級者の違いや中級者の取引方法について解説します

FXの初心者が行うこと

FXの初心者が行うこと

FXとは、国が発行している通貨を取引することによって差益を得る資産運用の1つです。

土日を除いて24時間取引できるため、日中は忙しいサラリーマンでも取引しやすい環境が整っていることから、数多くのトレーダーが取引に参加しています。

中には、最初は副業でFXを始めたものの、FXの収入が本業の収入を上回ったため、本業を辞めて専業トレーダーとしてFXに専念する人もいます。

しかし、誰でもすぐにそのようになれるわけではありません。

FXによる収入が億を超える人を目指すには、まず基礎固めをしっかり行うことが重要です

FXの初心者が行うことは主に以下の3つです。

  • FXの知識を身に付ける
  • トレンドに合わせてスキャルピングを行う
  • 低いレバレッジでトレードする

それぞれについて詳しく見ていきましょう。

FXの知識を身に付ける

FXは他の資産運用と比べると、専門用語が数多く存在します。

例えば、レバレッジという言葉がありますが、これはFXを始める上で必要不可欠な言葉です。

レバレッジとは、自己資金以上の取引ができるようになる仕組みです。

日本のFX業者は、金融庁のルールに従わなくてはならないため、レバレッジが最大25倍に制限されています。

つまり、100万円の資金があれば最大25倍の2,500万円分の通貨を取引できるということです。

このように聞くと、「レバレッジはとても便利なもの」とプラスの印象を抱いた人が多いと思いますが、マイナスも存在するので注意が必要です。

レバレッジを高くすれば資金が増えるため、利益を増やせるというメリットがありますが、反対に損失が生じると損失も増えるというデメリットがあります。

このように、FXには知らずにトレードを始めると大きな損失を抱えるリスクも多いため、まずはしっかりとFXの知識を身に付けることが重要と言えるでしょう。

トレンドに合わせてスキャルピングを行う

FXで安定した利益を得るには、トレンドの流れに逆らわないことが重要です。

そのため、FX初心者は、流れに逆らわずにトレンドに合わせながらスキャルピングを行うのが一般的です。

スキャルピングとは、数秒~数十分に1回の頻度で取引を行う手法です。

長くポジションを保有しないため、急な為替変動による損失を防ぐことができます。

また、損失が生じた場合でもすぐに損切りするため、リスクを抑えつつ安定した利益が期待できますが、1回の利益が小さい、スプレッドという手数料が増えやすいので十分に注意が必要です。

FXには他にもいくつか取引手法がありますが、初心者のうちはまず取引に慣れることが重要です。

他の取引手法はある程度の取引経験を積んで、中級者になってからの方が良いと言えるでしょう。

低いレバレッジでトレードする

株式投資にも信用取引というレバレッジに似た仕組みがありますが、資金を3倍までしか増やすことができません。

しかし、FXでは、資金を最大25倍にできるという大きな違いがあります。

そのため、FX初心者の中には、最初から高いレバレッジで強気に取引したいと思った人も多いと思いますが、レバレッジは損失も大きくなるので注意が必要です。

トレンドに合わせてスキャルピングを行うことをおすすめした理由は、リスクを抑えつつ取引方法をまずは身に付けるためでした。

レバレッジを高くするということは、リスクを高くすることなので、せっかくリスクの低い取引手法を選んでいてもレバレッジが高ければ意味がありません

FX初心者は、とにかくトレードに慣れることを優先する必要があるため、損失が生じてもその損失が最小限に収まるようなトレード方法を選ぶことが重要と言えるでしょう。

FXの中級者が行うこと

FXの中級者が行うこと

FXの初心者は、FXの知識を身に付けるほか、FXの取引に慣れることを優先的に行う必要がありました。

知識や経験を身に付けることができてFXの中級者になった後は、リスクを多少負いながら利益を意識した取引に移ります。

FXの中級者が行うことは主に以下の3つです。

  • デイトレードを行う
  • レンジ相場にも挑戦する
  • レバレッジを上げてトレードする

それぞれについて詳しく見ていきましょう。

デイトレードを行う

デイトレードとは、スキャルピングとは違い、数十分~数時間に1回の頻度で取引する手法です。

ポジションの保有期間が長くなるため、1回のトレードで手に入る利益が大きくなる、手数料が少なくなるのが大きなメリットです。

しかし、保有期間が長くなるということは、それだけ変動も大きくなるため、取引リスクも高くなるというデメリットがあります。

そのため、デイトレードはFX初心者向けではなくFX中級者向けの取引手法と言えます。

FX中級者になれば知識や経験を積んでおり、リスクマネジメントもしっかりできるようになっているのが一般的ですが、油断すると大きな損失を抱える可能性もあるので注意しましょう。

レンジ相場にも挑戦する

FX初心者の場合はトレンドに合わせてスキャルピングを行うことをおすすめしましたが、トレンド相場は相場全体の2~3割程度しか現れないため、取引機会が少ないと言えます。

そのため、FX中級者になってから積極的に利益を得るためには、残り7~8割を占めているレンジ相場をうまくつかむことが重要です

レンジ相場とは、一方向に長い変動を繰り返すのではなく、上下を繰り返す相場のことです。

レンジ相場には、レジスタンスラインと呼ばれる上値の上限とサポートラインと呼ばれる下値の下限が存在します。

このレジスタンスラインとサポートラインをしっかり読み解くことができれば、安定した利益が期待できます。

FX中級者になってレンジ相場での取引方法を身に付ければ、どのような相場でもトレードできるようになるでしょう。

レバレッジを上げてトレードする

レバレッジを高くすることはリスクを高くするのと同様の意味があったため、FX初心者は低いレバレッジでトレードすることをおすすめしました。

しかし、FX中級者になれば、損切りといったリスクマネジメントの知識や経験もある程度身に付いているため、リスクを抑えながらトレードを行うことが可能です。

高いレバレッジでトレードするということは、より多くの利益が期待できるということを意味しています。

これまでの知識や経験を活かして、相場をしっかりと読み解くことができるようになれば今まで以上に大きな利益を得られるようになるでしょう。

まとめ

まとめ

FXの知識や経験が全くない初心者のうちは、まずFXとはどのようなものなのかを理解する必要があります。

基本的な知識を身に付けながら、比較的リスクの少ないトレードを選んで経験を積んでいくことを優先します。

知識や経験を積んでFX中級者になった場合には、ある程度のリスクマネジメントができているため、FX初心者の頃とは違い、リスクを負いつつ強気の戦略を練っていくのが一般的です

そうすることでFX初心者の頃よりも大きな利益が期待できるようになりますが、リスクを伴うということは忘れてはいけません。

「自分はもうFX中級者だ」と油断したことが原因で大きな損失を抱えることがないように、リスクマネジメントを徹底することを忘れないようにしましょう。

-テクニック
-, , , ,

Copyright© Liberty&Trade , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.