FXで収入源を作って自由になりたい人の情報サイト

Liberty&Trade

FX初心者

FX初心者は口座選びが重要?初心者が口座開設する際のポイント

投稿日:2019年9月18日 更新日:

この記事の監修

株式会社インベストメントカレッジ 
吉田健吾

累計12万5000人以上の個人投資家が学ぶ投資スクール「Daily Wealth」の運営責任者。講師には、カリスマFXトレーダーの維新の介を始め、毎年億を稼ぐプロトレーダー、不動産投資歴19年の元祖サラリーマン大家、FX・株・先物・不動産投資、ベンチャーキャピタルなど幅広く精通する大分の投資家など、一流のトレーダー・投資家がいる。

FXの取引を始めるにあたって口座を開設していないFX初心者の中には、どこのFX口座も大きな差はないと思っている人も多いと思います。

しかし、FX口座によってはサービスに大きな差があるケースも多いため、まずはどのFX口座を開設するかしっかり決めることが重要です。

そこで今回は、FX初心者が口座開設する際のポイントについて解説します

FX初心者は口座選びが重要

FX初心者は口座選びが重要

FXの知識や経験がない初心者の中には、「どこのFX口座を開設しても大差ない」と思っている人も多いでしょう。

確かに、大手のFX口座は、口座開設者数を確保するために似たサービスを提供しているため、そこまで大きな差がない可能性があります。

しかし、FX口座によってシステムに差があるなど異なる部分があるため、それらの違いを理解してからFX口座を開設することが重要です。

FX口座と一口に言っても国内FX口座もあれば海外FX口座もあります。

それぞれの口座にどんな違いがあるのでしょうか?

国内FX口座と海外FX口座の特徴を見ていきましょう。

国内FX口座

国内FX口座とは、金融庁の許可を受けて日本国内でFXの取引を扱っているFX業者の口座です。

国内FX口座には以下のような特徴があります。

  • レバレッジが最大25倍
  • 信託保全が必須

レバレッジとは、自己資金以上に取引できる仕組みのことです。

国内FX口座では、最大25倍に設定されており、それ以上のレバレッジは認められていません。

最大25倍ということは、4万円の自己資金があれば100万円分取引できるので十分と言えます。

信託保全とは、FX業者の資産を預けている口座とトレーダーが取引に使うための証拠金を預けている口座を分けて管理することです。

そうすることで、FX業者が万が一破綻または倒産した場合でもトレーダーの資産は守られるため、初心者でも安心して口座を開設することが可能です。

海外FX口座

海外FX口座とは、金融庁の許可を受けておらず、海外に拠点を置いてFXの取引を扱っているFX業者の口座です。

海外FX口座には以下のような特徴があります。

  • レバレッジ倍率が高い
  • ゼロカットシステムが採用されている

国内FX口座は金融庁によってレバレッジが25倍に制限されていましたが、海外FX口座は金融庁の規制外なので上限が設けられていません。

そのため、数百倍の取引も可能なので資金効率が良いと言えますが、失敗した場合のリスクが高いと言えます。

また、国内FX口座はロスカットが採用されているのが一般的ですが、海外FX口座はゼロカットシステムが採用されているFX口座が多くあります。

ゼロカットシステムとは、最大損失が証拠金以上にならないように調節してくれる仕組みです。

ゼロカットシステムはFX初心者でも安心して取引できる仕組みと言えます。

しかし、海外FX口座には、日本語に対応していない・信託保全が義務付けられていないなどの問題点も多いため、FX初心者にあまりおすすめできないと言えるでしょう。

口座開設する際の6つのポイント

口座開設する際の6つのポイント

FX初心者は、海外FX口座ではなく国内FX口座を開設した方が良いと言えますが、どんなFX口座で開設すればいいのでしょうか?

FX初心者が口座を開設する際に押さえておくべきポイントは以下の6つです。

  • スプレッド
  • 口座開設者数
  • 通貨ペア数
  • スワップポイント
  • システム
  • 最低取引単位

それぞれのポイントについて見ていきましょう。

スプレッド

スプレッドとは、買い注文と売り注文の差のことです。

事実上の手数料のことで、手数料無料を強調しているFX口座もスプレッドが設定されているのが一般的です。

スプレッドが広く設定されているFX口座は、最初からある程度の損失を抱えながら取引を始めることになります。

FX初心者が少しでも安定した利益を得るには、スプレッドが狭く設定されているFX口座を選ぶのがポイントと言えるでしょう。

口座開設者数

FX口座を開設する際には、口座開設者数をチェックすることもポイントの1つです。

口座開設者数が多いということは、「スプレッドが狭い」「システムが使いやすい」など、そのFX口座に何か魅力があることを意味しています

また、口座開設者数が多いということは、それだけスプレッドといった手数料収入が多いFX業者であることを意味しているため、経営が安定していると言えます。

ホームページなどに口座開設者数が記載してあるFX業者は、基本的に口座開設者数が多いFX業者であるため、そのようなFX業者を選んで口座を開設しましょう。

通貨ペア数

基本的にどのFX口座も、ドル円やユーロ円などのメインの通貨ペアはほとんど取り扱っています。

しかし、中にはメジャーな通貨ペアは扱っているものの、マイナーな通貨ペアはほとんど扱っていないFX口座もあるので注意が必要です。

FX初心者は取引量が多く安定したメジャー通貨を取引するケースが多いため、あまり気にしなくても問題ないかもしれません。

しかし、スワップポイントなどを狙った取引では、スワップポイントの高いマイナー通貨を選ぶのが一般的です。

FX口座を開設したものの、取引したいと思っていた通貨ペアを取り扱っていない可能性もあるため、事前にどのような通貨ペアを取り扱っているかしっかり確認しましょう。

スワップポイント

スワップポイントとは、通貨ペア間の金利差によって得られる利益のことです。

「スワップポイントはどのFX口座も同じなのでは?」と思っている人も多いかもしれませんが、実はFX口座によって大きく異なります。

スキャルピングやデイトレードなどの短期売買で、スワップポイントが目的の取引でない場合は、あまり気にしなくても問題ありません。

しかし、スワップポイントは毎日確実に得られるため、いずれスワップポイントを狙った取引をする可能性が高いと言えます。

スワップポイントを狙った取引をする際に、スワップポイントが低いFX口座では効率良く利益を得られないため、スワップポイントが高く設定されているFX口座を選びましょう

システム

FXを取引する際は、FX業者が提供しているシステムを利用して取引します。

パソコンでの取引に対応しているFX口座もあれば、スマホでの取引に対応しているFX口座もあるなど様々です。

パソコンでの取引にしか対応していないFX口座の場合には、基本的に家にいる間しか取引できません。

しかし、スマホでの取引に対応しているFX口座の場合には、通勤中や仕事の休憩時間などのちょっとした空き時間にも取引することが可能です。

また、FX口座の中には、無料で取引を体験できるデモ口座を提供しているものもあります。

FXの経験や知識がない初心者の場合はまず取引に慣れる必要があるため、デモ口座を提供しているFX口座は使いやすいと言えるでしょう。

最低取引単位

FX口座のほとんどは最低取引単位を1万通貨に設定しています。

例えば、1通貨100円の取引をする際は100万円の資金が必要です。

レバレッジ25倍を適用すれば4万円の資金で取引できますが、FX初心者にとってはレバレッジ25倍の取引はリスクが高いと言えます。

FX口座の中には、最低取引単位が1,000通貨に設定されているところもあれば、1通貨に設定されているところもあります

1通貨に設定されているFX口座は数円~数十円あれば取引できるため、万が一取引に失敗しても損失を小さく抑えることが可能です。

デモ口座のケースと同様、FX初心者の場合はまず取引に慣れる必要があるため、少額でも運用できる最低取引単位の小さいFX口座を選ぶのもポイントと言えるでしょう。

まとめ

まとめ

FX口座はどこも同じだと思っているFX初心者もいるかもしれませんが、そのようなことはありません。

スプレッドや通貨ペア、スワップポイントなど、何らかの違いがあるため、まずはそれぞれのFX口座の違いを把握することが重要です

特にFX初心者の場合は知識や経験がないため、リスクを抑えることが最優先で、少しずつ取引に慣れる必要があります。

取引に慣れて安定した利益を得られるようになるためにも、口座選びはしっかり行いましょう。

-FX初心者
-, , , ,

Copyright© Liberty&Trade , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.