FXで収入源を作って自由になりたい人の情報サイト

Liberty&Trade

FX初心者

FX初心者はロットの大きさに注意?初心者に最適なロットとは

投稿日:2019年5月19日 更新日:

この記事の監修

株式会社インベストメントカレッジ 
吉田健吾

累計12万5000人以上の個人投資家が学ぶ投資スクール「Daily Wealth」の運営責任者。講師には、カリスマFXトレーダーの維新の介を始め、毎年億を稼ぐプロトレーダー、不動産投資歴19年の元祖サラリーマン大家、FX・株・先物・不動産投資、ベンチャーキャピタルなど幅広く精通する大分の投資家など、一流のトレーダー・投資家がいる。

FX初心者の中には、少しでも安定した利益を得るために、ネットなどでFXに関する情報を調べている人も多いことでしょう。

中には、「初心者は小ロットで取引を始めた方が良い」と書かれているページもありますが、ロットとはそもそも何なのでしょうか?

そこで今回は、ロットとは何なのか、また初心者に最適なロットについて解説します

FX初心者は小ロットから始めた方が良い

FX初心者は小ロットから始めた方が良い

FXにおけるロットとは、取引単位のことです。

FXでは「1ロット=1万通貨」というように購入時の単位が決まっています。

しかし、この1ロット=1万通貨というのは通貨によって一部異なります。

例えば、1通貨110円の米ドルや1通貨120円のユーロなどは1ロットが1万通貨ですが、1通貨8円の南アフリカランドは1ロットが10万通貨です。

1ロットの米ドルの取引時は、110円×1万通貨=110万円必要ですが、実際はレバレッジを最大限に活用して25分の1の4万4,000円あれば取引できます。

しかし、レバレッジを効かせるということは少額で取引できる一方、為替変動による影響を受けやすくなり、ロスカットされやすくなるので注意が必要です。

そのため、FX初心者が取引を始める際は、小ロットから取引を始めた方が良いと言えます。

最低取引単位は1ロットと決まっていません。

FX業者によっては最低取引単位を1通貨に設定している業者もあるため、レバレッジ1倍でも110円あれば米ドルを取引できます。

レバレッジ倍率を下げればロスカットリスクを抑えられるため、FXの初心者でも安心して取引できるでしょう。

小ロット取引のメリット

小ロット取引のメリット

FX初心者は小ロット取引から始めた方が良いと言いましたが、小ロット取引はどのようなメリットがあるのでしょうか?

小ロット取引の主なメリットは以下の3つです。

  • 少額から取引できる
  • 損失が大きくなりにくい
  • メンタルを鍛えられる

それぞれのメリットについて詳しく見ていきましょう。

少額から取引できる

1つ目の小ロット取引のメリットは、少額から取引できることです。

例えば、最低取引単位が1ロット1万通貨に設定されているFX業者で取引する際には、1通貨110円の米ドルだとレバレッジ25倍で4万4,000円、レバレッジ10倍で11万円とある程度資金が必要です。

しかし、最低取引単位が0.1ロット(1,000通貨)に設定されているFX業者で取引すると、レバレッジ25倍で4,400円、レバレッジ10倍で1万1,000円と取引しやすくなります。

小ロットで取引すれば少額から取引できるため、FXの初心者でも安心して取引しやすいと言えるでしょう。

損失が大きくなりにくい

2つ目の小ロット取引のメリットは、損失が大きくなりにくいことです。

例えば、1ロットが1万通貨に設定されているFX業者で取引を始めると、より多くの資金が必要になるため、結果的にレバレッジ倍率を高めて自己資金を少なく抑えるようにするのが一般的です。

しかし、0.1ロット、0.01ロットなど、小ロットで取引を始めた場合は取引に必要な資金を少なく抑えられます。

日本のFX業者には、ロスカットという自己資金以上の損失が生じる前に損失を確定させる仕組みが導入されているため、万が一ロスカットになっても資金が少ない小ロットの方が被害を最小限に抑えることが可能です。

また、小ロットであれば、レバレッジ倍率を下げることによってロスカットになる可能性を下げることも可能です。

取引にまだ慣れていない初心者の場合には、小ロットの方が無駄なロスカットによる損失を抑えられるでしょう。

メンタルを鍛えられる

3つ目の小ロット取引のメリットは、メンタルを鍛えられることです。

FXの初心者の中には、含み益を抱えながら「まだ上がる」、含み損を抱えながら「そのうち回復する」と、正しい判断ができずに安定した利益を得られないケースが多くあります

そのため、FX初心者が安定した利益を得るには、一喜一憂しない強いメンタルを鍛えることが重要です。

FX初心者の中には、取引に慣れるためにデモトレードを活用する人も多くいますが、デモトレードでは実際に損失が生じるわけではないため、メンタルを鍛えられません。

だからといって、1ロットの取引を実践してメンタルを鍛えるにはリスクが高く、大きな変動に巻き込まれると一発退場になる可能性もあります。

しかし、小ロットの取引では失敗しても損失が小さく、メンタルを鍛えるのに適しています。

例えば、1通貨から取引できるFX業者で取引を始めれば、レバレッジ1倍でも数百円から取引できるほか損失が生じても少額で済むため、メンタル強化につながるでしょう。

小ロット取引のデメリット

小ロット取引のデメリット

小ロット取引には、「少額から取引できる」「損失が大きくなりにくい」といったメリットがありましたが、デメリットはあるのでしょうか?

小ロット取引のデメリットは以下の3つです。

  • 得られる利益が少なくなる
  • 高レバレッジにしてしまう
  • 取引できる業者が限られる

それぞれのデメリットについて詳しく見ていきましょう。

得られる利益が少なくなる

1つ目の小ロット取引のデメリットは、得られる利益が少なくなることです。

小ロット取引は、少額から始められることからFX初心者でも気軽に始めやすい一方、運用金額が少ないため得られる利益も少なくなります

例えば、1ロット1万通貨の取引で1,000円の利益が生じている場合でも、0.1ロットでは100円、0.01ロットでは10円と、ロットを小さくした分だけ利益も徐々に小さくなります。

そのため、FX初心者が慣れるまでは小ロットの取引が良いと言えますが、ある程度慣れた場合は、利益目標に合わせてロットを上げた方が良いでしょう。

高レバレッジにしてしまう

2つ目の小ロット取引のデメリットは、高レバレッジにしてしまうことです。

小ロット取引を始めると、気持ちの余裕から「損しても大丈夫」「少しでも利益を増やしたい」と、25倍の高レバレッジで取引を始めてしまうケースがあります。

しかし、25倍の高レバレッジで取引を始めると証拠金維持率が低くなるため、ロスカットリスクが高くなります

いくら小ロット取引でも、レバレッジ10倍では10%の為替変動、レバレッジ25倍では4%の為替変動が生じただけでロスカットになるので注意が必要です。

FX初心者は取引に慣れていないため、ただでさえリスクが高い状況にあります。

なるべくリスクを抑えるためにも、小ロットにするだけでなくレバレッジを低く設定して取引しましょう。

取引できる業者が限られる

3つ目の小ロット取引のデメリットは、取引できる業者が限られることです。

最小取引単位をいくらに設定しているかは、各FX業者によって異なります。

1ロットは1万通貨と最初に触れたように、最低取引単位を1万通貨に設定しているFX業者は数多くあります

中には、最低取引単位を1通貨に設定していて、少額から取引を始められるようにしているFX業者もあります。

しかし、そのような業者は限られているため、少ない選択肢の中から取引する業者を選ばなければなりません。

小ロットの業者の中には、事実上の手数料であるスプレッドが広い、スワップ金利が低いといったケースも見られます。

小ロット取引に対応している分、条件が他のFX業者と比べて悪い場合もあるのため、業者の特徴をしっかり確認してから取引を始めましょう。

まとめ

まとめ

FX取引におけるロットとは、通貨の取引単位のことで、1ロット1万通貨と考えるのが一般的です。

しかし、1万通貨となると、1通貨110円の米ドルを取引するには、レバレッジ25倍でも4万4,000円必要になります。

ロットが高ければ自己資金がより多く必要になるほか高レバレッジになるため、初心者にとってはリスクが高くなるので注意が必要です。

そのため、FX初心者には小ロット取引の方がリスクを抑えられるので適していると言えます。

しかし、小ロット取引には、利益が少ない・業者が限られるといったデメリットもあるため、それらを理解した上で取引を始めるようにしましょう。

-FX初心者
-, , , , ,

Copyright© Liberty&Trade , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.