FXで収入源を作って自由になりたい人の情報サイト

Liberty&Trade

FX初心者

FX初心者でも海外の業者は使える?海外の業者の特徴とは

投稿日:

この記事の監修

株式会社インベストメントカレッジ 
吉田健吾

累計12万5000人以上の個人投資家が学ぶ投資スクール「Daily Wealth」の運営責任者。講師には、カリスマFXトレーダーの維新の介を始め、毎年億を稼ぐプロトレーダー、不動産投資歴19年の元祖サラリーマン大家、FX・株・先物・不動産投資、ベンチャーキャピタルなど幅広く精通する大分の投資家など、一流のトレーダー・投資家がいる。

FXをこれから始めようとしている初心者の中には、国内か海外かどちらのFX業者がいいか気になっている人も多いのではないでしょうか?

何も知らずに海外のFX業者を利用して、大きなトラブルに巻き込まれる可能性もあるため、事前に海外のFX業者がどんなものかを理解しておくことが重要です。

そこで今回は、FXの初心者でも海外の業者を使って取引しても問題ないかどうか、海外業者の特徴について解説します

海外のFX業者とは

海外のFX業者とは

国内には数多くのFX業者がありますが、日本で法人格を取得している外資系のFX企業は海外のFX業者とは言いません。

海外のFX業者とは、海外に本社が置かれているFX業者のことです

どちらも国が発行した通貨を取り扱っていて取引できるという点では違いがありませんが、国内のFX業者には国内のルールを適用するものの、海外のFX業者には適用しないという違いがあります。

サービスに多少の違いがでるため、海外のFX業者を使って取引する際は、双方の違いを理解してから取引を開始した方が良いでしょう。

海外のFX業者のメリットとは

海外のFX業者のメリットとは

海外のFX業者にはどんなメリットがあるのでしょうか?

海外のFX業者の主なメリットは以下の5つです。

  • レバレッジ倍率が日本よりも大きい
  • 0カットシステムがある
  • 口座開設が容易
  • ECN口座を利用できる
  • 特典が豊富

それぞれのメリットについて詳しく見てきましょう。

レバレッジ倍率が日本よりも大きい

メリットの1つ目は、レバレッジ倍率が日本よりも大きいことです。

FXは、自己資金以上に取引できるレバレッジが魅力ですが、レバレッジが高すぎた場合は自己資金以上の損失が生じる可能性があるため、日本では金融庁によって最大倍率が25倍に制限されています。

しかし、海外のFX業者にはこの制限が適用されないため、現在でもハイレバレッジによる取引が可能です。

例えば、5万円の自己資金でレバレッジ25倍の取引をする際は米ドルを1万通貨しか保有できませんが、仮にレバレッジ500倍であれば20万通貨保有できます。

同じ元金5万円でレバレッジ25倍の取引で1,000円利益を出しても、レバレッジ500倍では2万円の利益になります。

中にはレバレッジ1,000倍の業者もあるため、少ない資金でより効率的にお金を増やせるでしょう。

0カットシステムがある

メリットの2つ目は、0カットシステムがあることです。

「ハイレバレッジで取引することで自己資金以上の損失が生じる可能性が高くなるのでは?」と不安に思っている人もいると思います。

しかし、海外のFX業者には日本にはない0カットシステムが導入されています

ロスカットという言葉を聞いたことがある人も多いと思いますが、ロスカットとは取引に必要な証拠金が不足した場合に損失を確定するというものです。

この仕組みで損失が自己資金以上にならないように防ぎますが、あまりにも急な変動が生じた場合は、ロスカットが間に合わず自己資金以上の損失が生じる可能性があります。

海外のFX業者にはこのロスカットがない代わりに0カットシステムがあります。

0カットシステムとは、自己資金以上の損失が生じた場合でも自己資金までの損失に抑えて、残りの損失をFX業者が負担してくれるという仕組みです。

自己資金以上の損失が生じないため、安心して取引できるでしょう。

口座開設が容易

メリットの3つ目は、口座開設が容易であることです。

日本でFX業者の口座を開設する際は、ネットで手続きできる場合でも、提出書類の確認やログインID・パスワードが記載された書類が届くまでに時間がかかるため、すぐに取引を開始できません。

しかし、海外のFX業者はネットに必要な情報を入力して、本人確認に必要な写真をアップロードすれば口座開設が完了します。

即日中に取引できることがほとんどであるため、すぐにFXを始めたい人には適していると言えるでしょう。

ECN口座を利用できる

メリットの4つ目は、ECN口座を利用できることです。

ECNとは、電子取引所取引のことで、ネット上にある取引所を介して取引が成立するというものです。

トレーダーは、FX業者に手数料を支払う必要がありますが、板情報や気配値を確認できます。

そのため、取引の透明性が高いだけでなく、買い圧力もしくは売り圧力のどちらが強いかを判断材料としながら取引できるため、安定した取引につながるでしょう。

特典が豊富

メリットの5つ目は、特典が豊富であることです。

国内の業者の中にも、口座開設特典などを提供している業者もありますが、最初だけで継続して特典を提供している業者はほとんどありません

しかし、海外のFX業者は口座開設時だけでなく、取引金額に応じてまたは入金した金額に応じて特典を提供している業者が数多くあります。

例えば、入金した金額の50%が特典で貰える場合は、10万円入金すると15万円になるのでより効率的にお金を増やせると言えるでしょう。

海外のFX業者のデメリットとは

海外のFX業者のデメリットとは

海外のFX業者には数多くのメリットがありますが、デメリットもあるので注意が必要です。

海外のFX業者の主なデメリットは以下の3つです。

  • 信託保全が義務ではない
  • 日本語に対応していない可能性がある
  • 送金手数料が発生する

それぞれのデメリットについて詳しく見ていきましょう。

信託保全が義務ではない

デメリットの1つ目は、信託保全が義務ではないことです。

信託保全とは、FX業者の経営が悪化して破綻した場合でも、FX業者のお金と口座開設者のお金を分けて管理しているので預けているお金が守られる仕組みです。

国内のFX業者は、この信託保全が義務化されているため、FX業者が仮に破綻した場合でも口座開設者の資金が守られています。

しかし、海外のFX業者は、信託保全が義務化されておらず、資金が分けられていない場合にはお金が戻ってこない可能性があるので注意しましょう。

日本語に対応していない可能性がある

デメリットの2つ目は、日本語に対応していない可能性があることです。

海外のFX業者でも大手で日本人の口座開設者が多い業者は日本語にもある程度対応していますが、日本人の口座開設者が少ない業者は日本語に対応していません

日本語に対応していない場合は、自分で調べながら取引を進める手間やトラブルが生じた場合の対応に困る可能性があるので注意しましょう。

送金手数料が発生する

デメリットの3つ目は、送金手数料が発生することです。

海外のFX業者を利用した場合は、海外送金が必要になるので手数料が発生します。

手数料として数千円程度かかるほか、すぐ口座に反映されないことが多いため、スムーズに取引できるとは言えません

国内のFX業者を利用した場合は、クイック入金に対応していてすぐ口座に反映されるほか、手数料が無料であることを考えると、使い勝手が悪いと言えるでしょう。

まとめ

まとめ

海外のFX業者には国内のFX業者のルールが適用されないため、ハイレバレッジの取引が可能です。

そのため、少額で取引できるほか、少ない資金でも大きな利益が得られることがメリットと言えます。

また、0カットシステムによって自己資金以上の損失が生じないため、安心して取引できます。

しかし、海外のFX業者の中には、利益が出ているにもかかわらず出金拒否になった事例や、いきなりレバレッジ倍率が引き下げられて追証が発生した事例もあるので注意が必要です。

FXの初心者が海外のFX業者を利用する際には口コミを確認するなど、信頼できる業者かをしっかり確認しましょう。

-FX初心者
-, , , ,

Copyright© Liberty&Trade , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.