FXで収入源を作って自由になりたい人の情報サイト

Liberty&Trade

FX初心者

低リスクで利益を出す!FX初心者におすすめの少額トレードとは

投稿日:2019年5月6日 更新日:

この記事の監修

株式会社インベストメントカレッジ 
吉田健吾

累計12万5000人以上の個人投資家が学ぶ投資スクール「Daily Wealth」の運営責任者。講師には、カリスマFXトレーダーの維新の介を始め、毎年億を稼ぐプロトレーダー、不動産投資歴19年の元祖サラリーマン大家、FX・株・先物・不動産投資、ベンチャーキャピタルなど幅広く精通する大分の投資家など、一流のトレーダー・投資家がいる。

FX取引で継続して利益を上げていくには、いかにリスクを抑えて取引できるかということが重要になってきます。

特にFX初心者には、低リスクで取引できる少額トレードがおすすめです。

まだFXを始めたばかりの方のなかには「いきなり高額の取引は怖い」「なるべくリスクを抑えてトレードしたい」と思っている方も多いでしょう。

そこで今回は、少額トレードのメリットと注意すべきポイントを解説します

少額って具体的にいくら?

少額って具体的にいくら?

株式投資や不動産投資など他の投資方法と比べ、少ない資金で取引を始められるのがFXの魅力です。

FX業者ごとに最低取引通貨単位を設定しているため、利用するFX業者によって取引に必要な資金は異なります。

一昔前までは10,000通貨から取引可能としているFX業者がほとんどでしたが、最近は少額でもトレードできるFX業者が増えてきています。

1通貨(約4円)から取引可能なFX業者も存在します

取引量は任意で選ぶことができます。

ただし、取引量が増えればその分リスクも大きくなるため、FX初心者には1,000通貨以下の取引がおすすめです。

例えば1ドル=100円の場合、1,000通貨は1,000ドルなので、10万円の資金があれば取引ができるということです。

また、FXはレバレッジをかけられるため、2倍のレバレッジをかけることで5万円の資金で取引可能になります。

少額トレードの3つのメリットとは

FX初心者の方が少額で取引を始めるメリットは3つあります。

損失額を抑えられるためリスクが小さい

1,000通貨と10,000通貨で取引した場合の損失額を比較してみましょう。

FX初心者がいきなり10,000通貨で取引をしてしまうと、相場が1円動いただけで自分の資産が1万円も減ってしまうということです。

一方、1,000通貨であれば1円下落しても、1000円の損失で済みます。

少額トレードは、大きな損失をする心配がないため、リスクを抑えて取引を始めることができます

FXには為替変動リスクや金利変動リスク、流動性リスクなど、取引をする上でさまざまなリスクがあり、経験豊富なトレーダーであってもすべてを予測し避けることは難しいです。

FX初心者の方はまず取引に慣れるために、1回のトレードに勝つことよりも1回の損失額をできるだけ抑えることに重点を置き、少額トレードを繰り返しましょう。

実践で経験を積むことができる

FX初心者の方は、まずデモトレードでの練習が必要不可欠です。

しかし、デモトレードは自分のお金を使って取引をしているわけではありませんので、資金が増えたときの高揚感や逆に減ってしまったときの失望感や焦りなど、実際の心理状況を体験できません。

取引判断をする上で、メンタルは非常に大きな影響を与えます

少額でも利益や損失は出ますので、緊張感をもってトレードすることが可能です。

初めからメンタルの影響を受けず、損切りや利益確定を自分のルールに沿って徹底して実行できる方はなかなかいません。

少額トレードによって、デモトレードでは経験できない実際の取引での緊張感を味わいながら実践で取引の経験を積んでいきましょう。

さまざまな取引スタイルを試せる

FXには「スキャルピング」「デイトレード」「スイングトレード」「長期トレード」とトレードスタイルが4つあります。

FX初心者は、自分に合ったトレードスタイルを見極めることが大切ですが、そのためには実際にすべてのトレードスタイルを試してみるのが一番手っ取り早い方法です。

こちらもまずはデモトレードで試すことが大前提ですが、多くのFX業者ではデモトレードの使用期間を1か月~3か月ほどに設定しています。

その場合、スイングトレードや長期トレードなど、中長期での取引を体験することができません。

少額であれば、比較的低リスクで自分に合ったトレードスタイルを探ることが可能です。

少額トレードにおける4つの注意点

レバレッジのかけすぎはNG

少額トレードの場合、損失を抑えられることがメリットでもありますが、多くの利益も見込めません。

レバレッジをかけることで、少ない資金でもより多くの利益を狙えるのはとても魅力的です。

だからといって高レバレッジをかけてしまうと、せっかくのメリットを活かすことができませんので、FX初心者は2倍~3倍のレバレッジに抑えて取引をしましょう。

少額トレードから始める理由は、低リスクで取引するためです。

レバレッジのかけすぎで大損してしまった…とならないように注意しましょう。

手数料がかかる場合がある

ほとんどのFX業者は、売買する際の取引手数料が無料となっています。

ただし、一部のFX業者では、「10,000通貨以上の取引手数料は無料、1,000通貨は有料」「通貨ペアによっては有料」など、原則無料でも条件を付けているケースがありますので、事前に確認が必要です。

そもそも少額取引ができないFX業者もある

FXにおける少額とは、一般的に1,000通貨以下のことをいいます。

少額トレードをしたいと思っていても、FX業者が最低取引通貨単位を10,000通貨にしていたら取引することができません

最近は多くのFX業者が1,000通貨の取引に対応しており、FX初心者であっても参入しやすい環境ができていますので、まずは少額で始められる業者なのか確認してから選ぶようにしましょう。

ロスカットを回避するため多めの資金をFX口座に入れておく

損失額が大きくなると、これ以上損失が拡大しないように強制ロスカットが実行されます

少額取引かつレバレッジを2倍~3倍にすることで、ロスカットの可能性は低くなりますが、FX口座に多めに入金しておくことで防ぐことも可能です。

リスクを軽減させるために、目安として取引に必要な資金の2倍は入金しておきましょう。

では、実際に少額取引を始めてみましょう

実際に少額での取引を開始するまでの手順は次のとおりです。

FXの知識を身につける

何の基礎知識もないままギャンブル感覚で取引を始めてもうまくいきません。

FXを始められる目的は人それぞれだと言えますが、共通しているのは「安定した利益を得ること」でしょう。

そのため、まずはFX用語や取引方法など基本的な知識を身につけることが大切です。

以下の記事を参考に、FXに関する勉強を始めてみてください。

FX会社を選び、口座を開設する

FX取引を始めるには、FXの口座を開設する必要があります。

FX会社ごとに特徴がありますので、取引手数料や少額取引が可能かどうかを踏まえ、ご自身に合ったFX業者を選びましょう。

以下の記事では、人気のFX会社を比較してご紹介しています。

各社の特徴を理解し、使用するFX会社を選択してみましょう。

デモトレードで練習する

実践する前にデモトレードで取引ツールの使い方やトレードスタイル、色々な通貨ペアを試しましょう。

損切りや利益確定のタイミングなど、実際にチャートの動きを見ながらやってみると、頭ではわかっていても上手くいかない可能性ももちろんあります。

デモトレードであれば本番のトレードと同じ環境でFXの体験ができるため、繰り返し行いFX取引の感覚を身につけましょう。

少額で取引を開始する

デモトレードでFX取引の感覚を身につけたら、いよいよ少額での取引を始めましょう。

先述した4つの注意点を守りながら、実際の取引に慣れてください。

まずは少額からスタートし、スキルを身につけてから徐々に投資する額を増やしていくようにしましょう。

まとめ

まとめ

FX取引の感覚を身につけるために、まずは少額トレードから始めることをおすすめします

本やインターネットで学んだ知識やデモトレードでの経験以上に、実際の取引で経験したことはご自身の力になりますので、少額であっても自分のお金で取引をしてみることが大切です。

またリスクを抑えるために、少額取引が可能なFX業者かどうか、手数料の有無は必ず事前に確認しておきましょう。

-FX初心者
-, , , ,

Copyright© Liberty&Trade , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.