FXで収入源を作って自由になりたい人の情報サイト

Liberty&Trade

テクニック

FXのレバレッジなしは儲かる?レバレッジなしのメリットとデメリット

投稿日:2019年2月18日 更新日:

この記事の監修

株式会社インベストメントカレッジ 
吉田健吾

累計12万5000人以上の個人投資家が学ぶ投資スクール「Daily Wealth」の運営責任者。講師には、カリスマFXトレーダーの維新の介を始め、毎年億を稼ぐプロトレーダー、不動産投資歴19年の元祖サラリーマン大家、FX・株・先物・不動産投資、ベンチャーキャピタルなど幅広く精通する大分の投資家など、一流のトレーダー・投資家がいる。

株式投資やFX、不動産投資など、様々な資産運用の方法がある中でFXを選んでいる人は、レバレッジを効かせることによって、少ない自己資金でも効率良く増やせることに魅力を感じている人も多いと思います。

では、FXはレバレッジなしだと魅力がないのでしょうか?

そこで今回は、FXをレバレッジなしで行った場合のメリットとデメリットについて詳しく解説していきます

レバレッジなしならFXと外貨預金は一緒?いえ違います!

FXと外貨預金の違いとは?

FXのレバレッジなしということは自己資金をそのまま運用することになります。

そのため、「FXではなく外貨預金でもいいのでは?」と思った人も多いのではないでしょうか?

同じ外貨を扱うFXと外貨預金でも、手数料や金利などにそれぞれ大きな違いがあります

そのため、それらの違いを知らないまま、ただ何となく外貨預金を選択していると損をする可能性があります。

FXと外貨預金にはどんな違いがあるのでしょうか?

それぞれの違いを詳しく見ていきましょう。

手数料が安い

外貨預金は、実際に金融機関が外貨の仕入れを行います。

そのため、実際に預金した外貨を引き出すことができるのが外貨預金の特徴です。

FXは、実際にFXを取り扱っている企業が外貨の仕入れを行うわけではありません。

証拠金取引と呼ばれる架空の取引であるため、外貨を引き出すこともできません

つまり、同じ外貨の売買でも、外貨預金の場合には実際に外貨の取引があるため、手数料が高いという違いがあります。

外貨預金で外貨の売買を行う場合は、往復で約2%の手数料が発生しますが、FXの場合は、往復で約0.012%の手数料が発生します。

ポイント

外貨の売買を目的としている場合には、FXの方が大幅に手数料を抑えることができるでしょう。

カラ売りができる

外貨預金では売買に必要な通貨を実際に仕入れる必要があるため、買ってから売るという取引方法しか選択肢がありません

しかし、FXでは売買に必要な通貨を実際に仕入れるわけではないため、買ってから売るという選択肢だけでなく売ってから買うというカラ売りが可能です。

ポイント

為替変動の上昇局面だけでなく下降局面でも利益を出すことができるのが特徴と言えるでしょう。

預金保護が付いている

普通預金や定期預金といった一般的な預金は、1金融機関あたり元本1,000万円までとその利息が預金保険機構によって金融機関が倒産しても保護されます。

しかし、外貨預金はこの預金保護の対象外となっているため、金融機関が倒産すると資産を失ってしまいます

一方で、FXで運用を行う際に必要な証拠金は、全額信託保全によってFXの運営会社が倒産しても保護されます

そのため、FXのリスクの方が安心して運用できると言えるでしょう。

金利が高い

外貨預金の金利とFXの金利を比較すると、FXの方の金利が高く設定されているのが一般的です。

このように同じ自己資金で外貨の売買を行う外貨預金とFXのレバレッジなしでも、大きな違いがあります。

条件的にはFXの方が優れているため、外貨の売買を行う場合には、FXを選択した方が良いと言えるでしょう。

FXでレバレッジなしのメリットとは

レバレッジなしのメリットとは

FXはレバレッジを効かせることで、自己資金以上の取引を行うことができるのが魅力です。

現在の最大レバレッジ倍率は25倍で、自己資金4万円あれば100万円の取引ができるため、少ない資金を効率良く運用できると言えるでしょう。

しかし、FXのレバレッジなしということは、FXの魅力を1つ失ってしまうことになります。

FXのレバレッジなしにはどんなメリットがあるのでしょうか?

主なメリットは以下の3つです。

  • ロスカットがない
  • 長期運用に適している
  • 元本が0にならない

それぞれのメリットについて見ていきましょう。

ロスカットがない

ロスカットとは、レバレッジを効かせた取引の際に、自己資金(証拠金)以上の損失が発生しないようにするための強制決済のことです。

しかし、レバレッジなしの取引の場合は、自己資金(証拠金)以上の損失が発生することがないため、ロスカットによる強制決済を防ぐことができます。

そのため、一時的な損失でも気長に回復するまで待つことができるでしょう。

長期運用に適している

FXには、為替差益を狙ったデイトレードなどの取引方法のほか、スワップポイントという金利差を狙った取引方法もあります。

スワップポイントを狙った取引は、長期的に運用するのが前提であるため、できる限り為替変動によるリスクを抑える必要があります。

レバレッジなしでは、為替変動によるリスクを最小限に抑えることができるため、長期運用に適していると言えるでしょう。

元本が0にならない

レバレッジを効かせた取引を行う場合には、元本が0もしくは元本以上の損失が発生する可能性があります。

しかし、レバレッジなしでは、元本が0になるということは外貨の価値が0になることを意味するためあり得ません。

元本割れの可能性はありますが、0になるリスクがないため、安心して取引を行うことができるでしょう。

FXでレバレッジなしのデメリットとは

レバレッジなしのデメリットとは

レバレッジを効かせることで自己資金以上の取引ができるということがFXの魅力ですが、レバレッジなしでも十分なメリットがありました。

では、FXのレバレッジなしにはどんなデメリットがあるのでしょうか?

主なデメリットは以下の3つです。

  • 資金効率が悪い
  • まとまった資金が必要
  • 大きな利益が期待できない

それぞれのデメリットについて見ていきましょう。

資金効率が悪い

レバレッジ25倍であれば、自己資金の25倍の取引ができるため、少ない自己資金を効率良く増やすことができます

例えば、自己資金4万円でレバレッジなしの場合の1%の利益は400円ですが、レバレッジ25倍であれば利益も25倍になるため、4万円で1万円の利益を得ることが可能です。

しかし、レバレッジなしということは、そのままの自己資金で運用を行うことになるため、資金効率が悪いというデメリットがあると言えるでしょう。

まとまった資金が必要

元々レバレッジを効かせた取引を行っていて、その時と同じ利益を得ることを目標とする場合には、その時の倍率分の自己資金が必要になります。

例えば、レバレッジ25倍で利益を得ていて、レバレッジなしで同様の利益を得ようとする場合には単純で自己資金が25倍必要です。

ある程度のまとまった資金が必要になることがデメリットと言えるでしょう。

大きな利益が期待できない

実際に上記のようにレバレッジ25倍と同様の利益を得るために、自己資金を25倍にすることは困難です。

また、自己資金を増やすと、手元に残る資産が少なくなるため、万が一の備えを失ってしまうことになります。

そのため、少ない自己資金を為替変動の小さいFXの売買でコツコツと増やしていくことになるので、大きな利益が期待できないのがデメリットと言えるでしょう。

まとめ

まとめ

FXの魅力は、何と言ってもレバレッジを効かせることで自己資金以上の取引ができることです。

そのため、レバレッジなしの取引を選択した場合には、その魅力を失ってしまうので、資金効率が悪くなるなどのデメリットが生じます。

一方で、ロスカットと呼ばれる強制決済を行われずに済むほか、元本が0にならないなどのメリットがあるため、安心して取引できます。

FXのレバレッジなしは、外貨預金に似ていますが、FXの方が取引を行う際の条件に優れています

メリットとデメリットを総合的に考えてメリットの方が優れていると感じた人や既に外貨預金を行っている人には、FXのレバレッジなしがおすすめと言えるでしょう。

-テクニック
-, , ,

Copyright© Liberty&Trade , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.