FXで収入源を作って自由になりたい人の情報サイト

Liberty&Trade

FX初心者

時間足を駆使することが重要?FX初心者が確認すべき時間足とは

投稿日:2019年5月8日 更新日:

この記事の監修

株式会社インベストメントカレッジ 
吉田健吾

累計12万5000人以上の個人投資家が学ぶ投資スクール「Daily Wealth」の運営責任者。講師には、カリスマFXトレーダーの維新の介を始め、毎年億を稼ぐプロトレーダー、不動産投資歴19年の元祖サラリーマン大家、FX・株・先物・不動産投資、ベンチャーキャピタルなど幅広く精通する大分の投資家など、一流のトレーダー・投資家がいる。

FXは為替が上がるか下がるかを予想しながら取引しますが、勝率を少しでも上げるために為替変動に影響を与えるチャートを読み解く必要があります。

しかし、チャートは時間足がいくつかあるため、どの時間足で変動を予想すればいいか分からないというFXの初心者も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、FXの初心者が確認すべき時間足がどのようなものかについて解説します

為替変動に影響を与えるのは2つ

為替変動に影響を与えるのは2つ

FXでは、国が発行している通貨の為替変動が上がるのか下がるのかを予想して為替差益を得ます。

「上がるのか下がるのかを予想するだけなら勝率は50%か」と思った人もいるかもしれませんが、そういうわけではありません。

為替は理由もなく上がって下がってという変動を繰り返しているわけではなく、何らかの理由によって為替変動が生じています

そのため、為替変動が生じる理由を理解して、その理由に基づいて取引すれば、FXの初心者でも高い勝率を維持できます

為替変動に影響を与える主な要因は以下の2つです。

  • ファンダメンタルズ
  • テクニカル

それぞれの要因について詳しく見ていきましょう。

ファンダメンタルズ

ファンダメンタルズとは、為替変動に影響を与えるような要人発言や経済指標などのことです。

例えば、通貨の政策金利が上がると通貨間の金利差を狙った買い需要によって通貨が上昇しやすくなる、反対に下がると通貨が下落しやすくなるなどです。

政策金利の他に、雇用や生産、物価など国の経済状況を判断する指標は、為替変動に大きな影響を与えます。

しかし、これらのファンダメンタルズは事前予想が発表されているなど、既に周囲に広く知れ渡っていることが多いため、短期的な為替変動に影響を与えることはあまりありません。

基本的にファンダメンタルズは長期的な為替変動に影響を与えますが、稀に予想と異なるネガティブ・ポジティブサプライズや要人発言で短期的な為替変動に影響を与えることもあるので注意が必要です。

テクニカル

テクニカルとは、過去の為替変動に似た状況では同じような変動を繰り返すという考え方です。

例えば、過去に〇円で一度大きく上昇しているので、価格が下がって〇円に到達した場合は買いポジションで取引をするなどです。

テクニカルには様々な種類があるため、どのテクニカルを駆使するかは人によって大きく異なります

そのため、為替を見て「売り」と判断する人もいれば「買い」と判断する人もいるので、短期的な為替変動に影響を与えます。

ファンダメンタルズは為替変動の大きな流れを作り、テクニカルはその大きな流れの中で小さな流れを作っているため、日々細かく取引する場合には、テクニカルが重要と言えるでしょう。

時間足とは

時間足とは

長期的な為替変動ではなく、短期的な為替変動を予想する場合にはテクニカルを駆使する必要があります。

テクニカルは、どのような為替変動が生じているかをグラフで表しているチャートを活用しますが、チャートには時間足というものがあります。

時間足とは、どの時間の間隔で為替変動が生じているか判断するものです。

例えば、日足は1日間隔で生じた為替変動5分足は5分間隔で生じた為替変動をローソク足で表します

間隔が長い時間足は長期的な為替変動、短い時間足は短期的な為替変動を表しているため、自分の知りたい情報に合った時間軸を選択してチャートを見ましょう。

取引手法によって参考にする時間足が異なる

取引手法によって参考にする時間足が異なる

時間足は「1分足・5分足・15分足・1時間足・4時間足・日足・週足・月足」など数多くあります。

FX業者によってはさらに細かな時間足でチャートを見れるところもあります。

しかし、これらの時間足を全て使う必要はありません。

取引手法によって使う時間足は異なるため、どの取引手法で取引するのかまずは決めます

取引手法はスキャルピング・デイトレード・スイングトレードの3種類ですが、それぞれがどんな取引方法なのか、どの時間足を参考にすればいいのかを詳しく見ていきましょう。

スキャルピング

スキャルピングとは、数秒~数分に1回小さな為替変動を狙って取引を繰り返す手法です。

スキャルピングではポジションを持ち越さないため、寝ている間に要人発言やネガティブサプライズで大きな為替変動に巻き込まれるリスクを抑えられます。

また、デイトレードやスイングトレードよりもチャートを深読みする必要がなく、上昇中か下落中かチャートから判断できれば問題ないため、FXの初心者でも手軽に取り組みやすい手法です。

しかし、取引するたびにスプレッドによる手数料が発生するため、スプレッドが狭いFX業者を選ぶことが重要です。

スキャルピングでは、短期的な為替変動を判断するため、時間軸は1分足や5分足などの短い時間足を参考にしましょう。

デイトレード

デイトレードとは、スキャルピングよりも長く保有するものの、日をまたいで持ち越さない手法です。

そのため、スキャルピングと同様、寝ている間の大きな為替変動に巻き込まれるリスクを抑えられます。

スキャルピングでは、自分の予想通りの為替変動が生じた場合は問題ありませんが、予想と異なる為替変動が生じた場合はすぐに損切りするのが一般的です。

しかし、その損切り後に反転する可能性もあるなど、初心者でも手軽に取り組める一方で、なかなか利益が増えないというデメリットがあります。

もちろんある程度の損失が生じた場合にはデイトレードでも損切りをしますが、保有する期間が長いため、無駄な損切りを抑えられるだけでなく1回の利益がスキャルピングより大きいのが特徴です。

デイトレードでは、1時間足や4時間足でどちらに為替変動が生じているのか確認してから、15分足で取引を始めるタイミングを確認するなど、複数の時間足を組み合わせると良いでしょう。

スイングトレード

スイングトレードとは、自分が決めた目標に到達するまで日をまたいで保有する取引手法です。

日をまたいで持ち越すことで、急な為替変動に巻き込まれるリスクが高くなりますが、スワップポイントという金利差による利益が期待できます。

また、為替は株式のように破綻や上場廃止で価値が0にはならず、時間をかけながら価格が上下するため、取引を始めるタイミングを間違わなければ、損失を抱えても元の価格に戻る可能性が高いと言えます。

スイングトレードでは、4時間足や日足、週足などの長い時間足を駆使しますが、短期的な為替変動の影響によってロスカットが生じないように注意しましょう。

長い時間足から短い時間足を見ていく

長い時間足から短い時間足を見ていく

長い時間足で見ると右肩下がりでも、短い時間足で見ると右肩上がりになっている場合があります。

このような場合はどのように判断すればいいのでしょうか?

長い時間足は短い時間足も含めてチャートに反映しています。

そのため、長い時間足の情報に従うのが一般的です。

ポイント

短い時間足は長い時間足の流れには逆らえないため、取引する際は長い時間足を確認してから短い時間足を確認すると、状況をより判断しやすくなるでしょう。

まとめ

まとめ

FXの初心者が失敗を防ぎながら安定した取引を継続するには、チャートをしっかりと読み解いて為替変動に沿った取引をすることが重要です。

チャートを読み解く際には、時間足を決める必要がありますが、時間足は全てを確認する必要はなく、自分の取引手法に合わせて選べば問題ありません

チャートには様々な情報が盛り込まれているので覚えるのはなかなか大変ですが、失敗を未然に防ぐためにも知識を身に付けてから取引を始めましょう。

-FX初心者
-, , , , ,

Copyright© Liberty&Trade , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.