FXで収入源を作って自由になりたい人の情報サイト

Liberty&Trade

テクニック

FXのアービトラージは勝率100%?メリットとデメリットとは

投稿日:

この記事の監修

株式会社インベストメントカレッジ 
吉田健吾

累計12万5000人以上の個人投資家が学ぶ投資スクール「Daily Wealth」の運営責任者。講師には、カリスマFXトレーダーの維新の介を始め、毎年億を稼ぐプロトレーダー、不動産投資歴19年の元祖サラリーマン大家、FX・株・先物・不動産投資、ベンチャーキャピタルなど幅広く精通する大分の投資家など、一流のトレーダー・投資家がいる。

FXの取引をしている人の中には、テクニカル分析やファンダメンタルズ分析を駆使しても安定して勝てないと悩んでいる人も多いでしょう。

為替変動は、トレーダーたちが生み出すものでもあるため一筋縄ではいきませんが、勝率の高い方法としてアービトラージがあります。

アービトラージとはどのような取引手法なのでしょうか?

そこで今回は、FXのアービトラージのやり方について解説します

FXのアービトラージとは

FXのアービトラージとは

FXのアービトラージとは一体どのようなものなのでしょうか?

アービトラージとは「サヤ取り」と呼ばれる手法のことで、FX業者間に生じる差を狙うことで安定して利益を得るというものです。

株式投資の場合には、業者間で差が生じることはないため、アービトラージの手法を利用できません。

しかし、FXの場合には、業者間によって為替レートに差があるだけでなく、スワップポイントと呼ばれる金利にも差があります。

そのため、これらの差を利用した取引で、安定した利益が期待できるのがアービトラージです。

さっそく、為替レートアービトラージとスワップポイントアービトラージの方法について見ていきましょう。

為替レートアービトラージ

為替レートアービトラージとは、FXの業者によって微妙に異なる為替レートの差をうまく利用することでサヤ取りを行う方法です。

例えば、Aという業者では1米ドルが100円50銭になっていてBという業者では同時刻に1米ドルが100円45銭だったとします。

この状況では、FX業者Bで購入した方がお得で、FX業者Aで売却した方がお得ということになります。

つまり、為替レートが安い業者で購入して、高い業者で売却するという為替レートの差をうまく利用すれば確実に利益を得られるというものです。

しかし、確実に利益を得られる一方で、価格は常に変動しているものであるため、全てのFX業者の為替変動をチェックすることは困難です。

為替レートアービトラージ専用の自動売買システムも市場に導入されていますが、精度が低いものが多いため、あまりおすすめできないと言えるでしょう。

スワップポイントアービトラージ

為替レートアービトラージは、価格が常に変動するFX市場ではなかなか実現が困難ですが、スワップポイントアービトラージは実現可能です。

スワップポイントアービトラージとは、業者間ごとに異なるスワップポイントの金利差をうまく利用してサヤ取りを行う方法です。

通常、同じFX業者間では買いのスワップポイントと売りのスワップポイントは相殺される価格に設定されています。

しかし、スワップポイントはFX業者によって設定差があるため、それをうまく使用すれば金利差を得ることが可能です。

例えば、Aという業者で売りのスワップポイントがマイナス50円、Bという業者で買いのスワップポイントが70円だったとします。

それぞれでポジションを保有すれば、金利差の20円を安定して得ることが可能です。

価格変動が生じても、売りポジションと買いポジションの両方を保有していることで相殺されます。

為替変動リスクの対策もできているため、スワップポイントアービトラージは理論的には勝率100%の取引手法と言われています。

アービトラージのメリット

アービトラージのメリット

理論的には勝率100%と言われているスワップポイントアービトラージですが、どのようなメリットがあるのでしょうか?

スワップポイントアービトラージのメリットは以下の2つです。

  • リスクがほとんどない
  • 相場を気にしなくても問題ない

それぞれのメリットについて見ていきましょう。

リスクがほとんどない

FXで売りポジション、買いポジションのどちらか一方を保有する際は、為替変動リスクが生じます。

しかし、スワップポイントアービトラージでは、売りポジションと買いポジションの双方を保有するため、為替変動リスクが生じないことからリスクを低く抑えられます

そのため、FXの知識や経験が少ない初心者でも安心して取引できると言えるでしょう。

相場を気にしなくても問題ない

FXでポジションを保有する際は、安定した利益を得るためにも、相場に影響を与える経済指標や要人発言などを気にしながら取引しなければなりません。

しかし、スワップポイントアービトラージでは、反対ポジションも保有していることから基本的には相場を気にせず過ごせます

週末に生じる予想外のイベントを恐れて金曜日にポジションを整理する必要もないため、落ち着いて取引できるでしょう。

アービトラージのデメリット

アービトラージのデメリット

スワップポイントアービトラージは、理論的には勝率100%、リスクがほとんどなく相場を気にしなくても問題ないことがメリットでした。

優れた手法と言えますが、デメリットはないのでしょうか?

スワップポイントアービトラージのデメリットは以下の3つです。

  • 大きな為替変動には耐えきれない
  • スワップポイントの変動の影響を受ける
  • 資金が拘束される

それぞれのデメリットについて見ていきましょう。

大きな為替変動には耐えきれない

スワップポイントを効率良く得るために重要なのがレバレッジを高く設定するという方法です。

しかし、レバレッジを高く設定すると、それだけ為替変動の影響を受けやすくなり、ロスカットが生じやすくなります。

いくら買いポジションと売りポジション双方を持っていて相殺できると言っても、一方にロスカットが生じてしまうとそれ以降の損失をカバーできません

レバレッジを低く設定することでロスカットのリスクを回避することが可能です。

しかし、レバレッジを下げれば得られるスワップポイントが少なくなります。

リスクを負ってでも利益を多くしたいのか、それともリスクを少しでも抑えたいのかハッキリさせてから取引しましょう。

スワップポイントの変動の影響を受ける

スワップポイントは一度決まるとしばらく変動しないと思っている人もいるのではないでしょうか?

しかし、日々スワップポイントは変化しています。

例えば、AというFX業者の売りのスワップポイントがマイナス50円、BというFX業者の買いのスワップポイントが70円だったものの、突然Bのスワップポイントが40円に変更される可能性があります。

この状況ではスワップポイントアービトラージで安定して20円の利益が得られていたのが、マイナス10円になります。

日々のスワップポイントをチェックしないで放置していると、スワップポイントの変動で損失が生じる可能性もあるため、しっかりチェックすることを忘れないようにしましょう

資金が拘束される

FXでスキャルピングやデイトレードをしている場合には、決済のたびに資金を自由に使用できるようになります。

しかし、スワップポイントアービトラージは長期間保有することで利益を得るものなので資金が拘束されます。

そのため、すぐに現金化が必要になるような資金ではスワップポイントアービトラージを行えません

現金化の必要のない余剰資金でしか取引できないという点に注意しましょう。

まとめ

まとめ

FXのアービトラージは、為替レートアービトラージとスワップポイントアービトラージの2種類あります。

しかし、為替レートアービトラージは常に為替が変動していることから、為替レートアービトラージに対応しているシステムを導入しなければなりません。

一方、スワップポイントアービトラージはリアルタイムではなく日々変動するものなので、わざわざシステムを導入しなくても取り組むことが可能です。

スワップポイントアービトラージには、ポジションを両方保有していることから為替変動リスクが低いという特徴があります。

また、確実に利益が得られることから勝率は100%と言われていますが、スワップポイントの変動の影響を受けるほか資金が拘束されるというデメリットもあります

そのため、FXでスワップポイントアービトラージを行う際はその特徴をよく理解してから始めるようにしましょう。

-テクニック
-, , , ,

Copyright© Liberty&Trade , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.