FXで収入源を作って自由になりたい人の情報サイト

Liberty&Trade

FX初心者

FX初心者は少額運用すべし!少額運用をおすすめする理由とは

投稿日:2019年7月31日 更新日:

この記事の監修

株式会社インベストメントカレッジ 
吉田健吾

累計12万5000人以上の個人投資家が学ぶ投資スクール「Daily Wealth」の運営責任者。講師には、カリスマFXトレーダーの維新の介を始め、毎年億を稼ぐプロトレーダー、不動産投資歴19年の元祖サラリーマン大家、FX・株・先物・不動産投資、ベンチャーキャピタルなど幅広く精通する大分の投資家など、一流のトレーダー・投資家がいる。

FXの知識や経験が少ない初心者の中には、FXを始めるにあたっていくら資金を準備すれば分からない人も多いと思います。

初心者はプロのトレーダーより勝率が低くなる可能性が高いですが、負けることを想定して資金はなるべく少額に抑えた方が良いのでしょうか?

そこで今回は、FX初心者は少額運用がおすすめか、少額運用をおすすめする理由について解説します

FX初心者は少額運用がおすすめ

FX初心者は少額運用がおすすめ

FXの知識や経験が少ない初心者の中には、FXがいくらから取引できるのか分からない人も多いのではないでしょうか?

FXの最低取引単位を調べてみると、1万通貨と書かれているFX業者が多く、仮に1通貨100円だった場合は取引に必要な資金は100万円になります。

「そんな大金を準備できない」と思った人が多いかもしれませんが、FXではレバレッジを効かせられるため、最低でも25分の1の資金があれば十分に取引が可能です。

そのため、数万円あればFXを始められます。

また、最低取引単位は各FX業者で異なっており、中には1通貨から取引できるFX業者もあります。

仮に1通貨100円だった場合は、レバレッジを効かせなくても100円あれば取引可能です。

運用資金が大きくなるとプレッシャーが大きくなるため、FX初心者は少額での運用がおすすめです。

FX初心者に少額運用をおすすめする3つの理由

FX初心者に少額運用をおすすめする3つの理由

FXは最小取引単位がFX業者ごとに異なっているだけでなく、レバレッジを効かせることで最大25分の1に資金を抑えられます。

FXには少額でも運用できる環境が整っていますが、FX初心者に少額運用をおすすめする理由が何かあるのでしょうか?

FX初心者に少額運用をおすすめする主な理由は以下の3つです。

  • 取引に慣れるのに適している
  • 失敗しても損失を最小限に抑えられる
  • 複数のポジションを持ちにくい

それぞれのおすすめする理由について見ていきましょう。

取引に慣れるのに適している

FX初心者にはFXに関する知識や経験がないため、まずはFXがどのようなものなのか知る必要があります。

例えば、1pips(1銭)上がってどの程度の利益が生じるか、手数料がどのくらいかかるか、損切りをいくらでするかなどです。

取引しなくても計算によって求めることもできますが、実際に取引を始めるとそれらを瞬時に計算して判断しなければならないため、実践の中で慣れた方が良いと言えます。

「資産運用をしている」というプレッシャーを感じながらでは取引しにくいため、少しでも早く取引に慣れるには、プレッシャーが小さい少額運用がおすすめです。

失敗しても損失を最小限に抑えられる

FXで安定した利益を得るには為替変動の予想精度を高める必要がありますが、FXの予想精度を高めるにはテクニカル分析やファンダメンタルズ分析といった分析方法を学ばなければなりません。

テクニカル分析には数多くの種類があり、それぞれのメリットとデメリットが異なります。

自分に合ったテクニカル分析を見つけて使いこなすには時間がかかるだけでなく、失敗を伴います

まともに運用していた場合は、失敗した時の損失が大きくなってしまいますが、少額運用であれば損失を最小限に抑えることが可能です。

そのため、FX初心者が自分に合った取引方法を見つけて安定した運用結果を出せるようになるまでは、少額運用がおすすめと言えるでしょう。

複数のポジションを持ちにくい

資金を多く準備してしまうと、次々ポジションを持ってしまいがちです。

それがプラスの場合には問題ありませんが、FX初心者の中には無駄にポジションを持ってしまう人もいます。

例えば、的を絞って取引すればいいにもかかわらず、時間とお金に余裕があると必要以上にエントリーしてしまう、また無駄に買い支えたり売り支えたりしてしまうなどです。

しかし、少額で運用していれば最低限のエントリーしかできません。

次のポジションを持つためには、利確もしくは損切りする必要があります

決済する習慣も自然と身につけられるようになるので少額運用はFX初心者におすすめです。

FX初心者が少額運用を始める際の2つの注意点

FX初心者が少額運用を始める際の2つの注意点

FX初心者にとって、取引に慣れるのに適している・失敗しても損失を最小限に抑えられる・複数のポジションを持ちにくいなどの理由から少額運用がおすすめです。

FX初心者が少額運用を始める際は何か注意点があるのでしょうか?

FX初心者が少額運用を始める際の主な注意点は以下の2つです。

  • スプレッドが広い場合がある
  • ロスカットリスクが高くなる

それぞれの注意点について見ていきましょう。

スプレッドが広い場合がある

FX初心者が少額運用を始める際の1つ目の注意点はスプレッドが広い場合があることです。

スプレッドとは、買い注文と売り注文の差のことでFXの手数料のことです

各FX業者によってスプレッドが異なっているため、スプレッドが狭いFX業者を選べば問題は解決しますが、最小取引単位が小さいFX業者は限られています

そのFX業者のスプレッドが広ければ、嫌でも手数料が多くかかってしまいます。

手数料にこだわると、最低取引単位が大きいFX業者を選ぶしか選択肢がない場合もあるので十分に注意しましょう。

ロスカットリスクが高くなる

FX初心者が少額運用を始める際の2つ目の注意点はロスカットリスクが高くなることです。

最低取引単位の小さいFX業者で取引した場合は、レバレッジを効かせずに少額での運用も可能です。

しかし、最低取引単位の大きいFX業者で少額運用する場合には、レバレッジを効かせる必要があります。

しかし、レバレッジを効かせた取引ではロスカットリスクが高くなるので注意が必要です。

ロスカットとは、レバレッジを効かせた取引で急な為替変動が生じた時に自己資金以上の損失が生じないように強制的に損切りする仕組みです。

ロスカットリスクとは、ロスカットが頻繁に生じて無駄な損切りが増えるリスクです。

少額運用をするために高いレバレッジで取引して、無駄な損切りが増えれば元も子もないので注意しましょう。

取引に慣れるまではデモトレードも1つの選択肢

取引に慣れるまではデモトレードも1つの選択肢

FX初心者は知識や経験がないため、リスクを抑えながら少しでも早く取引に慣れるために少額運用をおすすめしました。

さらにリスクを抑え対場合はデモトレードという選択肢もあります。

デモトレードとは、実際のトレードと同様の取引を、お金を掛けずに体験できるものです。

失敗しても全く損失が生じないため、リスクを伴いません。

そのため、自分が納得するまで遠慮なく実践できるのでFX初心者におすすめです。

しかし、デモトレードの場合には、一部の機能が制限されている可能性があるほか、損失が生じないので実際の取引中のプレッシャーを体験できないというデメリットがあります。

そのため、少しでも本番に近づけたい場合は、少額運用がおすすめと言えるでしょう。

まとめ

まとめ

FX初心者は、FXの知識や経験がないため、まずはFX取引がどのようなものか知る必要があります。

取引に慣れるまでに大きな失敗をすると、実際に取引を始めるまでの資金を失う可能性があるため、損失が生じた場合でも影響が小さい少額運用がおすすめです

しかし、少額運用には、スプレッドが広い場合がある・ロスカットリスクが高くなるという注意点があります。

FX初心者が少額運用を始める際には、これらの注意点を踏まえながら取引しましょう。

-FX初心者
-, , ,

Copyright© Liberty&Trade , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.