FXで収入源を作って自由になりたい人の情報サイト

Liberty&Trade

FX初心者

チャートが読めれば勝率アップ?FX初心者でも分かるチャートの見方

投稿日:

この記事の監修

株式会社インベストメントカレッジ 
吉田健吾

累計12万5000人以上の個人投資家が学ぶ投資スクール「Daily Wealth」の運営責任者。講師には、カリスマFXトレーダーの維新の介を始め、毎年億を稼ぐプロトレーダー、不動産投資歴19年の元祖サラリーマン大家、FX・株・先物・不動産投資、ベンチャーキャピタルなど幅広く精通する大分の投資家など、一流のトレーダー・投資家がいる。

FXの初心者がリスクを抑えながら取引を行う方法として、デイトレードが挙げられますが、チャートから次の為替変動を予想するため、チャートを読めるようになる必要があります。

しかし、どのようにFXのチャートを見ればいいのか分からないという人も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、FXの初心者でも分かるチャートの見方について詳しく解説していきます

初心者はリスクを抑えることを優先

初心者はリスクを抑えることを優先

FXはレバレッジを効かせることで自己資金以上の取引ができるため、自己資金が少ない人でも手軽に始めることができるのが魅力です。

しかし、レバレッジは大きな利益を得ることが期待できますが、損失も大きくなるリスクを伴っています。

地政学的リスクが高まった場合などには、急に為替変動が生じることもあるため、日をまたいで持ち越すことはリスクが高いと言えます

そのため、FXの初心者の場合には、持ち越さないスキャルピングやデイトレードで利益を積み重ねるなど、リスクを抑えることを優先した方が良いと言えるでしょう。

デイトレードはチャートを読むことが需要

デイトレードはチャートを読むことが需要

スキャルピングは、為替変動が上下するのに合わせて細かく売買を繰り返して利益を積み重ねていきますが、損切もすぐに行う必要があるため、初心者には少し難しく、時間がない人にも不向きと言えます。

その点、デイトレードはスキャルピングよりも取引の間隔が長くなるため、じっくりと腰を据えて取引できるため、FXの初心者にも最適です。

しかし、FXの短期における為替変動は、テクニカルによって生じているものであるため、しっかりとテクニカル分析についての知識を身に付けてチャートを読むことが重要です。

為替変動を先読みする上で重要なファンダメンタルズ分析とテクニカル分析について見ていきましょう。

ファンダメンタルズ分析

ファンダメンタルズ分析とは、世界経済の動向や政治情勢、金融政策などから、将来の為替変動がどうなるのかを予想する手法です。

政治動向や金融政策などは、発表前から市場に知れ渡っていることが多いため、発表内容がサプライズでない限りは、あまり短期的な為替変動に影響を与えません。

そのため、ファンダメンタルズ分析は、短期的な為替変動よりも長期的な為替変動に用いるものと言えるでしょう。

テクニカル分析

テクニカル分析とは、チャートを使って、過去の為替変動から将来の方向性や価格の水準を予想する手法です。

「この動きをした場合には次はこうなる」と、過去の為替変動を基準にした先回りの取引が行われるため、短期的な為替変動に影響を与えます。

そのため、デイトレードのような短期的な取引では、テクニカル分析を駆使して取引に臨む必要があると言えるでしょう。

チャートとは

チャートとは

テクニカル分析は、チャートを使って為替変動の予想を行いますが、そもそもチャートとはどんなものなのでしょうか?

チャートとは、過去の為替レートを時間ごとに記してグラフ化したものです。

グラフ化することで、どのような変動が生じているのか理解しやすくなります。

チャートにはいくつかの種類があって、主に用いられているのは以下の2つです。

  • ローソク足
  • ラインチャート

それぞれのチャートがどんなものか詳しく見ていきましょう。

ローソク足

ローソク足とは、1分足、1時間足、日足、週足、月足などのように、時間ごとに区切って四本値(始値、高値、安値、終値)データを記している形式のチャートです。

ローソク足には、実体と呼ばれる部分とヒゲと呼ばれる部分があります。

実体は始値、上に出たヒゲは高値、下に出たヒゲは安値をそれぞれ表しています。

また、ローソク足を見た時に、始値よりも終値の方が高い場合には陽線、始値よりも終値が安い場合には陰線と呼ばれています。

ポイント

たった1本のローソク足でも、その形状を見ることで相場の強弱が判断できるため、取引の重要な情報源と言えるでしょう。

ラインチャート

ラインチャートとは、時間ごとの終値だけを表しているチャートです。

ローソク足のように四本値の情報などを確認することはできません。

ポイント

ローソク足にはいろんな情報が盛り込まれているため、情報をしっかりと理解するまでに時間がかかる可能性がありますが、ラインチャートはシンプルであるため、おおよその為替変動を知りたい場合には見やすいチャートと言えるでしょう。

時間軸を使いこなす

時間軸を使いこなす

チャートをうまく活用するには、時間軸を使いこなすことが重要なポイントです。

時間軸は、チャートの横軸のことで、表示する時間を1分足、1時間足、日足、週足、月足などから、どれを選択するかによって変わります

1分足や5分足を使った場合には、より細かな為替変動を知ることができるため、短期間の為替変動の予想を立てるのに適していると言えます。

逆に過去の為替変動から、現在の価格が高値なのか安値なのかを知りたい場合には、月足を使って大きな流れをつかむなど、時間軸をうまく使いこなすことが勝利への近道と言えるでしょう。

チャートの見方とは

チャートの見方とは

チャートとは何か、チャートの種類について分かったとしても、それを見たFXの初心者がいきなり為替変動を予想できるようになるものではありません。

為替変動を予想するには、チャートの見方をより詳しく覚える必要があります

チャートの主な見方は以下の通りです。

  • トレンドラインを引く
  • レジスタンスとサポートラインを引く
  • ボックスを描く

それぞれのチャートの見方について詳しく見ていきましょう。

トレンドラインを引く

トレンドラインとは、為替変動が上昇トレンドにあるのか、下降トレンドにあるのかを知るために用いるラインです。

チャートがカーブしている部分の高値の頂点と下値の頂点を1本の直線で結んでトレンドラインを作成します。

トレンドラインが右肩上がりになっている場合は上昇トレンド、右肩下がりになっている場合は下降トレンドと判断できるため、トレンドに合わせた取引を行うと安定した結果を出すことができるでしょう。

レジスタンスラインとサポートラインを引く

レジスタンスラインとは、上値抵抗線と呼ばれる線のことです。

この線に触れた場合には、上昇トレンドから下降トレンドに変換しやすいと言われています。

サポートラインとは、下値支持線と呼ばれる線のことです。

この線に触れた場合には、下降トレンドから上昇トレンドに変換しやすいと言われています。

レジスタンスラインとサポートラインは、トレンドライン作成時に使用した線をそのまま使用するため、新たに線を作成する必要はありません。

これらの線は、トレンド転換を示す重要な指標となるのでしっかりと覚えておきましょう。

ボックスを描く

チャートの中には、トレンドラインを引こうとしても、チャートのうねりが上下に行ったり来たりしていて簡単には引けない場合があります。

このような場合には、同じような動きをしているエリアをボックスで囲むのが有効的です。

ボックスを描くことによって、レンジ内での推移がどのようになっているのか判断できるため、上値圏なら売り、下値圏なら買いとタイミングを取りやすくなるでしょう。

まとめ

まとめ

FXは地政学的リスクなどで急な為替変動が生じることもあるため、FXの初心者はリスクを抑えるためにも、保有期間の短いデイトレードを選択するのが無難と言えます。

しかし、デイトレードはチャートの分析を行うことで、次にどんな為替変動が生じるのかを予想するため、チャートをしっかりと読む必要があります。

チャートを読むためには、チャートとは何なのかをまずは知ることが重要です。

その後は、チャートの見方をしっかりと身に付け、安定した結果を出せるようにしましょう。

-FX初心者
-, , ,

Copyright© Liberty&Trade , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.