FXで収入源を作って自由になりたい人の情報サイト

Liberty&Trade

FX初心者

FX初心者におすすめの通貨ペアとは?通貨の選び方もご紹介

投稿日:2019年5月3日 更新日:

この記事の監修

株式会社インベストメントカレッジ 
吉田健吾

累計12万5000人以上の個人投資家が学ぶ投資スクール「Daily Wealth」の運営責任者。講師には、カリスマFXトレーダーの維新の介を始め、毎年億を稼ぐプロトレーダー、不動産投資歴19年の元祖サラリーマン大家、FX・株・先物・不動産投資、ベンチャーキャピタルなど幅広く精通する大分の投資家など、一流のトレーダー・投資家がいる。

FXとは異なる通貨の売買を行い、利益を上げていく取引です。

つまり、FX取引をするには、まず取引する通貨を選ぶ必要があります。

「通貨が多く何を基準に選んだらいいのかわからない」「初心者向けの通貨はあるの?」と疑問をお持ちの方もいらっしゃるでしょう。

そこで今回は、通貨ペアを選ぶ際のポイントや、FX取引をスタートしたばかりの初心者におすすめの通貨ペアについてご紹介します。

そもそも「通貨ペア」って何のこと?

そもそも「通貨ペア」って何のこと?

「通貨ペア」とは、売買する2つの異なる通貨の組み合わせのことです。

例えば、「米ドル/円」の場合は米ドルと日本円が、「ユーロ/円」の場合、ユーロと日本円が通貨ペアになります。

このように通貨ペアは「/(スラッシュ)」で区切られており、左側が「主軸通貨」、右側が「決済通貨」を示しています

「米ドル/円」であれば、日本円で米ドルを売買するということです。

さまざまな種類の通貨ペアがありますので、その中から自分で選択してトレードすることになります。

通貨ペアは国際標準で定められた通貨コードによって、次のように表記されます。

世界各国それぞれ通貨を持っていますが、FXで取引ができる通貨は約20種類ほどです。

対象となるのは、主要国通貨と言われるアメリカの米ドルやヨーロッパのユーロ、日本の円などに加え、メキシコのペソやトルコのトルコリラなどの新興国通貨があります。

通貨ペアの選び方とは?押さえておくべき5つのポイント

通貨ペアの選び方とは?押さえておくべき5つのポイント

通貨ペアについてはご理解いただけたことでしょう。

次は通貨ペアを選ぶときのポイントを5つ解説します。

取引量が多い通貨ペアを選択する

FXで収益を上げていくためには、テクニカル分析をうまく活用することが必要不可欠です。

取引量が多いほど比較的安定的な値動きをするため、より精度の高いテクニカル分析が可能になります。

逆に取引量が少ないと、突発的な要因で価格が大きく変動することも考えられるため、分析がうまく機能しない可能性が高くなってしまいます。

それでは戦略的に取引することができませんので、ギャンブルと同じです。

たまたま運が良ければ利益が得られることもあるかもしれません。

しかし、今後も継続してFXで稼いでいこうと考えているのであれば、取引量の多い通貨ペアを選んで取引するようにしましょう

では、実際どの通貨ペアの取引量が多いのでしょうか?

取引量が多い通貨ペアは、米ドルとの組み合わせの取引が圧倒的に多く、約9割を占めています

日本人にとって馴染みのある円が上位にあることは、通貨ペアを選ぶにあたりプラス材料と言えるでしょう。

ドルストレートを選ぶ

ドルストレートとは、米ドルが含まれた通貨ペアのことをいいます。

例えば、米ドル/円やユーロ/米ドルなどもドルストレートです。

為替市場は米ドルを中心に動いていますので、経済指標のタイミングで値が大きく動くことはありますが、比較的自然な値動きで予測がしやすい点が特徴です。

一方、クロスペアというものもあります。

ユーロ/円やユーロ/英ポンドなど、米ドル以外を組み合わせた通貨ペアのことで、その中でも円が含まれているものを「クロス円」といいます

例えば、ユーロ/円の取引をする場合、日本円をまずはドルに換えて、そのドルでユーロの売買を行います。

目に見えないところで取引が行われているため、知らなかった方もいらっしゃるのではないでしょうか?

このようにドル以外の通貨を売買するには、一度ドルに交換するという手間が発生しているのです。

そのため、クロスペアは2つの通貨ペアの値動きに影響を受けます

結果的に値動きが激しくなりますので、初心者にはあまりおすすめできません

特に「円は馴染みがあって、安心感があるから…」と、根拠もなくクロス円の通貨ペアで取引をしてしまうと、値動きに対応できず思わぬ損失に繋がる可能性もありますので、選ぶのはやめておきましょう。

通貨ペアの特徴を押さえる

通貨ペアごとに、値動きの特徴があります。

「為替レートはどのくらいのスピードで変動するのか」「時間帯によって変動スピードに変化はあるのか」「変動幅はどれくらいか」など、実際にチャートを観察することで感覚を身に付けることが可能です。

また、ファンダメンタルズに影響を与える経済発表があった際、どのような相場の動きをしたかどうかも忘れずにチェックしておきましょう。

デモトレードを繰り返し行い、値動きのクセを押さえておくことが重要です。

トレードスタイルで選ぶ

トレードスタイルによって、選ぶべき通貨ペアが変わってきます。

「スキャルピング」「デイトレード」「スイングトレード」の取引スタイル別にどの通貨ペアが良いか、見ていきましょう。

自分のトレードスタイルを決める際のポイントについては、こちらの記事をご参照ください。

スキャルピング

スキャルピンとは、数秒から数十秒の取引を1日に何度も繰り返し行い、短時間で小さな利益を積み重ねていくトレードスタイルです。

多いときは数百回のトレードを実行するため、スプレッドと呼ばれる取引コストも多くかかってきます。

通貨ペアによってスプレッドは異なります。

1回1回の取引ごとにスプレッドを支払わなければなりませんので、スキャルピングではスプレットが低い通貨ペアを選んで取引しましょう

デイトレード

スキャルピングに比べて1回の取引に数分から数時間と長くポジションを持ちますが、翌日まで持ち越さず1日で取引を終えるトレードスタイルです。

スプレッドの低さも考慮すべきですが、相場の変動が一方に偏っている場合には、デイトレードで得られる利益が大きくなりますので、取引する通貨ペアでトレンドが発生しているかどうか見極めることが重要です。

スイングトレード

スイングトレードとは、数日から数週間にわたってポジションを保有し取引を行うトレードスタイルです。

長期間ポジションを持っており取引回数は少ないため、スプレッドは気にしなくて良いでしょう。

デイトレードと同様、トレンドが発生しているかどうか、また値動きが大きいかどうかが通貨ペアを選ぶときに重視すべきポイントです。

情報収集のしやすさ

FXで稼ぐためには情報収集は欠かせません。

特に、為替の動きを左右する各国の経済指標の動向には注意を払う必要があります。

FX会社のホームページで紹介されていたり、主要国であればニュースで報道されたりしますので、常にアンテナをはっておきましょう。

一方、一部の発展途上国などは情報収集が困難な場合もあるため、通貨ペアとしては避けた方が良いでしょう。

まずは「米ドル/円」の通貨ペアから始めましょう

通貨ペアを選ぶ際の5つのポイントを踏まえ、初心者におすすめするペアは「米ドル/円」です。

「米ドル/円」はFXの代表的な通貨ペアで、取引量も多さやスプレッドの低さという条件を満たしています。

また、米ドルは世界の基軸通貨なので、通貨としての安定性も高いです。

日本円との通貨ペアなので馴染みもあり、情報収集もしやすい環境にあります。

まずは「米ドル/円」の通貨ペアで取引の経験と実績を積み、トレードに慣れることから始めましょう。

トレードに慣れてきた方には「ユーロ/米ドル」もおすすめ!

世界で最も取引量の多い通貨ペアが「ユーロ/米ドル」です。

ユーロ/米ドルはトレンドが発生しやすい傾向にあり相場を予測しやすいため、利益を狙いやすいです。

ただし、ユーロは通貨として馴染みのない方も多いと思いますので、無理に取引する必要はありません。

アメリカもEUも世界各国の経済に影響を与える規模なので、相場を分析するだけでも他の通貨ペアの取引に役立てることができます

取引に慣れてきた方は、「ユーロ/米ドル」の通貨ペアも試してみると良いでしょう。

逆におすすめできない通貨ペアはあるの?

逆におすすめできない通貨ペアはあるの?

ずばり、「トルコリラ/日本円」の通貨ペアです。

高金利のため、スワップポイントを目当てに取引する方もいらっしゃいますが、初心者にはおすすめできません。

取引量が少ないことや、情勢不安により相場が急落するなど値動きが激しいことから、リスクが高い通貨ペアです。

金利が高いからという理由だけで取引するのは、思わぬ損失に繋がりますので注意しましょう。

ポイント

仮に「トルコリラ/日本円」で取引する場合には、レバレッジを低く設定し、使用する資金はこの金額までと決めてから行うようにしましょう。

まとめ

まとめ

通貨ペアの選び方について紹介しましたが、FX初心者におすすめする通貨ペアは「米ドル/円」です。

この通貨ペアだけでも利益を得ることはできますので、まずは通貨ペアの特徴を掴むために繰り返し取引を行いましょう。

他の通貨ペアで取引をするのは、トレードに慣れてきてからでも構いません。

経験を積み自分に合っている通貨ペアが何か、見極めていきましょう。

-FX初心者
-, , , ,

Copyright© Liberty&Trade , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.