FXで収入源を作って自由になりたい人の情報サイト

Liberty&Trade

FX初心者

楽天FXは初心者におすすめ?特徴とメリット・デメリットとは

投稿日:2019年5月1日 更新日:

この記事の監修

株式会社インベストメントカレッジ 
吉田健吾

累計12万5000人以上の個人投資家が学ぶ投資スクール「Daily Wealth」の運営責任者。講師には、カリスマFXトレーダーの維新の介を始め、毎年億を稼ぐプロトレーダー、不動産投資歴19年の元祖サラリーマン大家、FX・株・先物・不動産投資、ベンチャーキャピタルなど幅広く精通する大分の投資家など、一流のトレーダー・投資家がいる。

FXの初心者の中には、「どこのFX業者で口座を開設しても変わらない」と思っている人も多いのではないでしょうか?

しかし、FX業者によってサービス内容や使いやすさが大きく異なるため、あらかじめそのFX業者の特徴をよく理解した上で口座を開設することが重要です。

そこで今回は、メジャーなFX業者の1つである楽天FXが初心者にも使いやすいかどうか、特徴やメリット・デメリットについて解説します

楽天FXとは

楽天FXとは

FX業者には、DMMやGMO、SBI、インヴァスト証券、アイネット証券など数多くのFX業者があります。

楽天FXもそのうちの1つです。

楽天FXとは、ネットショッピングの楽天市場や楽天銀行、楽天トラベルなどを手掛けている楽天株式会社の運営するFX業者です。

楽天株式会社は、東証1部に上場している大手企業で、楽天FXの他に国内外の株式や債券、楽ラップというロボアドバイザーによる自動売買などの資産運用全般を手掛けています。

運営会社が大手であるため、規模の小さいFX業者で口座を開設する場合よりも、安心して口座を開設しやすいと言えるでしょう。

楽天FXの特徴

楽天FXの特徴

楽天FXの運営会社が大手であるため、安心して口座を開設できることは分かりましたが、それだけでは使いやすい業者かどうかまで分かりません。

楽天FXが初心者でも使いやすい業者かどうかを知るには、以下の3つの項目について把握しておく必要があります。

  • 取り扱い通貨
  • スプレッド
  • スワップポイント

それぞれの項目について詳しく見ていきましょう。

取り扱い通貨

楽天FXで取り扱っている通貨は以下の26通貨です。

取り扱い通貨

クロス円(14種類):ドル、ユーロ、ポンド、豪ドル、NZドル、ランド、カナダ、スイス、

香港ドル、SGドル、Nクローネ、トルコリラ、人民元、メキシコペソ

クロスドル(4種類):ユーロ、ポンド、豪ドル、NZドル

クロススイス(5種類):ドル、ポンド、ユーロ、豪ドル、NZドル

クロスポンド(1種類):ユーロ

クロスNZドル(1種類):豪ドル

クロスカナダ(1種類):ドル

※2019年4月時点

取扱数が多いFX業者の中には、50以上の通貨を取り扱っている業者もありますが、DMMとGMOが20通貨、SBIが26通貨であることを考えると、十分な取扱数と言えるでしょう。

合わせてチェック!
FXで成功するには通貨選びが重要!初心者におすすめの通貨とは

この記事の監修 株式会社インベストメントカレッジ  吉田健吾 累計12万5000人以上の個人投資家が学ぶ投資スクール「Daily Wealth」の運営責任者。講師には、カリスマFXトレーダーの維新の介 ...

続きを見る

スプレッド

スプレッドとは、売値と買値の差です。

楽天FX の各通貨のスプレッドは以下の通りです。

各通貨のスプレッド

クロス円(14種類):ドル(0.3)ユーロ(0.5)、ポンド(1.0)、豪ドル(0.7)、

NZドル(3.9)、ランド(1.0)、カナダ(3.9)、スイス(5.9)、香港ドル(2.9)、

SGドル(4.9)、Nクローネ(3.9)、トルコリラ(6.8)、人民元(1.8)、メキシコペソ(0.5)

クロスドル(4種類):ユーロ(0.4)、ポンド(1.0)、豪ドル(1.9)、NZドル(4.0)

クロススイス(5種類):ドル(5.0)、ポンド(5.0)、ユーロ(5.0)、豪ドル(7.0)、

NZドル(8.0)

クロスポンド(1種類):ユーロ(4.0)

クロスNZドル(1種類):豪ドル(12.0)

クロスカナダ(1種類):ドル(1.6)

※2019年4月時点

スプレッドは、FX業者の手数料のようなものです。

そのため、FX業者ごとにスプレッドの設定がそれぞれ異なるため、口座開設前にしっかり確認しておきましょう。

スワップポイント

スワップポイントとは、通貨間の金利差による利息です。

楽天FXの各通貨のスワップポイントは以下の通りです。

各通貨のスワップポイント

クロス円(4種類):ドル(売:-93、買:70)、カナダ(売:-45、買:30)、

SGドル(売:-50、買:25)、メキシコペソ(売:-12、買:8)

クロスカナダ(1種類):ドル(売:-0.45、買:0.15)

※2019年4月時点

金利の低い通貨で金利の高い通貨を取引すれば金利差による利息が得られますが、金利の高い通貨で金利の低い通貨を取引すれば利息を支払うことになります。

そのため、取引時はFX業者のスワップポイントを確認しておくことも重要と言えるでしょう。

合わせてチェック!
FX初心者はスワップポイント狙いが安全?メリットデメリットとは

この記事の監修 株式会社インベストメントカレッジ  吉田健吾 累計12万5000人以上の個人投資家が学ぶ投資スクール「Daily Wealth」の運営責任者。講師には、カリスマFXトレーダーの維新の介 ...

続きを見る

楽天FXのメリットとは

楽天FXのメリットとは

楽天FXで口座を開設することにはどんなメリットがあるのでしょうか?

楽天FXで口座を開設するメリットは主に以下の3つです。

  • 低スプレッドに設定されている
  • スマホアプリに対応している
  • MT4に対応している

それぞれのメリットについて詳しく見ていきましょう。

低スプレッドに設定されている

メリットの1つ目は、低スプレッドに設定されていることです。

FX業者によってもしくは通貨によってそれぞれスプレッドが異なっていますが、スプレッドが高い場合はそれだけ取引にかかるコストが大きくなることを意味します

数日間保有して大きな値幅を狙うスイングトレードでは、スプレッドが気にならないかもしれません。

しかし、スキャルピングやデイトレードなどの1日に何度も取引する方法では何度も手数料がかかるので大きな差が出ます。

楽天FXは低スプレッドであるため、何度も取引するスキャルピングやデイトレードでも無駄なコストを抑えられるでしょう。

スマホアプリに対応している

メリットの2つ目は、スマホアプリに対応していることです。

FXは、土日を除いて24時間取引できるのが魅力ですが、パソコンでの取引にしか対応していない業者であれば、出先で取引できません。

しかし、スマホアプリに対応している楽天FXであれば取引できる機会が増えるため、機会損失をなくして効率良く利益を出せるでしょう。

MT4に対応している

メリットの3つ目は、MT4に対応していることです。

MT4とは、FXの取引ツールのことで、高いカスタマイズ性から世界中の投資家に利用されています。

50種類以上のテクニカル指標を利用できるので戦略を立てやすいほか、EAという自動売買プログラムを導入すれば寝ている間も自動で取引してくれるので効率良く取引できます。

FX業者の中でもMT4を取り扱っている業者は少ないため、MT4に対応している楽天FXは、初心者にとって魅力的と言えるでしょう。

楽天FXのデメリットとは

楽天FXのデメリットとは

楽天FXには、「低スプレッドに設定されている」「スマホアプリに対応している」といったメリットがありましたが、デメリットはどんなものがあるのでしょうか?

楽天FXで口座を開設する主なデメリットは以下の2つです。

  • マイナー通貨のスプレッドが高い
  • スワップポイントがあまり高くない

それぞれのデメリットについて詳しく見ていきましょう。

マイナー通貨のスプレッドが高い

デメリットの1つ目は、マイナー通貨のスプレッドが高いことです。

低スプレッドであるというメリットについて触れましたが、低スプレッドはメジャー通貨だけで、マイナー通貨のスプレッドは比較的高めです。

そのため、米ドル/円、ユーロ/ドルといったメジャー通貨の取引をメインとする場合には問題ありませんが、マイナー通貨の取引も加えたい人にはコストが多くなるでしょう。

スワップポイントがあまり高くない

デメリットの2つ目は、スワップポイントがあまり高くないことです。

金利差のある通貨の取引をした場合にはスワップポイントが発生します。

しかし、楽天FXは、取り扱っている26通貨のうち5通貨しかスワップポイントが得られません。

スワップポイントが得られる通貨が少ないことは、反対にマイナスのスワップポイントが発生しないのでメリットとも言えますが、スワップポイントを狙った取引をしたい人にはあまり適していないと言えるでしょう。

まとめ

まとめ

日本には数多くのFX業者があります。

「どのFX業者で取引を始めても同じ」と思っている人もいるかもしれませんが、スプレッドやスワップポイントに差があるため、業者によって何が違うのかを理解しておくことが重要です。

楽天FXは、「低スプレッド」「自動売買が可能なMT4に対応している」といったメリットがある一方で、「マイナー通貨のスプレッドが高い」「スワップポイントが高くない」といったデメリットがあります。

運営が大手なので初心者でも安心ですが、使いにくい場合は取引に影響が出るため、メリットとデメリットを総合的に判断しながら業者を選びましょう。

合わせてチェック!
【最新版】人気FX10社の特徴・ポイントを徹底比較!

この記事の監修 株式会社インベストメントカレッジ  吉田健吾 累計12万5000人以上の個人投資家が学ぶ投資スクール「Daily Wealth」の運営責任者。講師には、カリスマFXトレーダーの維新の介 ...

続きを見る

-FX初心者
-, , ,

Copyright© Liberty&Trade , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.