FXで収入源を作って自由になりたい人の情報サイト

Liberty&Trade

FX初心者

FXで稼ぐにはルールを作ることが重要!厳選ルール6選

投稿日:2019年4月8日 更新日:

この記事の監修

株式会社インベストメントカレッジ 
吉田健吾

累計12万5000人以上の個人投資家が学ぶ投資スクール「Daily Wealth」の運営責任者。講師には、カリスマFXトレーダーの維新の介を始め、毎年億を稼ぐプロトレーダー、不動産投資歴19年の元祖サラリーマン大家、FX・株・先物・不動産投資、ベンチャーキャピタルなど幅広く精通する大分の投資家など、一流のトレーダー・投資家がいる。

FXを行っている人の中には、「利益を安定して得られない」「同じ失敗を繰り返す」など、FXで結果を出せずに悩んでいる人も多いのではないでしょうか?

FXで安定して稼ぐ人には、自分のルールを作って取引に臨んでいるという特徴があります。

では、どのようなルールを作ればいいのでしょうか?

そこで今回は、FXで安定して稼ぐためのルールを6つご紹介します

FXはギャンブルではない

FXはギャンブルではない

「FXは上がるか・下がるかのどちらかに掛けるのだから、コインの裏・表と同じで勝率は50%だ」と思っている人もいるかもしれませんが、そんなことはありません。

もし、そんな感覚でFXに臨んでいる場合には、それは資産運用ではなくギャンブルです。

FXは株式投資と同じで、資産運用の1つです

株式投資では、株価が業績などと連動して上下に変動するように、FXも経済状況などと連動して上下に変動します。

そのため、変動要因を理解しておけば、ある程度為替変動を予想できるので勝率を高められます

このように、FXはギャンブルではなく、事前に知識をしっかりと身に付けることで勝率を高められる資産運用と言えるでしょう。

損小利大を心がけることが重要

いくら知識を身に付けることによって勝率を高められると言っても、100%の勝率になるというわけではありません。

FXで億を稼いだという億トレーダーでも、毎回の取引で利益を出しているわけではなく、「損小利大」を心がけた取引を行っています。

損小利大とは、FXでの損失を小さく抑えて利益を大きくするという考え方です。

例えば、勝率50%のトレーダーが1回の利益を1万円、損失を5,000円に抑えた場合には、1回の取引で5,000円の利益を得られます。

勝率50%のトレーダーでも、損小利大を心がけながら取引を行えば、安定した利益が期待できるでしょう。

FXで稼ぐためのルール6選

FXで稼ぐためのルール6選

FXは決してギャンブルではなく、事前に知識を身に付けることや損小利大を心がければ、リスクを抑えながら安定した利益が期待できる資産運用です。

FXを行っている際に、考え方がぶれてしまっては安定した利益を得られません。

そのため、FXで安定して稼ぐには、上記の心がけ以外にも以下の6つのルールを心がけながら取引を行うことが重要です。

  1. 基本は順張りで取引を行う
  2. レバレッジを高く設定しない
  3. 通貨選びをしっかりと行う
  4. 損切りラインを決めておく
  5. 自信がない時は取引しない
  6. なるべくデイトレードを選択する

それぞれのルールについて見ていきましょう。

基本は順張りで取引を行う

順張りとは、為替変動が上昇トレンドの場合には買いポジション、下降トレンドの場合には売りポジションで取引に参加するという方法です。

トレンドとは、どちらか一方の需要が高くなっている状況です。

例えば、上昇トレンドでは買い需要が高い、下降トレンドでは売り需要が高いなどです。

つまり、トレンドに合わせた取引を行えば周囲の流れに合わせた取引を行っているため、安定した利益が期待できます。

一方で、トレンドと反対の取引を行うことを逆張りと言います。

逆張りは、トレンド転換のタイミングに合わせられれば大きな利益が期待できますが、トレンドがそのまま継続した場合には損失が生じる可能性があるので注意が必要です。

FXで稼ぐには、比較的勝率が高い順張りを選択した方が良いと言えるでしょう。

レバレッジを高く設定しない

FXはレバレッジを掛けることで、自己資金以上の取引ができるという特徴がありますが、レバレッジを高くするということはそれだけリスクが高くなります。

損小利大を心がける場合には、リスクは最小限に抑えなければならないため、レバレッジを低く設定して無駄なリスクを負わないことが重要です。

特にFXの取引に慣れてきて、利益をある程度出せるようになった人は、レバレッジを高く設定してもっと得られる利益を増やそうとする傾向があるので注意が必要です。

安定して稼ぐためにも、決めたルールを最後まで守るようにしましょう

通貨選びをしっかりと行う

FXでは、取引量が多く為替変動が安定している通貨を選ぶのが基本です。

FXで取引できる通貨には様々な種類がありますが、通貨によって取引量が大きく異なっています。

例えば、米ドルやユーロなどのメジャーな通貨は取引量が多いですが、南アフリカランドやトルコリラなどのマイナーな通貨は取引量が少ないという特徴があります。

取引量が多い通貨は、要人発言やネガティブサプライズが発表された場合でも大きな為替変動があまり生じません

一方、取引量が少ない通貨は、これらの影響を受けやすく大きな為替変動が生じやすいので注意が必要です。

また、取引量が多い通貨はトレンドがハッキリ現れやすいという特徴があります。

順張りで安定して稼ぐためにも、米ドルやユーロといった取引量の多い通貨を選びましょう

損切りラインを決めておく

損小利大を徹底するには、損切りラインを決めておいて、損失を強制的に確定させることが重要です。

例えば、順張りで取引を行っていて含み損が生じた場合は、予想が外れたことを意味するため、トレンドに転換している可能性があります。

そうなると、長く持っていても含み損が小さくなる可能性は低いので早めの損切りが重要です。

しかし、ほとんどのトレーダーは損切りによって損失を確定させることに抵抗があるため、なかなか損切りできません。

損切りできないということは、含み損がどんどん膨らむほか、次のチャンスに備えたくても資金が拘束されているのでチャンスを失ってしまいます。

事前に損切りラインを設定すれば、自分が設定した最小限の損失に抑えられるだけでなく、次のチャンスにも備えられるので機会損失を防げるでしょう。

自信がない時は取引しない

FXは24時間取引できるため、仕事などで働いているとき以外はいつでも取引を行うことが可能です。

しかし、24時間取引できると言っても、毎日取引しなければならないわけではありません。

特に、トレンドがハッキリ現れていない場合や地政学的リスクが高い場合には為替変動が不安定になりやすく、取引を行わない方が良いと言えます。

損小利大を心がけるのであれば、トレンドがハッキリ現れている時に絞って取引を行った方が稼ぐ条件が整っている状況と言えるでしょう。

なるべくデイトレードを選択する

FXでは、要人発言やネガティブサプライズなどで急な為替変動が生じる可能性があるため、日をまたいだ取引ではなく、その日のうちに取引を完結させる取引の方が良いと言えます。

FXには以下の3つの取引手法があります。

  • スキャルピング:数秒~数分で取引を完結させる
  • デイトレード:数十分~1日以内に取引を完結させる
  • スイングトレード:数日~数週間で取引を完結させる

スイングトレードを選んだ場合は、寝ている間に何らかの理由で大きな為替変動が生じて、起きた時にロスカットが生じているリスクがあります。

特にレバレッジを効かせた取引を行っている場合には、スキャルピングやデイトレードといった短期間で取引を完結させる取引手法を選んだ方が良いと言えるでしょう。

まとめ

まとめ

FXで同じ失敗を繰り返す人はギャンブル感覚でFXを行っているなど、自分の中でルールを確立できていない人が多いと言えます。

FXで安定した利益を出している人は、それぞれ独自のルールに基づいて取引を行っています

例えば、「基本は順張りで取引を行う」「レバレッジを高く設定しない」などです。

これらのルールは人によって異なりますが、取引を繰り返す中で安定して稼ぐルールを自分の中で見つけていきましょう。

-FX初心者
-, ,

Copyright© Liberty&Trade , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.