FXで収入源を作って自由になりたい人の情報サイト

Liberty&Trade

FX初心者

FXは1000通貨から取引できる?1000通貨単位の特徴とは

投稿日:

この記事の監修

株式会社インベストメントカレッジ 
吉田健吾

累計12万5000人以上の個人投資家が学ぶ投資スクール「Daily Wealth」の運営責任者。講師には、カリスマFXトレーダーの維新の介を始め、毎年億を稼ぐプロトレーダー、不動産投資歴19年の元祖サラリーマン大家、FX・株・先物・不動産投資、ベンチャーキャピタルなど幅広く精通する大分の投資家など、一流のトレーダー・投資家がいる。

FXの取引を手掛ける業者のほとんどは、FXの最小取引単位を1万通貨に設定しています。

1万通貨ということは、1通貨100円の場合は100万円の資金が必要です。

いくらレバレッジ25倍で取引しても、取引に必要な証拠金は25分の1の4万円なので、取引を始めるには敷居が高いと言えます。

1通貨や1000通貨で取引することはできないのでしょうか?

そこで今回は、FXは1000通貨から取引できるのか、1000通貨単位の特徴を解説します

FXは1000通貨から取引できる?

FXは1000通貨から取引できる?

FXはFX業者ごとに最小取引単位が決められています。

例えば、最小取引単位が1万通貨のFX業者で1通貨100円の通貨を取引する場合、100円×1万通貨で100万円の資金が必要です。

しかし、FXにはレバレッジという制度があります

レバレッジとは、自己資金以上に取引できる制度で、各FX業者で上限が異なりますが、最大25倍までレバレッジを引き上げることが可能です。

25倍までレバレッジを引き上げれば、取引に必要な証拠金を25分の1に抑えられるため、4万円でFXを始めることが可能です。

「それでも4万円か」と思った人もいるかもしれませんが、少しでも資金を抑えたい人には最小取引単位の小さいFX業者で取引を始めるという方法があります。

最小取引単位を1万通貨に設定しているFX業者が多いですが、1通貨や1000通貨に業者もあります

1000通貨単位でFXを始めることにはどのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか?

1000通貨単位のメリット

1000通貨単位のメリット

1万通貨と比べると、1000通貨は取引規模が10分の1です。

1000通貨単位で取引する主なメリットとして以下の4つが挙げられます。

  • 少額から取引できる
  • 取引のリスクを抑えられる
  • 初心者でも始めやすい
  • 複数のポジションを持つことができる

それぞれのメリットについて詳しく解説します。

少額から取引できる

1通貨100円の場合には、1万通貨取引するのに100万円、レバレッジ25倍でも4万円の資金が必要です。

しかし、1000通貨の取引では10分の1の10万円、レバレッジ25倍では4000円の資金で取引できます。

1万円しか資産運用に回せないという人でも、1000通貨であれば取引できるため、少額から取引できるのが1000通貨取引の大きな魅力です。

また、資金に余裕がある人の中には、レバレッジを下げて取引リスクを少しでも抑えたいという人もいます。

仮に証拠金以上の損失が生じないように、レバレッジ1倍で取引する場合でも、1000通貨単位であれば10万円程度で取引できます

取引の選択肢が増えることも1000通貨単位の大きな魅力と言えるでしょう。

取引のリスクを抑えられる

日本国内のFX業者には、ロスカットが採用されています。

ロスカットとは、証拠金以上の損失が生じないようにするために、FX業者があらかじめ定めている証拠金の維持率以下に達した場合に強制決済する仕組みです。

この仕組みでトレーダーが証拠金以上の損失を抱えることがないように守られています。

しかし、フラッシュクラッシュという急な為替変動が生じた場合には、ロスカットが正常に作動せずに証拠金以上の損失が生じる可能性も。

ただ、1万通貨より規模が小さい1000通貨で取引していれば、フラッシュクラッシュが発生しても損失を小さく抑えることが可能です。

自動売買の進歩やロスカットの仕組みの影響によって、昔よりもフラッシュクラッシュが生じやすくなっています

1000通貨単位の取引であれば、取引のリスクを抑えられるため、安心して取引できるでしょう。

初心者でも始めやすい

学生や社会人になってすぐという人の中には、FXに興味を持っている人も多いと思います。

しかし、1万通貨の場合、最低でも数万円の資金が必要になるため、収入が少ない人たちは容易に始めることができません。

1000通貨単位の場合は、数千円の資金で取引を始められるため、収入が少ない人たちでもFXを始めやすいと言えます。

1000通貨単位のFX業者は1000通貨でしか取引できないわけではありません。

1000通貨のポジションを10個保有すれば1万通貨の取引と同じになります

知識や経験の少ない初心者のうちは1000通貨で取引を行い、取引に慣れてから取引単位を増やすこともできるため、1000通貨単位で取引できる口座は大きな魅力があると言えるでしょう。

複数のポジションを持つことができる

資産運用を行う際は、リスク分散の観点から1つの通貨ペアだけでなく複数の通貨ペアを保有した方が良いと言えます。

しかし、1万通貨で複数のポジションを保有する場合は、各通貨ペアあたり数万円の資金が必要になるため、資金が豊富にないとリスク分散ができません。

たあ、1000通貨で複数のポジションを保有する場合、各通貨ペアあたり数千円の資金で良いため、複数のポジションを保有しやすいと言えます。

相対関係にある通貨ペアを保有する、リスクが高くなった際にプラスに転じる通貨ペアを保有するなど、複数のポジションを保有することでより取引リスクを抑えることができるでしょう。

1000通貨単位のデメリット

1000通貨単位のデメリット

FXを1000通貨単位で取引することには、少額から取引できる・取引のリスクを抑えられるといったメリットがありましたが、何かデメリットはあるのでしょうか?

1000通貨単位で取引するデメリットは以下の2つです。

  • 利益が得にくい
  • 取引できる口座が限られる

それぞれのメリットについて詳しく見ていきましょう。

利益が得にくい

FXを1000通貨単位で取引するということは、1万通貨単位で取引するよりも取引に必要な資金を抑えることができるというメリットがありました。

また、取引で発生する損失を10分の1に抑えられるというメリットもありました。

しかし、得られる利益も10分の1になるので注意が必要です。

例えば、1通貨100円の通貨を1万通貨保有していた場合、101円になると1万円の利益が得られます。

しかし、1000通貨の場合、101円になっても1000円の利益しか得られません。

安定した為替変動が特徴で、FX初心者に向いている米ドル/円の通貨ペアは、1日に1%の為替変動が生じることはほぼありません

そのため、「FXで大きな利益を得たい」と思っている人には、1000通貨単位の取引はあまりおすすめできないと言えるでしょう。

取引できる口座が限られる

FX業者ごとに最小取引単位は異なりますが、1万通貨に設定しているFX業者が多いという傾向がありました。

そのため、1000通貨で取引を始めたい場合には、限られたFX業者から選ばなくてはなりません。

例えば、限られたFX業者のスプレッドが広く設定されていて取引するたびに取引手数料が重んでしまう、通貨ペアの種類が少なくて、様々な通貨ペアでの取引ができない可能性があります。

また、スワップポイントを狙って取引しようと思っていても、スワップポイントが低く設定されている、システムが使いづらい可能性も。

少しずつ1000通貨単位で取引できるFX業者が増えているため、取引環境が改善されつつありますが、1万通貨よりも選択肢が少ないという点に注意が必要です。

まとめ

まとめ

FXの最小取引単位はFX業者ごとにそれぞれ異なっています。

しかし、ほとんど1万通貨に設定されており、取引を始めるにはある程度の資金が必要です。

中には、1000通貨を最小取引単位に設定しているFX業者もあります。

1000通貨の場合には、少額から取引できる・取引のリスクを抑えられるというメリットがある一方、利益が得にくい・取引できる口座が限られるというデメリットがあります

FX業者が限られることで、取引環境が悪くなる可能性もあるため、FX業者選びをしっかり行うようにしましょう。

-FX初心者
-, , , ,

Copyright© Liberty&Trade , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.