FXで収入源を作って自由になりたい人の情報サイト

Liberty&Trade

テクニック

忙しい人でも気軽にできる?初心者におすすめFXの自動売買とは

投稿日:2019年1月21日 更新日:

この記事の監修

株式会社インベストメントカレッジ 
吉田健吾

累計12万5000人以上の個人投資家が学ぶ投資スクール「Daily Wealth」の運営責任者。講師には、カリスマFXトレーダーの維新の介を始め、毎年億を稼ぐプロトレーダー、不動産投資歴19年の元祖サラリーマン大家、FX・株・先物・不動産投資、ベンチャーキャピタルなど幅広く精通する大分の投資家など、一流のトレーダー・投資家がいる。

FXは土日を除いて24時間取引を行うことができるため、FXを専業として行っている人も多くいます。

しかし、中にはFXに興味があるものの、まとまった時間が取れず、なかなか安定した取引を行うことができないで悩んでいる人も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、FXに関する知識が少ない初心者や取引を行う時間がない人におすすめするFXの自動売買について詳しく解説していきます。

FXの自動売買とは

FXの自動売買とは

AI(人工知能)によって自動売買を行うロボアドバイザーが注目されていますが、FXには自動売買はないのでしょうか?

FXにも自動売買はあります。FXの自動売買とは、あらかじめ決めておいたプログラム通り機械的に自動売買を行うというものです。

ロボアドバイザーの場合には、ロボアドバイザーの質問にいくつか答えるだけで自動的に銘柄の選択なども行ってくれます。

しかし、FXの自動売買の場合には、ある程度は自分で自動売買を行うためのプログラムを決める必要があるため、最低限の知識は身に付けておいた方が良いと言えるでしょう。

自動売買のシステムは全部で5種類

自動売買のシステムは全部で5種類

自動売買と一口に言っても、そのシステムの種類は数多くあります。

FXの主な自動売買のシステムは以下の5種類です。

  • リピート注文型
  • ストラテジー選択型(ミラートレーダー系)
  • ストラテジー選択型(オリジナル系)
  • ストラテジー自己設定型
  • ストラテジー開発型(MT4系)

それぞれのシステムの特徴について見ていきましょう。

リピート注文型

FXの為替変動は、ほとんどがレンジ相場と言われています。

レンジ相場とは、同じ価格の間で上下を繰り返す為替変動のことです。

そのレンジに合わせて自動で売買を行うのがリピート注文型です。

購入価格と売却価格をあらかじめ決めておくだけで、後はその価格になった場合に自動で売買を繰り返してくれます。

自動売買を行う際には、複雑なプログラミングなどを必要としないため、FXの初心者でも手軽に始められる自動売買のシステムと言えるでしょう。

ストラテジー選択型(ミラートレーダー系)

ストラテジー選択型は、ミラートレーダー系とオリジナル系の2種類に分かれます。

ミラートレーダー系では、ストラテジーというあらかじめ用意されている取引システムの中から自分に合ったものを選択します

数百種類あるストラテジーの中から、自分が気に入ったトレード手法を選んでセットしておくだけで、24時間自動で取引を行ってくれるため、誰でも簡単に取引を行うことが可能です。

ポイント

プロのFXトレーダーが使用しているようなトレード手法を手軽に実践できるという特徴がありますが、細かな設定ができないほか多額の証拠金が必要であるため、少額から始めたい人やトレード手法にこだわりがある人には向かないと言えるでしょう。

ストラテジー選択型(オリジナル系)

ストラテジー選択型のオリジナル系とは、ミラートレード以外のストラテジーのことです。

FX業者が独自で自動売買システムを開発して提供しています。

例えば、運用成績を公開している人のトレード手法がそのままストラテジーになっていてそれを真似するのもオリジナル系です。

ポイント

ミラートレーダー系は数百種類の中から選ぶため、どれにするか悩んでしまいがちですが、オリジナル系はFX業者ごとに様々なストラテジーがあるほか、それらがランキング形式になっている業者もあるため、初心者でも選びやすいと言えるでしょう。

ストラテジー自己設定型

ストラテジー自己設定型とは、自分で自動売買のルールを自由に作成するものです。

FXの知識が少ない人にとっては、選択型であるミラートレーダー系やオリジナル系がおすすめですが、これらのストラテジーは完璧というわけではありません。

ストラテジー自己設定型とは、カスタマイズすることで取引の勝率をより高く保つことができるようになります。

しかし、カスタマイズするということは、それなりにFXに関する知識が必要になるため、初心者にはあまり向かないと言えるでしょう。

ストラテジー開発型(MT4系)

ストラテジー開発型のMT4系とは、MT4のストラテジー開発機能を活用して、ゼロから自分好みのストラテジーをプログラミングするものです。

ストラテジー自己設定型よりも自由にストラテジーを作ることができるという特徴があるものの、専門的なプログラミングの知識やスキルだけでなくFXに関する知識も必要となるため、1から開発することは初心者には厳しいと言えます。

しかし、海外ではMT4の開発が活発で、インターネット上で自分が作成したストラテジーを無料でダウンロードできるようにしている人もいます。

ダウンロードする場合には、1から自分で開発するよりも手軽に始めることができますが、説明が英語表記であるなどの問題もあるため、ダウンロードする際は十分な注意が必要と言えるでしょう。

FXの自動売買の特徴について

FXの自動売買の特徴について

FXの自動売買には様々なシステムがあることが分かりましたが、自動売買にはどのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか?

FXの自動売買を選択した場合のメリットとデメリットについて詳しく見ていきましょう。

自動売買のメリット

自動売買を選択した場合のメリットは主に以下の3つです。

  • 取引に時間を縛られることがない
  • 初心者でも結果を出しやすい
  • リスクを抑えることができる

最初にシステムを選択するかシステムを設定するだけで、後は自動で売買が行われるため、ずっとチャートを眺めている必要がありません

そのため、FXの取引を行う際、時間に縛られることがないことが大きなメリットと言えます。

また、プロのFXトレーダーが使用しているようなトレード手法を手軽に実践できるため、専門的な知識を有していない初心者でも結果を出しやすいと言えます。

感情のコントロールがうまくできずに失敗を積み重ねるリスクだけでなく、利確や損切のタイミングが分からずに失敗を積み重ねるリスクを抑えることができるでしょう。

自動売買のデメリット

自動売買を選択した場合のデメリットは主に以下の3つです。

  • 資金がある程度必要な場合がある
  • システムの中には詐欺も多い
  • 取引の手数料が高い

自動売買の中には、複数のポジションで取引を行うものもあるため、資金が少ない場合には得られる利益が少なくなってしまうというデメリットがあります。

また、ストラテジー開発型のシステムで、インターネット上に公開されているものの中には、信憑性の低い詐欺まがいのものもあります。業者が公表しているオリジナル系のものでも、公表している運用成績がでたらめの場合もあるので注意が必要です。

注意ポイント

株式投資などで他の人に運用してもらう場合の投資信託やラップ口座などの取引手数料が高いのと同様、自動売買も自分で取引を行う場合より手数料が高いのが一般的であるため、注意しましょう。

まとめ

まとめ

FXは土日を除き24時間取引ができますが、日中働いているサラリーマンは24時間好きな時間に取引ができるわけではありません。

しかし、FXの自動売買の場合は、最初の設定をしっかりと行っていれば、後は自動で取引を行ってくれます

そのため、FXに関する知識が少ない初心者でも、最初にどの自動売買のシステムを使うか選ぶだけで手軽に始められるため、おすすめの取引方法と言えます。

FXの自動売買には、時間を有効に使うことができるほか、初心者でも結果を出しやすいというメリットがありますが、詐欺まがいのシステムもあるほか、手数料が高いといったデメリットもあるため、それらをよく考えた上で自動売買を始めるようにしましょう。

-テクニック
-, ,

Copyright© Liberty&Trade , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.