FXで収入源を作って自由になりたい人の情報サイト

Liberty&Trade

FX初心者

FXの損益計算はどうやって行う?損益計算のやり方を解説

投稿日:2020年3月1日 更新日:

この記事の監修

株式会社インベストメントカレッジ 
吉田健吾

累計12万5000人以上の個人投資家が学ぶ投資スクール「Daily Wealth」の運営責任者。講師には、カリスマFXトレーダーの維新の介を始め、毎年億を稼ぐプロトレーダー、不動産投資歴19年の元祖サラリーマン大家、FX・株・先物・不動産投資、ベンチャーキャピタルなど幅広く精通する大分の投資家など、一流のトレーダー・投資家がいる。

株式投資の場合には、「売却価格×保有数-購入価格×保有数」で損益計算を行いますが、FXの場合には、レバレッジが関わってくるため、少し計算方法が複雑になります。

また、毎日スワップポイントも受け取れることから、一見取引で損失が生じているようでもスワップポイントで打ち消している可能性もあるため、損益計算をしっかりと行いながら取引することが重要です。

そこで今回は、FXの損益計算の行い方について分かりやすく解説します

FXの損益計算はどうやって行う?

FXの損益計算はどうやって行う?

FXでは、レバレッジによって自己資金以上の取引ができるため、損益計算を行う際は少し計算方法が複雑になります。

また、通貨ペア間の金利差で毎日受け取れるスワップポイントを損益計算に加える場合はさらに損益計算の方法が複雑になるので注意が必要です。

損益計算がスムーズにできなければ、自分が損をしているのか得をしているのかの判断ができないため、決済に至るまでに時間がかかってしまいます

そのため、損益計算の方法を知っておくことはFXで安定した利益を得る上でとても重要と言えます。

一般的な損益計算の方法とスワップポイントを考慮した損益計算の方法を見ていきましょう。

一般的な損益計算の方法

一般的な損益計算の方法は以下の通りです。

売却時の通貨価格×lot×レバレッジ-購入時の通貨価格×lot×レバレッジ

例えば、100円で1万通貨をレバレッジ5倍で購入して102円で売却した場合の損益計算を行うと、「102円×1万通貨×5倍-100円×1万通貨×5倍=10万円」となります。

lotが小さくレバレッジが低ければ利益が小さくなり、lotが大きくレバレッジが高ければ利益が大きくなります

しかし、損失が生じている場合には、lotが大きくレバレッジが高ければ、それだけ損失が大きくなるので注意が必要です。

スワップポイントを考慮した損益計算の方法

スワップポイントを考慮した損益計算では、一般的な計算方法からスワップポイント分を反映させます。

例えば、1日のスワップポイントが1万通貨で70円受け取れる通貨を、30日後に先ほどと同条件で売却した場合の損益計算は以下のようになります。

102円×1万通貨×5倍-100円×1万通貨×5倍+70円×5倍×30日=11万500円

プラスのスワップポイントは利益の上乗せが可能ですが、マイナスのスワップポイントは利益を減らしてしまうので注意が必要です。

また、為替差損が生じていても、スワップポイントで損失を補えていれば損切りを検討するタイミングとも言えるため、損益計算を常に行いながら作戦を練ることが重要と言えるでしょう。

FXで安定した利益を得る上で重要なポイント

FXで安定した利益を得る上で重要なポイント

「FX業者はどこを選んでも大きな違いはない」と思っている人もいるかもしれませんが、そんなことはありません。

FX業者ごとに違いがあるため、少しでも安定した利益を得るためには条件の良いFX業者で口座を開設して取引を始めることが重要です。

FXで安定した利益を得る上で重要なポイントは以下の5つです。

  • スプレッドが狭い
  • スワップポイントが高い
  • スリッページが少ない
  • 特典が多い
  • 手数料がかからない

それぞれのポイントについて詳しく解説します。

スプレッドが狭い

スプレッドとは、買値と売値の差のことです。

FXでトレードを行う際に発生する事実上の手数料です。

このスプレッドの幅が広いと、手数料が高いFX業者ということになるため、取引のたびに損をすることになります。

そのため、FXを始めるにあたって業者を選ぶ際は、スプレッドが狭いFX業者を選ぶことが安定した利益を得る上で必要不可欠です。

FX業者のサイトを見てみると、「業界最狭水準のスプレッド」と書かれているサイトが多々ありますが、全ての通貨ペアのスプレッドが最狭水準に設定されているわけではないので注意が必要です。

自分が取引する予定の通貨ペアのスプレッドが狭いか、相場が閑散としている時間帯でもスプレッドが開くことがないかどうかをしっかり調べた上で口座を開設しましょう。

スワップポイントが高い

スワップポイントとは、通貨ペア間の金利差のことです。

スワップポイントは、トレードで必ず手に入るわけではありません。

スワップポイントがプラスの方向へのエントリーではスワップポイントが得られますが、マイナスの方向へのエントリーではスワップポイントを支払うことになるので注意が必要です。

スワップポイントが高く設定されているFX業者の場合、エントリー方向によっては多くのスワップポイントを得ることが可能です。

そのようなFX業者であれば、為替差損が生じていても、スワップポイントで緩和できます。

そのため、FX業者を選ぶ際は、自分が取引する予定の通貨ペアのスワップポイントが高く設定されているかどうかも重要なポイントと言えるでしょう。

スリッページが少ない

スリッページとは、注文した価格から滑りが生じることです。

スリッページが発生しやすいFX業者では、画面に表示されている価格と異なる価格で約定されやすいため、トレードで損をしやすくなります。

「なぜスリッページが発生するの?」と気になった人もいると思いますが、スリッページが生じる主な原因は、FX業者のシステム力が大きく関係しています。

FX業者のシステム力が低い場合はスリッページが生じやすく、高い場合はスリッページが生じにくいため、画面に表示されている価格でほぼ約定させることが可能です

FXで安定した利益を得たい場合には、システム力が強く、スリッページが生じないことを強みにしているFX業者を選ぶことも重要と言えるでしょう。

特典が多い

日本のFX業者は、そこまで特典が多くありませんが、海外のFX業者の中には入金特典や取引特典などの特典を用意しているFX業者が多くあります。

例えば、入金金額の10%のボーナスを受け取れるFX業者で口座を開設した場合、100万円入金すれば10万円のボーナスを受け取れるため、実質110万円の資金で取引可能です。

また、取引に応じて得られるポイントを証拠金に換算できるFX業者の場合も、取引資金を増やすことが可能です。

積極的にトレードを検討している人の場合は、日本のFX業者よりも海外のFX業者の方がより効率良く資産を増やすことが期待できるでしょう。

手数料がかからない

FXのトレードで生じる手数料はスプレッドだけだと思っている人もいるかもしれませんが、FX業者によっては他の手数料が発生する場合があります。

例えば、ロスカット手数料です。ロスカットとは、高いレバレッジを設定して取引しているトレーダーが、急な為替変動によって大きな損失が生じることがないように、強制決済する仕組みです。

FX業者の中には、このロスカットが作動した場合に、手数料を徴収するFX業者もあるので注意が必要です。

スプレッドが低いFX業者でも、スプレッド以外で手数料を徴収できるように仕組んでいるFX業者もいるので、スプレッド以外の手数料がかからないか事前に確認しておきましょう。

まとめ

まとめ

FXはレバレッジが関係するため、他の資産運用の損益計算より計算方法が複雑になります。

また、通貨ペアの金利差であるスワップポイントも関係するのでさらに損益計算が複雑に。

安定した利益を得るため、適切なタイミングで決済するためにも、FXの損益計算の方法をしっかりと理解しておくことが重要です

また、損益計算の方法を理解するだけでなく利益を安定して得やすいFX業者を選ぶことも重要です。

FX業者を選ぶ際は、この記事に書かれているポイントを押さえながらFX業者を選びましょう。

合わせてチェック!
レバレッジを効かせたFX取引における利益の計算方法とは

この記事の監修 株式会社インベストメントカレッジ  吉田健吾 累計12万5000人以上の個人投資家が学ぶ投資スクール「Daily Wealth」の運営責任者。講師には、カリスマFXトレーダーの維新の介 ...

-FX初心者
-, , , ,

Copyright© Liberty&Trade , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.