FXで収入源を作って自由になりたい人の情報サイト

Liberty&Trade

テクニック

初心者でも安心して取引できる?FXのスキャルピングについて解説

投稿日:2019年1月23日 更新日:

この記事の監修

株式会社インベストメントカレッジ 
吉田健吾

累計12万5000人以上の個人投資家が学ぶ投資スクール「Daily Wealth」の運営責任者。講師には、カリスマFXトレーダーの維新の介を始め、毎年億を稼ぐプロトレーダー、不動産投資歴19年の元祖サラリーマン大家、FX・株・先物・不動産投資、ベンチャーキャピタルなど幅広く精通する大分の投資家など、一流のトレーダー・投資家がいる。

初心者がFXを始める際は、日をまたいで持ち越すことによる価格変動のリスクを少しでも抑えるために、デイトレードを選択する人が多いと言えます。

しかし、短期間で取引を行い、価格変動のリスクを最小限に抑えることができるスキャルピングという方法があることをご存知でしょうか?

そこで今回は、初心者でも安心して取引できる方法の1つであるスキャルピングについて解説していきます。

FXの取引方法は全部で4つ

FXの取引方法は全部で4つ

FXの取引方法と聞くと、デイトレードを想像する人が多いかもしれませんが、取引方法は取引を行う間隔によって全部で以下の4種類に分類されます。

  • スキャルピング
  • デイトレード
  • スイングトレード
  • 長期トレード

それぞれの取引方法について詳しく見ていきましょう。

スキャルピング

スキャルピングとは、数秒~数分の間に取引を行う手法のことです。

為替変動は、長い目で見ると、どちらか一方に偏っているように見えても、1日の間では細かく上下に変動を繰り返しています。

その細かな上下の変動に合わせるように売買を繰り返すことで小さな利益を積み重ねます。

大きなトレンドを気にせず取引を行うことができるほか、世界情勢などの何らかの影響で大きな為替変動が生じた場合でも、影響を受けにくいことが特徴です。

小さな利益を積み重ねるということは、取引中は常にチャートを見ておく必要があるため、取引を行うためのまとまった時間が必要になります。

ポイント

スキャルピングは、自分の時間をある程度確保できる人におすすめと言えるでしょう。

デイトレード

デイトレードとは、数十分~数時間の間に取引を行う手法のことです。

翌日に持ち越さずに1日で取引を終えるという点はスキャルピングと同じであるため、寝ている間に急に為替が変動するリスクを抑えることができます

また、細かく上下に変動を繰り返している場合には、スキャルピングで得られる利益の方が大きくなりますが、一方に変動が偏っている場合には、デイトレードで得られる利益の方が大きくなるため、相場によって使い分けるのがポイントです。

デイトレードでは取引の間隔がスキャルピングよりも長いため、取引中は常にチャートを見ておく必要がありません。

ポイント

デイトレードは、自分の時間を確保しにくい人にもおすすめと言えるでしょう。

スイングトレード

スイングトレードとは、1日~数週間の間に取引を行う手法のことです。

スキャルピングやデイトレードのように持ち越さないのではなく、持ち越すことを前提としているため、為替変動によるリスクが大きくなります

しかし、長期的に変動が一方に偏っている場合には、細かく利確を行うデイトレードよりも利確の間隔が長いスイングトレードの方が得られる利益が大きくなります

大きな利益を得るためにも、相場をよく見極めながら使い分けることがポイントです。

ポイント

自分が決めたタイミングまでじっと我慢して、タイミングがきたらそれに合わせて取引を行うため、常にチャートを見ていることができないサラリーマンなどの兼業トレーダーにおすすめと言えるでしょう。

長期トレード

長期トレードとは、数か月あるいは数年規模で取引を行う手法のことです。

持ち越すことを前提としているため、これ以上にない条件が整った時にじっくりと腰を据えながら取引を行います。

例えば、過去10年を振り返ってみると、豪ドルが一時日本円で50円台に突入したことがありましたが、このような数年に1度の大相場がやってきた場合などには、長期トレードがおすすめです。

また、長期トレードは、為替差益だけでなく、スワップポイントという金利差による利息を得ることもできます。

ポイント

トレンドがハッキリしている場合には、長期トレードを選択した方がより安定した利益が期待できるでしょう。

スキャルピングの特徴

スキャルピングの特徴

それぞれの取引方法には様々な特徴がありましたが、スキャルピングには具体的にどんなメリットやデメリットがあるのでしょうか?

スキャルピングのメリットとデメリットについてそれぞれ詳しく見ていきましょう。

スキャルピングのメリット

スキャルピングの主なメリットは以下の3つです。

  • リスクが小さい
  • 常に取引のチャンスがある
  • 専門的な知識を必要としない

2019年が始まってすぐドル円相場が大きく変動したように、持ち越してしまった場合には、暴落といった激しい相場変動に巻き込まれる可能性があります。

しかし、スキャルピングは持ち越すことがなく取引間隔が短いため、急な相場変動に対するリスクが低いです。

また、短期間に生じる上下の変動に合わせるだけなので、チャート分析などの難しい知識を必要とせず、自分の都合に合わせて取引できます

ポイント

専門的な知識のないFXの初心者でも、リスクを抑えながら限られた時間の中で取引を行いやすい最適の取引方法と言えるでしょう。

スキャルピングのデメリット

スキャルピングの主なデメリットは以下の2つです。

  • 1回の取引における利益が小さい
  • スキャルピングを禁止している業者が多い

「塵も積もれば山となる」がスキャルピングの基本であるため、1回の取引における利益が小さくなるのがデメリットです

取引を細かく繰り返すことになるため、スプレッドという手数料が大きな業者を選んでしまうと、利益がさらに小さくなるので注意が必要です。

また、短期間に複数回の取引を行うということは、それだけサーバーに負荷がかかります。

そのため、業者によっては、スキャルピングの負荷によるサーバーダウンを予防するために、スキャルピングを禁止している業者もあります。

注意ポイント

何も知らないまま取引を繰り返していると、口座を凍結されてしまうこともあるため、業者選びをしっかり行ってから取引を開始しましょう。

初心者がスキャルピングを行う際の注意点

初心者がスキャルピングを行う際の注意点

FXの初心者がスキャルピングを行う際は、以下の2点に注意しておく必要があります。

  • 取引を行う時間帯
  • 取引を行う通貨

それぞれの注意点について詳しく見ていきましょう。

取引を行う時間帯

FXは、土日を除いて24時間取引を行うことができます。

そのため、平日であればいつでもスキャルピングを行うチャンスがありますが、常に同じような変動を繰り返しているわけではないので注意が必要です。

例えば、朝からお昼にかけては為替変動が緩やかであるため、初心者でも安心して取引に参加できます。

しかし、日中働いているサラリーマンは、この時間帯に取引に参加できません。

サラリーマンは、仕事が終わってから取引に参加するのが一般的ですが、22時台になると取引参加者が増え、値動きが激しくなるため、その時間帯に取引に参加する場合は注意して取引に参加しましょう

取引を行う通貨

FXで取引できる通貨は業者によって様々ですが、発展途上国などの経済的に不安定な国の通貨で取引に参加すると、為替変動が不安定であることから、安定して勝つことができない可能性があります。

FXの初心者が安定してスキャルピングで利益を重ね続けるには、値動きが比較的緩やかなドル円を中心に取引を行うのが一般的です。

ユーロドル、ユーロ円、ポンドドル、ポンド円なども比較的ロジック通りになりやすいため、取引を行う通貨選びも慎重に行うようにしましょう。

まとめ

まとめ

FXの取引方法と聞くと、デイトレードを想像する人が多いかもしれませんが、保有期間が長くなればなるほど為替変動のリスクが大きくなるほか、チャートを読むなどの専門的な知識が必要になります。

しかし、スキャルピングは、保有期間がデイトレードよりも短いため、為替変動のリスクを最小限に抑えられるほか、チャートを読むために必要なテクニカルなどの知識をそこまで必要としないため、初心者でも比較的手軽に始めやすい取引方法と言えるでしょう。

-テクニック
-, ,

Copyright© Liberty&Trade , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.