FXで収入源を作って自由になりたい人の情報サイト

Liberty&Trade

テクニック

FXのダブルトップはどんな手法?騙しを回避する方法とは

投稿日:2019年10月28日 更新日:

この記事の監修

株式会社インベストメントカレッジ 
吉田健吾

累計12万5000人以上の個人投資家が学ぶ投資スクール「Daily Wealth」の運営責任者。講師には、カリスマFXトレーダーの維新の介を始め、毎年億を稼ぐプロトレーダー、不動産投資歴19年の元祖サラリーマン大家、FX・株・先物・不動産投資、ベンチャーキャピタルなど幅広く精通する大分の投資家など、一流のトレーダー・投資家がいる。

FXは為替が上がるか下がるかを予想するだけなので、単純に考えれば勝率は50%ですが、予想精度を高めることによって勝率も50%以上に引き上げることが可能です。

予想精度を高める方法の1つにダブルトップの手法を駆使するという方法が挙げられますが、ダブルトップとはどのような手法なのでしょうか?

そこで今回は、FXのダブルトップとはどんな手法なのか、メリットとデメリット、騙しを回避する方法について解説します

FXのダブルトップとは?

FXのダブルトップとは?

FXは、為替が上がるまたは下がるという2択であるため、単純な勝率は50%と言えます。

しかし、直感に頼るといったように、闇雲にエントリーしていては負ける方の50%になる可能性が高くなるため、しっかりと予想して少しでも勝率を引き上げることが重要です。

為替変動を予想する方法には、テクニカル分析やファンダメンタルズ分析などがあります。

両方重要ですが、特にスキャルピングやデイトレードなどの1日に複数回取引する人には、短期的な為替変動の予想に適しているテクニカル分析がおすすめです。

ダブルトップはテクニカル分析の1つです。

チャートがMの形になっているのが特徴で、相場が上昇している天井圏において、一度レジスタンスラインに跳ね返されて再挑戦したものの、再度跳ね返されてしまった状況です。

再挑戦した価格をネックラインと呼びますが、再度跳ね返された時にこのネックラインを下回ると、下降トレンドになると言われています。

ダブルトップは売りのシグナルなので、現れた時に売りでエントリーすれば勝率を高く維持することが期待できます

ダブルトップに似ている分析手法にダブルボトムがありますが、どのような違いがあるのでしょうか?

ダブルボトムとは?

ダブルボトムは、チャートがWの形になっているのが特徴で、相場が下落している底値圏において、一度サポートラインで反発して再度下落したものの、再び反発した状況です。

反発後下落した価格をネックラインと呼びますが、再度反発した時にこのネックラインを上回ると、上昇トレンドになると言われています。

ダブルボトムは買いのシグナルなので、現れた時に買いでエントリーすれば勝率を高く維持することが期待できます。

ダブルボトムは、単純にダブルトップの逆パターンです。

為替変動の中に、ダブルトップとダブルボトムを見つけてそれぞれに合ったエントリーをすれば、両方でしっかりと利益を得られるでしょう。

ダブルトップの2つのメリット

ダブルトップの2つのメリット

テクニカル分析の1つであるダブルトップですが、他にもテクニカル分析の手法は数多くあります。

他の手法ではなく、ダブルトップを取引に用いることには何かメリットはあるのでしょうか?

ダブルトップを取引に用いる主なメリットは以下の2つです。

  • FX初心者にも分かりやすい
  • 頻繁に出現する

それぞれのメリットについて見ていきましょう。

FX初心者にも分かりやすい

FXの知識や経験がない初心者がテクニカル分析を駆使することはなかなか困難です。

しかし、ダブルトップは以下の3つのポイントを押さえておくだけで、難しい知識を必要としません

  • チャートがMの形をしている
  • レジスタンスラインで2度跳ね返されている
  • ネックラインを下回った

見た目が分かりやすく、ネックラインを下回ったタイミングで売りのエントリーをすればOKです。

シンプルでエントリーのタイミングも分かりやすいため、FX初心者でも安心して取引に用いることができる分析手法と言えるでしょう。

頻繁に出現する

テクニカル分析の中には、勝率が高くなる一方で、出現確率が低いものもあります。

そのような分析手法を取引に用いても、一度チャンスを逃してしまうと次のチャンスまで待たなくてはならないため、効率が悪い分析手法と言えます。

しかし、ダブルトップは頻繁にチャートに出現するため、一度チャンスを逃してしまっても次のチャンスでまたすぐにエントリーすることが可能です。

そのため、日中忙しくて取引の時間を確保できないサラリーマンでも、限られた時間の中でエントリーのタイミングを見つけやすいでしょう。

ダブルトップの2つのデメリット

ダブルトップの2つのデメリット

ダブルトップには、知識や経験が少ないFX初心者にも分かりやすい・頻繁に出現するので限られた時間の中でもエントリーしやすいというメリットがありましたが、デメリットはあるのでしょうか?

ダブルトップを取引に用いる主なデメリットは以下の2つです。

  • きれいに描くとは限らない
  • 騙しが生じることがある

それぞれのデメリットについて見ていきましょう。

きれいに描くとは限らない

ダブルトップには、チャートがMの形・レジスタンスラインで2度跳ね返されているのが特徴ですが、法則が崩れることもあります。

例えば、2度目の上昇時にレジスタンスラインに到達する前に跳ね返される、レジスタンスラインを超えてから再びレジスタンスラインを割り込むなどです。

このようなチャートパターンでは、Mの形がいびつになっているため、「ダブルトップ」が成立していないと判断しがちです。

しかし、形はいびつでもダブルトップが成立していて、ネックラインを下回ると同時に下落トレンドに切り替わることもあります。

必ずしもダブルトップのチャートをきれいに描くとは限らないため、エントリーの判断が難しいと言えるでしょう。

騙しが生じることがある

完璧なダブルトップのチャートを描いていて、ネックラインを下回った時に売りでエントリーしても、騙しに巻き込まれる可能性があります。

例えば、ネックラインを下回ったのが一時的で、そこから上昇トレンドを継続するパターンです。

ダブルトップは上昇トレンドの中で現れるため、ダブルトップの売りのエントリーは一種の逆張りと言えます。

逆張りのリスクはトレンドが継続することによって大きな損失を抱えることです。

ダブルトップだと信じてエントリーしたものの、騙しに巻き込まれた場合は大きな損失を抱える可能性があるので注意しましょう。

ダブルトップの騙しを回避する方法

ダブルトップの騙しを回避する方法

ダブルトップの騙しに巻き込まれると、大きな損失を抱える可能性があると言いましたが、騙しを回避する方法はないのでしょうか?

ダブルトップの騙しを回避するには、強いレジスタンスラインであるかを確認することが重要です。

まだ、上昇の余裕を残している状況のダブルトップは騙しになる可能性が高いと言えます。

しかし、天井圏のダブルトップは、トレーダーたちの「そろそろ上昇の限界かもしれない」という心理状態がより強くなるため、ダブルトップの騙しが生じにくい傾向があります。

それでも騙しにあった時に備えて、損失を最小限に抑えるために損切りラインを設定することが重要です。

レジスタンスラインを超えるとさらに上昇が勢いづく可能性があるため、レジスタンスラインを1つの目安に損切りを設定しましょう

まとめ

まとめ

FXで安定した利益を得るために、ファンダメンタルズ分析やテクニカル分析などを取引に用いるのが一般的です。

スキャルピングやデイトレードなど1日に複数回取引する人には、短期的な為替変動の予想に適しているテクニカル分析がおすすめです。

テクニカル分析の1つにダブルトップが挙げられます。

ダブルトップは、売りのシグナルと言われており、ダブルトップが現れた時はネックラインを割ると同時に売りでエントリーします

ダブルトップはFX初心者にも分かりやすい・頻繁に出現するというメリットがある一方、きれいに描くとは限らない・騙しが生じることがあるというデメリットがあります。

騙しに巻き込まれると大きな損失を抱える可能性があるため、対策をしっかり練ってからダブルトップを使った取引に臨みましょう。

-テクニック
-, , , ,

Copyright© Liberty&Trade , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.