FXで収入源を作って自由になりたい人の情報サイト

Liberty&Trade

FX生計

サラリーマンの副業にはFXがおすすめ?FXをおすすめする理由

投稿日:

この記事の監修

株式会社インベストメントカレッジ 
吉田健吾

累計12万5000人以上の個人投資家が学ぶ投資スクール「Daily Wealth」の運営責任者。講師には、カリスマFXトレーダーの維新の介を始め、毎年億を稼ぐプロトレーダー、不動産投資歴19年の元祖サラリーマン大家、FX・株・先物・不動産投資、ベンチャーキャピタルなど幅広く精通する大分の投資家など、一流のトレーダー・投資家がいる。

サラリーマンの場合、会社の掛け持ちによる副業が認められていないところはまだ多くありますが、株式投資やFXなどの資産運用による副業は認められています。

しかし、資産運用と一口に言っても様々な運用方法がありますよね。

サラリーマンの副業ではどれが適しているのでしょうか?

答えはFXです。

サラリーマンの副業にはFXが絶対おすすめとなります。

そこで今回は、サラリーマンの副業としてFXをおすすめする理由について解説します

FXによる副業はサラリーマンでもOK

FXによる副業はサラリーマンでもOK

サラリーマンは、会社のノウハウなどの流出防止や社員の業務効率の低下などから副業が禁止されています。

しかし、株式投資やFXなどといった資産運用は、副業ではあるもののノウハウなどの流出や業務効率の低下につながらないため禁止されていません

しかし、日中働いているサラリーマンが資産運用を行うとなると時間が限られてくるため、どの資産運用の方法を選ぶかが重要と言えるでしょう。

サラリーマンにFXをおすすめする理由

サラリーマンにFXをおすすめする理由

資産運用の方法には、株式投資、FX、国債投資、投資信託など様々な運用方法がありますが、その中でもサラリーマンにおすすめするのはFXです。

なぜ、FXがサラリーマンにおすすめなのでしょうか?

サラリーマンの副業としてFXをおすすめする理由は以下の通りです。

  • 少額でも取引できる
  • 24時間取引を行うことができる
  • 株式投資よりもシンプルに取引できる

それぞれのおすすめする理由について見ていきましょう。

少額でも取引できる

株式投資は証券取引所に約3800銘柄が上場していますが、1万円以下で取引を行うことができる銘柄は50銘柄以下と大変少ないため、少額投資に向いていないと言えます。

しかし、FXの場合には、1万円以下でも十分に取引を行うことが可能です。

また、FXは、レバレッジと呼ばれる自己資金以上の取引を行うことができるという特徴があります。

2019年2月における最大レバレッジは25倍で、自己資金が1万円の場合でも、25倍の25万円分の取引が可能です。

国内の最大レバレッジは25倍で、今後10倍まで引き下げることが検討されていますが、海外の最大レバレッジは100倍を超えているところもあります。

少ない資金でも効率良く増やしていくことができる副業と言えるでしょう。

24時間取引を行うことができる

株式投資は、平日の9時から15時までと取引時間が限定されているため、日中働いているサラリーマンが取引を行うには、取引を行いづらい取引時間と言えます。

しかし、FXは土日を除いて24時間取引することが可能です。

取引時間が限られている副業の場合は、仕事の終わる時間によって取引できる日にムラが生じてしまうなど、安定した取引を行うことができない可能性があります。

FXはサラリーマンが帰宅して十分時間が経ってから取引が活発になる「ロンドン時間」があるため、仮に帰宅が遅くなった場合でもある程度の大きな利益が狙えるチャンスがあることが向いている理由と言えるでしょう。

株式投資よりもシンプルに取引できる

株式投資は、3000銘柄の中から取引を行う銘柄を選ぶ必要があります。

銘柄を選ぶ際には、四季報といった会社の情報が記載されている情報に目を通すほか、決算上昇にも目を通す必要があるため、銘柄選定に手間がかかります。

一方で、FXは多くても投資対象となる通貨は50種類程度です。

その中でも、主要通貨に取引を限定すると、20種類程度に減るため、取引対象の選定の手間を省くことができます

株式投資はリアルタイムな情報が入りにくいですが、FXは経済ニュースなどによるリアルタイムな情報が入りやすく、取引を行いやすいこともサラリーマンにFXが向いている理由と言えるでしょう。

FXのメリットとは

FXのメリットとは

FXがサラリーマンに向いている理由で説明した項目もFXのメリットと言えますが、他にも挙げられることがあります。

FXのメリットは以下の通りです

  • 上昇局面だけでなく下降局面でも利益を出せる
  • スワップポイントによる利益も期待できる

それぞれのメリットについて詳しく見ていきましょう。

上昇局面だけでなく下降局面でも利益を出せる

売買を行うことによって利益を得る副業のほとんどは、購入してから売却するという方法です。

そのため、上昇局面でしか利益を出すことができないので、景気が悪化している状況では利益を出すことができません。

しかし、FXは証拠金取引という取引方法で、実際に通貨を手に入れるわけではありません

そのため、購入してから売却するという取引方法だけでなく売却してから購入するという取引方法が可能です。

売却から取引を開始できるということは、下降局面で売却してある程度の利益が出てから購入することで、安く購入して高く売却したのと同じ結果になるため、下降局面でも利益を出すことができるでしょう。

スワップポイントによる利益も期待できる

株式投資の場合には、株式の売買を行うことによる譲渡益のほか、配当金、株主優待による利益が期待できます。

FXの場合には、通貨の売買を行うことによる譲渡益のほか、スワップポイントと呼ばれる金利差による利益を得ることができます。

配当金は半年、もしくは1年に1回受け取ることができるため、配当金が確定するまでは株式を所有している必要がありますが、スワップポイントは毎日確定して受け取ることができるのが大きなメリットと言えるでしょう。

FXのデメリットとは

FXのデメリットとは

FXは上昇局面だけでなく下降局面でも利益を出すことができるほか、スワップポイントと呼ばれる利益を得ることができるというメリットがありましたが、デメリットはあるのでしょうか?

FXのデメリットは以下の通りです

  • 大きな損失が生じる可能性がある
  • ある程度の知識が必要になる

それぞれのデメリットについて詳しく見ていきましょう。

大きな損失が生じる可能性がある

レバレッジを効かせることによって、少額でも大きな取引を行うことができることをFXがサラリーマンに向いている理由として挙げました。

レバレッジを効かせる前は、自己資金1万円に対して100円の利益が生じていたとしてもレバレッジを25倍にすることによって利益も25倍の2,500円になります。

一方、損失が100円の場合でも25倍になるため、2,500円の損失になります。

FXは、レバレッジを効かせることによって大きな利益が期待できる一方で、大きな損失が生じる可能性もあることがデメリットと言えるでしょう。

ある程度の知識が必要になる

国の通貨対策や景気などによって、貨幣価値がどのように変化するのか先読みすることができれば、FXでも安定した利益を期待できます。

しかし、FXの為替変動はこのような誰もが情報を得ることができる要因だけで生じているものではありません

FXの為替変動を予想するには、テクニカル分析と呼ばれる手法を駆使する必要があります。

テクニカル分析と言っても、種類は100以上あるため、テクニカル分析を駆使するにはある程度の知識や経験を必要とするので初心者には難しい副業と言えるでしょう。

まとめ

まとめ

日中働いているサラリーマンにとっては、副業を行う時間を確保できないため、取引時間が限られている副業は向いていません。

その点、FXは、少額でも取引できる、24時間取引を行うことができる、株式投資よりもシンプルに取引できるため、サラリーマンにおすすめできる副業と言えます。

しかし、FXがいくらサラリーマンに向いていると言っても、デメリットもあります。

FXのメリットとデメリットを総合的によく理解してからFX投資を始めるようにしましょう。

-FX生計
-, , ,

Copyright© Liberty&Trade , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.