FXで収入源を作って自由になりたい人の情報サイト

Liberty&Trade

FX初心者

FXは独学でも大丈夫?独学のメリットとデメリットを解説!

投稿日:2019年11月29日 更新日:

この記事の監修

株式会社インベストメントカレッジ 
吉田健吾

累計12万5000人以上の個人投資家が学ぶ投資スクール「Daily Wealth」の運営責任者。講師には、カリスマFXトレーダーの維新の介を始め、毎年億を稼ぐプロトレーダー、不動産投資歴19年の元祖サラリーマン大家、FX・株・先物・不動産投資、ベンチャーキャピタルなど幅広く精通する大分の投資家など、一流のトレーダー・投資家がいる。

FXは為替変動を予想して取引しますが、安定した利益を得るには予想精度を上げる必要があります。

予想精度を上げる方法には、セミナーに参加する、誰かに教えてもらう、独学で勉強するといった方法がありますが、独学でも大丈夫なのでしょうか?

そこで今回は、FXを独学で勉強する場合のメリットとデメリットについて解説します

FXは独学でも大丈夫?

FXは独学でも大丈夫?

為替変動は理由もなく生じているわけではありません。

海外の業者に対して現地の通貨で支払わなくてはならないという実需、機関投資家による仕掛け、トレーダーたちの売買など、様々な影響を受けて変動が生じています。

ただ単に上がるか下がるかという2択だと思って取り組んでも安定した利益は期待ません。

安定した利益を得るには、なぜそのような為替変動が生じているのかしっかりと見極めることが重要です

これらの知識を身に付ける方法として、セミナーに参加する、誰かに教えてもらう、独学で勉強するという3つの方法がありますが、独学で勉強するという方法はリスクが高いのでしょうか?

まずはFXを独学で勉強する場合のメリットとデメリットについて見ていきましょう。

FXの独学のメリット2つ

FXの独学のメリット2つ

FXを独学で勉強する場合はどのようなメリットがあるのでしょうか?

FXを独学で勉強するメリットとして以下の2つが挙げられます。

  • 自分の時間に合わせて取り組める
  • 自分の好きな方法で取り組める

それぞれのメリットについて詳しく見ていきましょう。

自分の時間に合わせて取り組める

セミナーに参加してFXの知識を身に付けたいと思っていても、セミナーの開催日時が自分の都合と合わない場合は、セミナーを受講できません。

同様に、誰かに教えてもらおうと思っていても、その人の都合が合わない場合はいつまでも知識を身に付けられないまま時間だけが過ぎてしまいます。

しかし、独学でFXの勉強をする場合は、誰かに時間を合わせる必要はなく、自分の時間に合わせて取り組めるので効率良く知識を身に付けることが可能です。

例えば、通勤途中や就寝前、休憩時間などの空いた時間をうまく利用することで、少しずつ知識を身に付けられます。

分からない場合には、じっくりと時間を掛けて取り組めるため、取り組みやすい勉強方法と言えるでしょう。

自分の好きな方法で取り組める

セミナーに参加する方法の場合には、会場に足を運んで座学で受講するのが一般的です。

また、誰かに教えてもらう場合には、電話やライン、会って話をするなど、様々な選択肢があります。

しかし、セミナーの場合は講師、教えてもらう場合も相手の都合に合わせる必要があるため、必ずしも自分の好きな方法で取り組めるとは限りません。

一方、独学の場合は、本で勉強する、アプリを使って勉強する、ネットで検索して勉強するなどの方法が挙げられます。

これらの方法の中から、自分の都合に合わせて自由に選べます。

独学が限られた時間の中で最も効率良く勉強できる方法と言えるでしょう。

FXの独学のデメリット2つ

FXの独学のデメリット2つ

FXの独学には自分の時間に合わせて取り組める・自分の好きな方法で取り組めるといったメリットがありましたが、どのようなデメリットがあるのでしょうか?

FXを独学で勉強するデメリットとして以下の2つが挙げられます。

  • いつまでたっても結果を伴わない可能性がある
  • 間違った方法を覚える可能性が高い

それぞれのデメリットについて詳しく解説します。

いつまでたっても結果を伴わない可能性がある

セミナーに参加すると、FXの取引で必要な知識を最低限しっかりと身に付けることができます。

そのため、結果を伴いやすいと言えます。

また、教えてもらうという方法では、教えてくれる人によって教え方のうまい・下手の差がありますが、大切なことをピックアップして教えてもらえば、最低限の説明でもある程度の結果を出すことが期待できます。

しかし、独学の場合には、FXの取引に必要な知識がまとまっていない可能性もあるため、知識が頭にしっかりと定着せず、結果を伴わない可能性が

数多くある情報の中から、どれが正しい情報なのかを区別することもできないため、結果を伴うまでに時間が掛かる可能性も高いので注意が必要です。

間違った方法を覚える可能性が高い

セミナーの場合は、正しい知識を手に入れられるだけでなく、講師の経験談といった貴重な情報が得られます。

教えてもらうという方法も同様です。

これらの方法には、気になることをすぐに質問して確認できるというメリットがあります。

しかし、独学の場合は、質問したくても質問相手がいないため、疑問がすぐに解決しません

また、間違ったまま覚えていても、誰も正しい情報に修正してくれないため、それが原因で大きな損失を可能性も。

独学では間違った知識のせいで、安定した利益を得られない可能性もあります

そのため、知識があっているのかどうか、しっかりと確認することを忘れないようにしましょう。

FXを独学で勉強する方法

FXを独学で勉強する方法

FXを独学で勉強するには以下の3つの方法が挙げられます。

  • 本を読んで勉強する
  • ネットで検索して勉強する
  • アプリで勉強する

それぞれの方法の特徴について詳しく説明します。

本を読んで勉強する

必要な情報が最初から順に並んでいるため、1冊読み終えることで整理された情報を頭に叩き込むことが可能です。

また、本は手軽に持ち歩けるため、ちょっとした空き時間や通勤時間などにも勉強できるというメリットがあります。

しかし、1冊に必要な全ての知識がまとまっていないため、必要な知識を身に付けるには、多くの本を購入しなければなりません

そのため、費用が多く掛かってしまうというデメリットが。

かといって、中古の本屋さんで購入すると、情報が古くて購入した意味がない可能性もあります。

本を読んで勉強するという方法を選ぶ場合は、ある程度の支出を想定しておきましょう。

ネットで検索して勉強する

ネット環境が整っていれば、誰でも手軽に検索して調べることでFXの知識を身に付けることが可能です。

本を読んで勉強するケースとは異なり、基本的に無料で情報を手に入れられるため、コストパフォーマンスが良いというメリットがあります。

しかし、本は情報を提供している人が誰かハッキリ分かるため、信憑性が高いと言えますが、ネットの情報は誰でも書き込めるため、信憑性が低いというデメリットが。

ネットで勉強するという方法を選ぶ場合は、その情報が正しい情報なのかどうかしっかり確認してから取り入れましょう。

アプリで勉強する

スマートフォンを持っている人であれば、誰でも手軽にアプリをダウンロードしてFXの知識を身に付けることが可能です。

こちらもネットで勉強する場合と同様、基本的に無料で情報を手に入れられるため、コストパフォーマンスが良いというメリットがあります。

また、デモトレードができる機能がセットになったアプリが多く、すぐ実践に移せるというメリットも。

3つの方法の中では、最も効率良くFXの知識を身に付けられる方法と言えるでしょう。

まとめ

まとめ

FXは運だけでは安定した利益を得ることはできないため、しっかり知識を身に付けてから取引に臨むことが重要です。

知識を身に付ける方法には、セミナーに参加する、教えてもらう、独学で勉強するといった方法が挙げられますが、時間を気にせずに手軽に取り組めるのが独学という方法です

しかし、独学には時間を効率良く知識を身に付けられるというメリットがある一方、結果を伴いにくい、間違った知識を身に付けてしまう可能性が高いというデメリットが。

そのため、独学でFXに必要な知識を身に付ける際は、それらのデメリットを自分に合った方法で取り組むようにしましょう。

-FX初心者
-, , , ,

Copyright© Liberty&Trade , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.