FXで収入源を作って自由になりたい人の情報サイト

Liberty&Trade

テクニック

初心者でも大丈夫!FXのスイングトレードを成功させる10のコツ

投稿日:2019年1月20日 更新日:

この記事の監修

株式会社インベストメントカレッジ 
吉田健吾

累計12万5000人以上の個人投資家が学ぶ投資スクール「Daily Wealth」の運営責任者。講師には、カリスマFXトレーダーの維新の介を始め、毎年億を稼ぐプロトレーダー、不動産投資歴19年の元祖サラリーマン大家、FX・株・先物・不動産投資、ベンチャーキャピタルなど幅広く精通する大分の投資家など、一流のトレーダー・投資家がいる。

FX取引には、スキャルピング・デイトレード・スイングトレード・長期トレードの4種類があります。

FX初心者の方がスイングトレードで利益を得るためには、いくつかの取引のコツを抑えておくことが大切です。

今回は、FX初心者の方に知っておいてほしいスイングトレードを成功させるための10のコツをご紹介しています。

これからFX取引を開始しよう、という方は実際の取引を開始する前に是非一度ご確認ください。

FXのスイングトレードとは?

FX取引にはスキャルピング・デイトレード・スイングトレード・長期トレードの4つの取引手法があります。

スキャルピングは数秒~数分での売買を繰り返して利益を積み重ねる手法、デイトレードは1日の内に取引を終了させる手法です。

一方でスイングトレードは、数日~数週間の期間で取引をする手法で、スキャルピングやデイトレードのように小さな利益を積み重ねる手法ではなく、1回の取引で比較的大きな利益を確保することができます。

スイングトレードは、FX取引をしている多くの投資家が利用している手法で、取引に慣れてくると、スキャルピングやデイトレードと組み合わせて活用することでより大きな利益を狙うことも可能です。

もちろん、初心者の方にもおすすめの取引手法です。

スイングトレードを成功させるために、まずはスイングトレードのメリットとデメリットを知っておきましょう。

(1)メリット

①スワップポイントが得られる

日をまたいでポジションを所有するFX取引をする場合、利用している通貨と通貨の間で金利差(スワップポイント)が発生します

スイングトレードを活用してFX取引をする場合、所有している日数分のスワップポイントが発生します。

利用している通貨の金利差がプラスであった場合、その金利差益を毎日受け取ることができます。

売買取引によって得た利益と併せてスワップポイントによる金利差益を得ることができるので、より多くの利益を得ることが可能です。

②チャートチェックは1日1回

スイングトレードは数日~数週間で取引を行うため、利用するチャートの時間足は4時間足・日足・週足のいずれかになります。

チャートは1日1回の確認でも十分にトレンドの動きを確認して、売買のタイミングを狙うことができるでしょう。

1日中チャートを確認しておく必要がないので、副業としてFX取引を開始した、という方でも空いた時間で取引を開始することができます

③1回の取引で大きな利益

スイングトレードでは、トレンド相場の大きな波を利用して売買を実行することで利益を得る手法で、取引が成功すると少ない取引回数で比較的大きな利益を得ることができます

スキャルピングやデイトレードは、レンジ相場を利用して1日のうちに取引を終了させることで、利益を積み重ねる手法なので、地道に取引を続ける必要がありますが、スイングトレードでは一度で大きな利益を得ることも可能なので、時間がない・忙しい、という人でも十分に利益を出すことができるでしょう。

(2)デメリット

①大な損失が発生するかも

スイングトレードはスキャルピングやデイトレードと比較して、一回一回の取引規模が大きくなります。

高いレバレッジをかけてスイングトレードを開始した場合、取引が成功すると大きな利益を得ることができますが、失敗した場合には損失がとても大きくなってしまうでしょう。

また、レバレッジをかけて損失が発生した場合、証拠金の減りも大きくなるためロスカットによって強制的に決済が実行されてしまう可能性があるので注意が必要です。

②相場の変動を見落とす

スイングトレードは数日~数週間の期間で取引をするため、チャートを一日中チェックしておく、という人は少ないでしょう。

1日に1回くらいの頻度でチャートをチェックしていても、何かしらの経済的な要因で相場が急変動した時に瞬時に取引に参加することが難しくなってしまいます。

知らない間にロスカットの対象になっていたり、大きな利益を得るチャンスを逃してしまっていたりするのです。

③取引のチャンスが少ない

スイングトレードは数日~数週間の期間で取引をして利益を得ますが、実際に大きな利益を得ることができるタイミングは数か月に1度程度しかありません。

大きなトレンドの波を狙って、きちんと分析をしていなければ、取引チャンスを逃してしまい結果としてさほど利益を得ることができない、というケースもあるでしょう。

初心者のためのスイングトレードを成功させる10個のコツ

スイングトレードにはメリットとデメリットがありますが、初心者の方でもコツを抑えて取引を実行することで十分に利益を確保することができます

(1)通貨ペアの選び方

FX取引初心者の方がスイングトレードを始める場合、米ドル/円の通貨ペアがオススメです。

スワップポイントによる金利差益を得るため、金利差が大きい通貨ペアを選択した方が良いのはないか、という考えから、トルコリラやメキシコペソを選択する方がいらっしゃいますが、あまりなじみがなく取引量が少ない通貨ペアは初心者の方にはオススメできません

トレンドの動きを想像することが難しく、スワップポイントを得ることができても取引による損失が大きくなってしまい結果として損をしてしまう可能性があります。

ポイント

スイングトレードを開始する場合は、取引量が日本国内でもっとも多く、値動きが大きい米ドル/円の通貨ペアがオススメです。

(2)スワップポイントの考え方

スイングトレードではポジションを1日以上所有することになるため、通貨ペア同士の金利差によって生じた金額(スワップポイント)を、ポジションを所有した日数分受取ことができます。

しかし、スワップポイントは受け取るだけでなく支払う必要があるケースもあることを知っておきましょう。

スイングトレードを開始する前に、選択した通貨ペアスワップポイントがどれくらいなのか、発生したスワップポイントは受け取ることができるのか、支払う必要があるのか、などを調べておくことが大切です。

また、発生したスワップポイントを受け取ることができる通貨ペアであっても、取引の結果によって受けた損失の方が大きい場合、利益を得ることはできません

スワップポイントによって損をしてしまわないように、事前にきちんと確認しておきましょう。

(3)エントリーポイントはきちんと選定

スイングトレードでは、トレンドの波をみて取引をすることで比較的大きな利益を得ることを目的としています。

よって、理系確定の幅と損切りの幅を広めに確保している人が多く、エントリーポイントをきちんと選定せずにポジションを所有してしまうケースがあります。

しかし、きちんと分析をした上でエントリーをしなければ利益を得ることが難しくなってしまうので注意が必要です。

テクニカル分析をしてきちんとエントリーポイントを絞るようにしましょう。

(4)利益確定は辛抱強さが大切

FX取引では、取引手法に関わらず気持ちに左右されずに取引をすることが大切です。

特にスイングトレードの場合、取引を開始する前に自分で利益確定のラインを設定することになるでしょう。

しかし、自分で設定した利益確定のラインまでチャートが達していない場合であっても、不安になってしまい利益確定してしまうケースがあります。

自分の目標利益を超える前に利益確定をしてしまうことは非常にもったいないことなので、気持ちに左右されず、最初に設定した利益目標に達するまで取引は我慢しましょう

また、スイングトレードによって大きな利益を得ることができるのは数か月に一度程度である、ということを忘れずに落ち着いて取引をすることが大切です。

(5)複数のテクニカル分析を活用する

スイングトレードを成功させるためには、トレンド相場のテクニカル分析を十分にしておくことがとても大切です。

テクニカル分析には

  • 移動平均線
  • RSI(相対力指数)
  • 一目均衡表
  • MACD(移動平均収束拡散方)
  • ボリンジャーバンド

などの方法があります。

より正確な取引をして、損失を防ぐためには、一つのテクニカル分析だけでなく、いくつかのテクニカル分析を活用するようにしましょう。

ポイント

FX取引自体を初めて行う、と言う方はまずテクニカル分析について十分に学習しておくことをオススメします。

合わせてチェック!
テクニカル分析ってなに?FXを成功させるための基礎知識

この記事の監修 株式会社インベストメントカレッジ  吉田健吾 累計12万5000人以上の個人投資家が学ぶ投資スクール「Daily Wealth」の運営責任者。講師には、カリスマFXトレーダーの維新の介 ...

続きを見る

(6)トレンドが発生してからしかエントリーしない

スイングトレードは、トレンド相場の波を利用して利益を確保する取引手法です。

エントリーはトレンドが発生してからするようにしましょう

慣れてきたら、トレンドの中にある【押し目】【戻し】を見付けてエントリーすると尚良い結果になりますが、初心者の方はまずチャートをみてトレンドを見つけたらエントリーをする、という流れを身に付けましょう。

また、エントリーの前に市場の流れを把握して、2,3ヶ月後に価値が上昇しそうかを調べておくことも大切です。

(7)取引ルールは絶対守る

FX取引に全体に共通していることですが、取引を成功させるためにはリスクをできるだけ回避しておくことが大切です。

リスク回避のために取引の前に自分で設定した損切りや、利益確定などのルールを最後まで守るようにしましょう

特にFX取引の初心者の方は、利益を早く出したい、という気持ちや、これ以上放置したら大きな損失を受けるかもしれない、という気持ちが先行して自分で設定した取引ルールを無視してしまうことがあります。

しかし、気持ちに左右されてしまうと投資は失敗してしまいます

事前に設定した取引ルールを最後まで守ることが一番のリスク回避方法です。

(8)ストップ注文を忘れずにしておく

スイングトレードをする場合、一日のうちに何度もチャートを見て確認する、ということはあまりありません。

自分がチャートを確認していない間に大きな経済変動が起こることもあるでしょう。

しかし、急な経済変動は予想することはできず、もし見ていない間に価値が暴落して大きな損をしてしまったらどうしよう、という不安を抱えることになったらFX取引のことであたまがいっぱいになってしまいます。

スイングトレードを開始する際には、急に相場が変動して価値が暴落した際に自動で損切りをしてくれる「ストップ注文」をあらかじめしておくことが可能です。

反対に、チャートを見ていない間に価値が変動して、大きな利益を得る機会を逃してしまう、ということもあるでしょう。

せっかくの利益を逃してしまわないために、スイングトレードを開始する際に「指値注文」をしておくことで、設定した利益額の部分にチャートが達した場合に自動で決済してくれます。

ストップ注文は、上値抵抗線の変動にあわせて変更することができるので、こまめに変更しておくことをオススメします。

ポイント

ストップ注文と指値注文を忘れずにしておくことで、取引をしていない時間の不安を小さくすることが可能です。

(9)チャートの確認は決まった時間に

スイングトレードでは、4時間足・日足・週足のチャートを利用して分析をして取引をします。

特に初心者の方には4時間足のチャートを見ることをオススメします

スイングトレードでは、1日1回以上チャートをチェックするようにしましょう。

出来れば同じ時間にチャートをチェックして、値動きの流れやトレンドが発生しているか、などを確認します。

(10)初心者はレバレッジをかけない

スイングトレードでは、レバレッジをかけた取引に成功した場合、大きな利益を得ることができます。

しかし、反対に高いレバレッジをかけた取引に失敗した場合、損失額が非常に大きくなってしまい、証拠金が減ってしまうことでロスカットの対象になってしまうこともあるでしょう。

ロスカットの対象になってしまうと、強制的に決済が実行されるので、ポジションを所有していれば将来的に得ることができた利益も得ることができません

初心者の場合、少ない資金で大きな取引ができる、という知識だけで高いレバレッジをかけた取引をしてしまうことがありますが、出来る限りレバレッジをかけずに取引を開始することをオススメします。

ポイント

取引に慣れてきたら、少しずつレバレッジをかけても良いですが、リスクを少なくするために5倍程度のレバレッジでストップしておくことが大切です。

まとめ

まとめ

今回は、FX取引初心者の方がスイングトレードに成功するための10のコツをご紹介しました。

スイングトレードだけでなく全ての投資に言えることですが、損をしないためは十分に知識を付けて、リスクを回避することが大切です。

今回ご紹介したコツを実践して、リスクを回避することで、FX取引初心者の方でもスイングトレードで利益を出すことが可能になるしょう。

-テクニック
-, ,

Copyright© Liberty&Trade , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.