FXで収入源を作って自由になりたい人の情報サイト

Liberty&Trade

テクニック

FXのシステムトレードってどんなもの?特徴について解説

投稿日:2020年1月15日 更新日:

この記事の監修

株式会社インベストメントカレッジ 
吉田健吾

累計12万5000人以上の個人投資家が学ぶ投資スクール「Daily Wealth」の運営責任者。講師には、カリスマFXトレーダーの維新の介を始め、毎年億を稼ぐプロトレーダー、不動産投資歴19年の元祖サラリーマン大家、FX・株・先物・不動産投資、ベンチャーキャピタルなど幅広く精通する大分の投資家など、一流のトレーダー・投資家がいる。

FXは土日を除いて24時間取引できます。

そのため、忙しい人でも時間があるときに自分のペースで取引できるという魅力があります。

しかし、せっかく24時間取引できる環境が整っていても、自分の取引時間が限られるのは効率的とは言えません。

そこで登場するのがシステムトレードです。システムトレードとは一体どんなものなのでしょうか?

今回は、システムトレードとはどんなものなのか、その特徴について解説します

システムトレードのメリット

システムトレードのメリット

FXは土日を除いて24時間取引できるものの、トレーダーの取引時間は限られているため、非効率的と言えます。

そこで登場するのがFXのシステムトレードです。

システムトレードとは、あらかじめ決められたルールに従って自動的に売買できる仕組みです

自動的に売買が行われるので効率的ですが、メリットやデメリットはどうなっているのでしょうか?

まずFXのシステムトレードには以下の3つのメリットがあります。

  • 24時間取引できる
  • 知識や経験がなくても取引できる
  • 利確と損切を徹底できる

それぞれのメリットについて解説します。

24時間取引できる

FXは土日を除いて24時間取引できます。

しかし、日中働いているサラリーマンは仕事中に取引できないため、実際に取引できるのは通勤時間と帰宅後の数時間だけです。

寝る時間を削ることで取引時間を伸ばすこともできますが、睡魔で集中力が途切れた場合、大きな損失が生じる可能性があります。

また、睡眠不足になると、本業に支障が生じるので注意が必要です。

しかし、システムトレードであれば、24時間あらかじめ設定されているルールに基づいて自動的に取引が行われます

寝ている間も取引されているため、効率良く取引できることが魅力と言えるでしょう。

知識や経験がなくても取引できる

FXで安定した利益を得るには、次にどのような変動が生じるか予想する必要があります。

予想には、ファンダメンタルズ分析やテクニカル分析を利用するため、知識や経験がないとなかなか安定した利益を得るのは困難です。

しかし、システムトレードであれば、あらかじめ設定されているルールに基づいて自動的に売買が行われるだけで、特にトレーダーが何かしないといけないということはありません

基本的には任せきりで済むため、知識や経験がなくてもFXの取引を行えるが魅力と言えるでしょう。

利確と損切を徹底できる

FXで安定した利益を得る上で重要なのが、利確と損切を徹底することです。

利確と損切を徹底すると言っても、これらは容易ではありません。

その理由は、利確と損切は感情に左右されやすいためです。

例えば、利益が出ている状況では「まださらに利益が増えるかもしれない」、損失が生じている状況では「もう少し待てば損失が減少するかもしれない」という感情を抱きがちです。

しかし、これらはあくまでも自分の理想であって、この先必ずしもそうなるとは保証されていません。

含み益がどんどん減少する、含み損がどんどん拡大するのがよくある流れです。

システムトレードは、感情に左右されやすい利確と損切も徹底してくれるため、損を小さく抑えながら利益を積み重ねていくことができるでしょう。

システムトレードのデメリット

システムトレードのデメリット

システムトレードには、知識や経験がなくても取引できる・利確と損切を徹底できるなどのメリットがありましたが、何かデメリットはあるのでしょうか?

システムトレードの主なデメリットは以下の3つです。

  • ファンダメンタルズ分析には対応していない
  • ストラテジーを理解する必要がある
  • 設定を変更する必要がある

それぞれのデメリットについて解説します。

ファンダメンタルズ分析には対応していない

システムトレードは、テクニカル分析に基づいて作成されています。

そのため、相場全体の流れがテクニカル分析に基づいている場合は安定した利益が期待できます。

しかし、ファンダメンタルズ分析に基づく流れに変化した場合にはシステムトレードでは対応しきれません

経済指標の発表や要人発言などによって相場が変動している場合は、無駄な損切が増える可能性があるので注意が必要です。

ストラテジーを理解する必要がある

ストラテジーとは、どのような取引ルールに従って取引するのかという詳細です。

システムトレードには多くのストラテジーがあります。その中から自分に合うストラテジーを選ぶ必要があります。

システムトレードには知識や経験がなくても取引できるというメリットがありましたが、ストラテジーに関する知識は身に付けなくてはなりません。

難しい知識を身に付ける必要はありませんが、利確や損切の設定、リターンやリスクなどを事前に確認しておく必要があるでしょう。

設定を変更する必要がある

ストラテジーは、決して万能というわけではありません。

例えば、上昇トレンドに対応したストラテジーを選び、上昇トレンドから下降トレンドに変わったにもかかわらず、そのまま放置していては意味がありません。

FXの相場は日々変化しているため、そのときの状況に合うストラテジーを選び直す必要があります

機械が自動的に取引してくれると言っても、完全に放置できるわけではないため、システムトレードを始める際には仕組みをよく理解してから始めましょう。

システムトレードの種類

システムトレードの種類

システムトレードと一口に言っても、システムトレードには以下の3つの種類があります。

  • リピート型
  • ストラテジー選択型
  • ストラテジー開発型

それぞれの特徴について詳しく見ていきましょう。

リピート型

リピート型とは、同じ発注内容を繰り返し行ってくれるものです。

レンジ相場の状況では、相場が上下を繰り返すため、同じ発注内容を繰り返していれば、自然と利益が積み重なっていきます。

難しい知識を必要としないため、FXの初心者でも取引しやすいシステムトレードと言えるでしょう。

ストラテジー選択型

ストラテジー選択型とは、FXでの運用結果が優れている人のトレードを自分のシステムに落とし込んで真似をするものです。

人のトレードの完全コピーなので、ミラートレードとも呼ばれています。

この方法は、リピート型よりも大きなリターンが期待できる一方で、大きなリスクを背負う可能性もあります

提供されているストラテジーはFX業者によって異なり、何百種類も用意されている場合も。

その中から自分に合ったものを選ばなくてはならないため、FXの初心者には少し難しいと言えるでしょう。

ストラテジー開発型

ストラテジー開発型とは、自分でストラテジーを開発するというものです。

選択型は他人の取引ルールを真似するというものでしたが、開発型は自分の取引ルールで売買できます。

そのため、うまくいけば安定した利益が期待できる一方、システムを開発する知識が必要で、うまく開発できなければ大きな損失が生じる可能性も

現在は、選択できるストラテジーの種類も増えているため、わざわざ自分で開発する必要はないと言えるでしょう。

まとめ

まとめ

システムトレードとは、あらかじめ設定されたルールに基づいて自動的に気買いが売買してくれるものです。

24時間取引できるため、仕事中や寝ている間も利益が得られるというメリットがある一方、システムトレードに関する知識が必要になるというデメリットがあります

知識や経験の少ないFXの初心者でも安定した利益が期待できるため、システムトレードをうまく使いこなすことも1つの戦略と言えるでしょう。

-テクニック
-, , , ,

Copyright© Liberty&Trade , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.