FXで収入源を作って自由になりたい人の情報サイト

Liberty&Trade

FX生計

専業と兼業で生活はどう変わる?FXデイトレードの生活を比較

投稿日:2018年12月30日 更新日:

この記事の監修

株式会社インベストメントカレッジ 
吉田健吾

累計12万5000人以上の個人投資家が学ぶ投資スクール「Daily Wealth」の運営責任者。講師には、カリスマFXトレーダーの維新の介を始め、毎年億を稼ぐプロトレーダー、不動産投資歴19年の元祖サラリーマン大家、FX・株・先物・不動産投資、ベンチャーキャピタルなど幅広く精通する大分の投資家など、一流のトレーダー・投資家がいる。

FXのデイトレードを行うにあたり、専業としてFXデイトレードを行う人もいれば、日中はサラリーマンとして働きながら空いた時間のみFXデイトレードを行う人もいるなど、様々です。

専業で行う場合と兼業で行う場合の生活にはどのような違いがあるのでしょうか?

そこで今回は、FXデイトレードを専業で行う場合と兼業で行う場合の1日の生活にどんな違いがあるのかについて解説していきます。

そもそもFXとは?デイトレードとは?

そもそもFXとは?デイトレードとは?

FXを既に行っている人にとってもこれから行おうとしている人にとっても、そもそもFXとは何なのかということを理解しておくことが、FXを成功させる近道になると言えます。

まずは、FXとは一体どんなものなのか、またデイトレードとはどんなものなのかについて詳しく見ていきましょう。

土日を除いて24時間取引できる

株式投資は、日本の取引場が開いている時間しか取引できないため、週末と祝祭日を除いた平日の朝9時~昼15時までしか取引できないのが一般的です。

そのため、サラリーマンが取引を行いたいと思っても、気軽に取引を行うことができません。

FXは、世界中で取引が行われているため、土日を除いて24時間取引できます

そのため、日中働いているサラリーマンでも帰宅してから気軽に取引を行うことができるのが大きな特徴と言えるでしょう。

為替変動を先読みして取引を行う

FXは、為替変動を先読みして、売買を行って差益を得るものです。

為替変動は、ファンダメンタルとテクニカルによって生じます。

ファンダメンタルとは、経済関連のニュースや経済指標などです。

FXが取引の対象としているのは国家が発行している通貨であるため、国の信頼に影響を与えるような要因が発生した場合には、為替変動が生じます。

テクニカルとは、これまでの為替変動の傾向から導き出される予想です。

過去の取引結果を見ると、同じような変動を繰り返しているという経験から、次はどのような変動をするのか予想するものです。

先回りして取引が行われるため、それをきっかけに為替変動が生じます。

長期的にはファンダメンタルの影響を、短期的にはテクニカルの影響を受けますが、これら両方をうまく理解することで、ある程度の為替変動を予想できます

数十分から数時間以内に取引を完結する

デイトレードとは、数十分や数時間以内に取引を完結させる取引方法のことです。

他には、スキャルピングと呼ばれる即買い・即売りやスイングトレードと呼ばれる数時間から数日以内に取引を完結させる方法もあります。

スキャルピングやデイトレードは、日をまたいで持ち越すことはないため、就寝中に大きな為替変動が生じたとしても影響を受けないなど、リスク管理がしっかり行われている取引方法です。

スキャルピングとデイトレードを比べると、スキャルピングは瞬時に取引を行わなければならないため、常に為替変動を見ておく必要がありますが、デイトレードは間隔が長いため、気持ちに余裕を持って取引できるでしょう。

専業FXデイトレーダーの生活の特徴

専業FXデイトレーダーの生活の特徴

専業FXデイトレーダーの生活にはどんな特徴があるのでしょうか?

主な特徴として以下の2つがあります。

  • 好きな時間に自由に取引できる
  • 本業の稼ぎが少ないのでプレッシャーが大きい

それぞれの特徴について詳しく見ていきましょう。

好きな時間に自由に取引できる

FXは24時間取引できるため、専業であればいつでも好きな時間に取引を行うことができるというメリットがあります。

24時間取引ができると言っても大きな為替変動が生じる時間は限られているため、そこを抑えておけばあとは自由に過ごすことができます

ポイント

そのため、好きな時間に起きて好きな時間に取引できるなど、プライベートを充実させつつ取引できるのが専業トレーダーの大きな特徴と言えるでしょう。

本業の稼ぎがないのでプレッシャーが大きい

好きな時間に自由に取引できるのはいいものの、FXで得られた収入以外に収入がない状態なので、1回1回の取引に対するプレッシャーが大きくなります。

また、取引をしない日があると、その日の収入が全くないだけでなく、負けた取引の影響が大きくなるため、取り返そうと必死で冷静な判断ができなくなる可能性もあります。

ポイント

専業トレーダーになるためには、常に冷静な判断ができる強い精神力を備えておくことが重要と言えるでしょう。

兼業FXデイトレーダーの生活の特徴

兼業FXデイトレーダーの生活の特徴

兼業FXデイトレーダーの生活にはどんな特徴があるのでしょうか?

主な特徴として以下の2つがあります。

  • 取引時間が限られてしまう
  • 本業の稼ぎがあるので気持ちに余裕がある

それぞれの特徴について詳しく見ていきましょう。

取引時間が限られてしまう

FXが24時間取引できるという魅力があるにも関わらず、日中はサラリーマンとして働いているため、兼業FXデイトレーダーであれば取引時間が制限されてしまいます。

そのため、もし大きな為替変動が生じたタイミングが勤務時間中であった場合には、取引を行いたくてもできないため、機会損失が大きくなってしまいます

ポイント

兼業FXデイトレーダーの場合は、夜10時頃の比較的為替相場が動く時間帯に取引を行うしかないため、限られたチャンスをうまく活かすしかないと言えるでしょう。

本業の稼ぎがあるので気持ちに余裕がある

兼業FXデイトレーダーは本業の稼ぎがあるため、FXによる収入がなくてもプレッシャーを感じることがありません。

ポイント

多少負けたとしても本業の稼ぎが支えてくれるため、気持ちに余裕がある状態で取引に臨むことができるため、失敗を恐れずにある程度強気の取引を行うことができるでしょう。

慣れるまでは兼業の方がリスクを抑えられる

慣れるまでは兼業の方がリスクを抑えられる

専業FXデイトレーダーには、好きな時間に自由に取引できるという特徴がありましたが、必ず勝てるという保証はどこにもありません。

自分の中で勝ちにつながる安定した法則やルールが見つかるまでは、専業でFXを行うのはリスクが高いと言えるでしょう。

兼業FXデイトレーダーには、取引時間が限られてしまうため、機会損失が生じてしまうという特徴がありました。

しかし、FXが24時間取引できると言っても変動が生じるのは主に朝の8時から9時、10時半から11時半、昼の4時、夜の9時半から11時の4回です。

特に大きな変動が生じるのがNY市場の始まる夜の9時半から11時の時間帯であるため、兼業でも十分に利益を出すチャンスが眠っています。

そのため、FXデイトレードに慣れるまでは、兼業トレーダーとして経験を積んだ方が良いと言えるでしょう。

まとめ

まとめ

FXのデイトレードを行う方法には、専業としておこなう方法と日中はサラリーマンとして働きながら兼業として行う方法の2つがあります。

専業として行う場合は、FXが24時間取引できるという魅力を最大限に活かしながら取引に臨むことができます。

しかし、FXの収入以外に収入がないというのは、想像以上に大きなプレッシャーになるため、冷静な判断ができなくなる可能性があるでしょう。

専業として行う場合は、FXが24時間取引できるという魅力を活かすことができませんが、メインである夜の9時半から11時の取引には参加できるため、あまり影響はありません。

また、FXとは別の収入があって気持ちに余裕があることを考慮すると、FXデイトレードに慣れるまでは、兼業で取引を行った方が良いと言えるでしょう

-FX生計
-, , ,

Copyright© Liberty&Trade , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.