FXで収入源を作って自由になりたい人の情報サイト

Liberty&Trade

FX初心者

安定した利益を出すには練習あるのみ?FXデイトレードの練習方法とは

投稿日:2018年12月24日 更新日:

この記事の監修

株式会社インベストメントカレッジ 
吉田健吾

累計12万5000人以上の個人投資家が学ぶ投資スクール「Daily Wealth」の運営責任者。講師には、カリスマFXトレーダーの維新の介を始め、毎年億を稼ぐプロトレーダー、不動産投資歴19年の元祖サラリーマン大家、FX・株・先物・不動産投資、ベンチャーキャピタルなど幅広く精通する大分の投資家など、一流のトレーダー・投資家がいる。

FXデイトレードを始めるにあたって、新しい知識や技術を身に着けたものの、その方法が成功するかどうかわからないまま実践に移すことに不安を抱いている人も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、実践に移す前に自分の作戦が合っているかどうか、また新しい知識や技術を確かめるための練習方法について詳しく解説していきます。

価格変動を起こす要因は2つ

価格変動を起こす要因は2つ

株式投資における株価は、会社の業績や話題性があるかどうかなどの影響によって価格が変動しますが、FXにおける為替は、何の影響によって価格が変動するのでしょうか?

FXで価格が変動する主な要因として以下の2つが挙げられます

  • ファンダメンタル
  • テクニカル

それぞれの要因について見ていきましょう。

ファンダメンタルとは

ファンダメンタルとは、経済指標や経済に関するニュースなどです。

FXは、国が発行する通貨を取引の対象としているため、国の信頼に影響を与えるようなニュースが為替変動を生じさせます。

FXに関係のあるファンダメンタルとして、通貨政策や貿易収支、景気、物価、金利などがあります。

これらは為替変動と密接に結びついているのが特徴です。

例えば、米国の物価が上昇すると、金利上昇の要因になり、日米の金利差が拡大することから米ドルが買われると言われています。

しかし、物価上昇が景気を停滞させるという見方もあることから、米ドルが売られることもあるため、ファンダメンタルだけでは為替変動を予想するのは難しいです。

また、地政学的要因や資源価格の影響、金融危機の影響なども受けます。

特にこれら3つは為替変動に大きな影響を与えるものであるため、どれかの要因が迫っている状況では取引を控えることがリスクを抑えることにもつながるでしょう

テクニカルとは

テクニカルとは、これまでの為替変動のことです。

過去の為替変動のデータを見て、同様の為替変動が生じるのではないかという投資家心理が為替変動を生じさせます。

例えば、価格の方向性を考えるテクニカルとして、トレンドラインや支持線・抵抗線などがあります。

トレンドラインとは、2点以上の下値同士や上値同士を直線で結び、為替変動にどのような傾向があるか読み解くものです。

もし、右肩上がりの場合には上昇局面で、右肩下がりの場合には下降局面と予想されます。

支持線・抵抗線とは、上値や下値の限界を表しているものです。

上値の抵抗線を突破すると価格はさらに上昇し、下値の支持線を突破すると価格はさらに下降すると言われています。

しかし、テクニカルと一口に言っても、その種類は数多くあるため、使いこなすのは大変と言えるでしょう。

成功するには練習あるのみ

成功するには練習あるのみ

先ほどのファンダメンタルやテクニカルを考慮しながらFXデイトレードで勝つためには、練習あるのみです。

どのようなファンダメンタルが時にどのような価格変動が生じるのか、どのようなテクニカルが自分に合っているのかは、数をこなしていくしかありません

特に、テクニカルは数十種類あると言われているため、全てを完全に使いこなせるまでにはかなりの時間を要します

ファンダメンタルやテクニカルを完全に使いこなせれば、FXの勝率が高くなってくると言えるでしょう。

練習の際に気を付けるポイントとは

練習の際に気をつけるポイントとは

FXデイトレードの練習と一口に言っても、何の目的もなく「勝った」「負けた」と勝ち負けだけにこだわっているだけでは何の意味もありません

練習では、勝つための法則を見つけるために、目的を明確にして実戦さながらに行う必要があります。

練習の際に気を付けるべきポイントは以下の通りです。

  • 大局をつかむ
  • 相場のトレンドを理解する

それぞれのポイントについて詳しく見ていきましょう。

大局をつかむ

大局とは何なのでしょうか?大局とは、相場全体の動きや大きな流れのことです。

つまり、大局をつかむということはテクニカルとファンダメンタルを使いこなすということです。

相場全体の大きな流れが上昇局面にあるか下降局面にあるかはテクニカルで判断できます。

また、為替変動の大きな流れはファンダメンタルの影響を受けることが多いため、ファンダメンタルを把握することで判断できます。

ポイント

練習と言っても実際の取引を想定し、テクニカルとファンダメンタルの両方のバランスを考慮して取引を行いながら、それぞれを使いこなしていくことが重要と言えるでしょう。

相場のトレンドを理解する

為替変動を表しているローソク足の2つ以上の下端を結んだ直線が右肩上がりの場合には上昇トレンドと呼ばれ、為替相場が上昇局面にあると考えられます。

逆に右肩下がりの場合には下降トレンドと呼ばれ、為替相場が下降局面にあると考えられます。

これらを見極めることで、買いから入るべきかもしくは売りから入るべきか判断しやすくなるため、大きな失敗をしづらくなると言えるでしょう。

また、トレンド相場だけではなくレンジ相場にも注意する必要があります

トレンド相場とは、どちらか一方に上昇や下降を続ける相場のことですが、レンジ相場とは一定の範囲内で上昇と下降を繰り返す相場のことです。

注意ポイント

レンジ相場は、上昇局面に入ったと思ったら下降局面が来て、損切りしたら上昇局面が来るなど相場に振り回されやすいので注意しましょう。

自分の中でのルールを見つける

自分の中でのルールを見つける

テクニカルもファンダメンタルも完璧なものではありません

もし、テクニカルやファンダメンタルを駆使して勝てるのであれば、今頃は全員が億万長者になっています。

肝心なのは練習を通して自分の中でのルールを見つけることです。

例えば、テクニカルには数十種類あると言われていますが、一つひとつのデータでは勝率が低くても、いくつかのテクニカルのデータを組み合わせると、勝率が上がる場合があります。

FXデイトレードで勝つには、失敗と成功を繰り返していく中で、勝率の高い方法を自分で見つけることが重要です。

ポイント

下積みを大切にする人の中には、練習に1年以上費やすという人もいますが、練習を通して勝率の高い自分のルールを見つけることができれば、決して長い練習期間とは言われないでしょう。

少額取引か無料アプリを活用する

少額取引か無料アプリを使用する

練習は失敗してこそ意味があるため、練習しても金銭的な損害が発生しないようにシミュレーションアプリを活用したりデモ取引を行ったりするのが一般的です。

しかし、それでは集中できないという人の場合は、1,000円などの少額で練習するという方法もあります。

ただ、各取引業者によって取引の最小単位が決められているため、どの取引業者でも少額取引ができるというわけではありません

注意ポイント

少額取引を希望する場合は、どこの取引業者なら少額で取引できるのか、あらかじめ調べておく必要があると言えるでしょう。

まとめ

まとめ

パソコンのタイピングが遅い人でも、繰り返し練習すればブラインドタッチなどのようにキーボードを見なくても入力できるようになります。

また、オフィスも最初は慣れなくても繰り返し練習することで、ショートカットキーなども駆使して作業を効率良く行うことができるようになります。

このように、何度も繰り返し練習することによって、確実に使い方をマスターできるようになるだけでなく、パターンが理解できてくるようになるため、練習がいかに大切なものかが理解できるでしょう。

練習に少なすぎるはあっても多すぎるはありません

FXデイトレードで少しでもリスクを抑えるには、なるべく多く練習して様々なパターンを検証する中で、勝率の高い自分なりの取引方法を身に着けるのが大切と言えるでしょう。

-FX初心者
-, , ,

Copyright© Liberty&Trade , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.